[住宅]購入価格 ~分譲マンション HOW MUCH【2006年 第2回】

【2006年 第2回】購入価格 ~ 分譲マンション HOW MUCH

平川 すみこ(ヒラカワ スミコ)⇒ プロフィール

私だけ?(←だいたひかる調で) まさか福岡で売れていると思っていなかったのは。
「億ション」、1億円以上の分譲マンションをそう呼ぶようになったのはいつ頃からでしょうか。

1987年の流行語のひとつである「億ション」はまさにバブル経済を象徴する響きを持っています。
誰もが一攫千金で財をなし、高級マンションや高級外車を買いあさることに浮かれていた時代。

 

億ション

「億ション」は、そんなお金持ちのステイタスとされた時代の産物かと思いきや、バブル崩壊後でも、着実に売れるものは売れているとか。
買える人は買っているといった方が正しいでしょうか?
現在、2億円以上の「億ション」を買っているのは、バブル以前からの『本物の富裕層』だそうです。

でも、それは遠い首都圏・東京での話しだと思っていました。
いえ、もちろん、福岡でもバブル期には「億ション」もあったようですが。当時のいわゆる「億ション」とは違うものですが、今も福岡都心で1億円以上の分譲マンションってあるものなのですね。
売れ行きはどうかというと、大変好調らしいのです。
某マンションでは、部屋によって2000万円台から1億円以上と価格に幅があるのですが、売れているのが低価格と高価格に2極化し、中間の価格のものはなかなか買い手がつかない状況だとか。

買い手の心理

買い手の心理は理解できるような気がします。
そのマンションで中間価格の部屋が買える予算があるなら、他のマンションで一番いい部屋が買えるかもしれないんですもの。
1棟の中で、一番高い部屋って、やっぱり魅力的でしょう?

とはいえ、今は耐震偽装工作などの発覚問題などで、建物の構造自体への信頼が揺らぎます。
やはり物件選びは、価格に惑わされず慎重に行うことが大切ですね。

分譲マンションの相場

では、分譲マンションの相場はどうなっているでしょうか。

■2004年に全国主要都市で発売された民間マンションは15 万9,639 戸(過去最多は1994 年の18 万8,343 戸)で、前年(15 万4,951 戸)に比べて3.0%増加。
特に首都圏、九州が増加し、九州は1 万3,682 戸で、九州12.2%増。うち、福岡市の発売戸数は5,345 戸で、4.6%増。

■1 戸当りの価格は3,548 万円で前年(3,539 万円)より0.3%アップ。
㎡単価は46.3万円で、前年比0.2%の上昇。平均価格、㎡単価とも2年連続のアップ。
福岡市の平均価格は2,670万円( ’03年2,595万円)。
【株式会社不動産経済研究所「全国マンション市場動向2004年のまとめ」より】

福岡市のマンションの平均価格は、前年より上昇しているとはいえ、まだ2000万円台。地方主要都市の中でも、リーズナブルな価格といえるようです。
そんな福岡で、1億円以上のマンションが完売する・・・富裕層っているんですね~。
私もいつか仲間入りしたいものです。

【2006年02月15日00時00分】

  • コメント: 0

関連記事

  1. 知らなかった!非接触型ICカードの実力【2008年 第1回】

  2. 国民年金の保険料免除制度【2011年 第8回】

  3. 憧れの印税生活のはずが【2011年 第11回】

  4. 妻と遺族年金【2011年 第11回】

  5. キャリアプランから見たフリーターの今後【2013年 第2回】

  6. なんで地方で独立?【2015年 第1回】

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。