フリーターが急増中!フリーターは他人事ではない【2013年 第1回】

【2013年 第1回 フリーターが急増中!フリーターは他人事ではない】
”フリーター”親子のライフプラン、キャリアプランへの影響

岡田 佳久(オカダ ヨシヒサ)⇒ プロフィール

ライフプランを考える上では、お子様がいらっしゃる家庭であれば、お子様が学校を卒業した後は就職し、その後、自立していくといった考え方が一般的です。しかし、現実は、そのような状況にならない場合も増えてきているのです。
“フリーター”は、他人事ではないとともに、お子様がフリーターになった場合、親子共々のライフプランに大きく影響します。

 

■ここ数年、フリーターが急増中!

アルバイトやパートなど、正社員以外の就労形態で生計を立てている人のことを“フリーター”と呼んでいます。

フリーターの人数の推移は<図表1>の通りとなっています。

<図表1>を見ると、フリーターの数は1990年代に徐々に増加していき、2000年代前半には200万人を超えました。その後、フリーターの数はやや減少しましたが、ここ数年は、フリーターの数が徐々に増えてきています。

また、<図表2>では、学校を卒業した後、フリーターになる人の割合を示したデータですが、ここ数年は、その割合が急増しているのです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

(注)「フリーター」について、労働力調査(詳細推計)では、「若年層のパート・アルバイト及びその希望者」としている。ここでは、便宜上、文部科学省資料の「卒業者数」の計表にある「一時的な仕事に就いた者」と「左記以外の者」(就職でも進学でもないことが明らかな者)の合計とした。

・フリーター比率=フリーター数/就職者数+フリーター数×100

 

■フリーターになるパターン

学校を卒業した後、自分の夢を叶えるために、フリーターを選択している人もいますが、一般的にフリーターになるパターンは次の2つです。

 

Ⅰ:就職活動を行ったが、就職先が決まらなかった。

Ⅱ:学校を卒業後、就職をしたが、早期離職をしたために、次の就職先が見つからなかった。

 

Ⅰ:就職活動を行ったが、就職先が決まらなかった。

 

毎年、学生の就職状況が厳しいといったニュースが流れています。毎年、大学を卒業した人のうち、就職が決まった割合は60~70%です。また、大学院などへの進学は10%前後です。それ以外の20~30%の人が、正社員として就職が決まっていない状況です。

 

これは、全大学の平均ですので、上記の数値は大学によって誤差が生じることがあります。

 

そして、就職が決まらなかった場合は、「既卒者」として就職活動を続けることになります。企業側では、「卒業後3年間は、新卒枠で応募可能にすること」を努力義務として課されていますが、「既卒」で就職活動を行うとなった場合、大変、厳しい状況があります。「2012年度マイナビ既卒者の就職活動に関する調査 結果報告」によると、既卒者の内定率は23.6%となっています。

 

したがって、やむを得ず、フリーターで収入を得ていくことになる場合が多いのです。

 

Ⅱ:学校を卒業後、就職をしたが、早期離職をしたために、次の就職先が見つからなかった。

 

以前から、新入社員の早期離職が問題になっています。

いわゆる「七五三現象です」。七五三現象とは、就職して3年以内に中卒の7割、高卒の5割、大卒の3割が離職する現象のことをいいます。

厚生労働省が平成24年10月に「新規学卒者の離職状況に関する資料一覧」を公表しましたが、平成21年3月に大学を卒業し就職をした約43万人のうち、約12万人(28.8%)が3年以内に退職しています。

入社後、短期間で離職をした場合、面接を行う企業側からすれば、「何か社会人として問題があるのでは?」、「ウチの会社に入社してもすぐに辞めるのでは?」と思われてしまいます。結果として、次の就職先を見つけるのがなかなか難しい状況になっています。

そして、短期間で離職をした場合も、その後はやむを得ず、フリーターで収入を得ていくことになる場合が多いのです。

このように、卒業までに就職を決めることが難しい状況であるとともに、就職後も短期で離職してしまうケースもあることから、フリーターは決して他人事ではありません。

 

■フリーターの平均年収は100万円前後

フリーターの収入に関する公的調査は少ないですが、2004年に UFJ総研(現・三菱UFJリサーチ&コンサルティング)が発表した調査レポートによれば、フリーターの平均年収は106万円となっています。約10年前の調査になりますが、アルバイトの時給が10年前と比べて飛躍的に上昇していないことから、現状のフリーターも同じぐらいの年収だと思われます。

 

最後に、フリーターになるとライフプランやキャリアプランにどのような影響があるのでしょうか?次回以降から、フリーターになった時の本人のライフプランやキャリアプランに与える影響だけでなく、お子様がフリーターになった時の親御さんのライフプランに与える影響を、項目ごとに分けてお話ししていきます。
  • コメント: 0

関連記事

  1. [結婚]結婚して最初に住んだ家は今?【2006年 第6回】

  2. 気学入門 「気学で開運」~先の見えない世の中だから4回目:家相を知る前に・・・方位の意味を知ろう!【2010年 第1回】

  3. 民間保険で公的介護保険を補完するポイントとは?【2012年 第7回】

  4. 菅野美和子 の 『世帯分離』のあれこれ 第1回 世帯分離は有利?不利?

  5. 自立者がくらすシニアのすまい【2013年 第12回】

  6. 債券投資の話・・・意外と使えてプロ投資家も活用【2008年 第1回】

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。