Let’s Enjoy “旅”『 賢く楽しく“旅”しましょう。』【2009年 第 12 回】

【 2009年 第 12 回 】Let’s Enjoy “旅”『 賢く楽しく“旅”しましょう。』 楽々旅々

合田 菜実子(ゴウダ ナミコ)⇒プロフィール

人気の国は、オーストラリア、ハワイ、カナダ等、その理由は“過ごしやすい気候・利便性・安全面”にあるように思います。

 

人気の国はオーストラリア、ハワイ、カナダ

オーストラリア(ゴールドコースト)

南半球なので日本の寒い冬を脱出し爽やかな夏を楽しめる。
時差が無いのも魅力の1つ。庶民のスポーツ“ゴルフ”は2000円前後から。美しい海でマリンスポーツに釣り、少し内陸に入ると自然を満喫するトレッキングも可能。
なんでも出来るけれど、何も過ごさずのんびり滞在しても幸せなところ。

ハワイ(オアフ島)

何度行っても大好き!という日本人リピーターが多いハワイ。魅力は、“平均気温24度常夏”という最高の気候。美術館やフラダンス、ハワイアンキルトなどのカルチャースクールで文化を堪能、マリンスポーツにサンセットクルーズ、おしゃれなレストランも多々。
日本食の食材も豊富で何不自由なく暮らせる便利さ、日系人が多く、日本語も通じる安心感は世界一でしょう。
        

カナダ(バンクーバー)

澄んだ空気に大自然、美しい街並み、世界でも有数の“住みよい街”と言われるバンクーバー。真夏でも“最高気温23度”と爽快。
ゴルフやテニス、ヨットにカヌー、トレッキングなどやりたいことはいくらでも!移住者の町ということもあり、チャイナタウンだけでなくイタリアン、インドタウン などもあり、各国のお料理も満喫できます。     

大好きなカナダ

私が大好きなのは、“カナダ”です。初めて行った“海外”だったということもあってか、ただそこに居るだけで“広い空と大自然の中に包み込まれている幸せ”を感じました。
バンクーバーは都会でありながら、スタンレーパークや美しい庭園、植物園もあり、ゆったりとした時間を過ごせます。

 

内陸に入ると“キャピラノ渓谷の吊り橋”などの観光名所もありトレッキングも楽しめます。

ブリテッュコロンビア州内のバンクーバーから船で1時間ほど足を伸ばした“ビクトリア”は、英国風の美しい街。
四季折々の花を満喫できる“ブッチャードガーデン”も幸せ気分を膨らませてくれます。

カナディアンロッキーの町

バンクーバーを拠点にお隣のアルバータ州、カナディアンロッキーの町“バンフ国立公園”“ジャスパー“あたりまで是非で足を延ばしてみてください。壮大な山、コロンビアアイスフィールドの万年雪の幻想的な美しさ、そして氷河が溶け出してできたエメラルドグリーンの湖の数々、ひょっこり顔を出す野生の動物たち。きっと人生感が変わりますよ!
バンクーバーからカルガリー空港へ。空港からはたくさんの観光ツアーバスが出ています。余裕があれば、キャンプを楽しむのも素敵です。

私は、ロッキー山脈のまんなか中に立った時、地球の広さを感じ、小さなことにクヨクヨ悩んだりしていた自分をとてもちっぽけに思い、今生きていることの素晴らしさをかみしめたのを覚えています。

もうすぐ、バンクーバーオリンピックですね。私が訪れた時代とは随分変わっていることと思いますが、人生のうちで、ぜひ1度は“カナダ”に行ってみてください! 

  • コメント: 0

関連記事

  1. 小麦の基本【2013年 第5回】

  2. 感想 その14 問13(問題47~48) ライフプランから見た不動産 &問14(問題49~50) 不動産関連の時事情報【2018年感想 その14】

  3. みずほ銀行おかねアカデミー お金の豆知識・テクニックを知る(貯蓄術) (2021年12月~ 不定期連載)

  4. 退職しても子どもが進学出来るための教育資金プランを立てよう!【2013年 第4回】

  5. 低収入介護職の方の相談事例 その1 【2016年 第1回】

  6. 入院したときの医療費はどのくらい? – 大学生のためのパーソナル・ファイナンス 【2012年 第12回】

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。