今日もIt’s書!①~やりたいこと、今やらなくていつやるの?【2008年 第1回】

【2008年 第1回 今日もIt’s書!①~やりたいこと、今やらなくていつやるの?】地域コラム 九州・沖縄

平川 すみこ(ヒラカワ スミコ)⇒ プロフィール

 

 

 

 

毎日の生活に疲れていた“ぼく”が、旅先で道に迷い辿り着いた1軒の奇妙なカフェ。
その店の名は<なぜ、あなたはここにいるの?カフェ>。
ウエートレスが持ってきたメニューには3つの質問が書かれていた。

なぜ、あなたはここにいるの?
あなたは死を恐れている?
あなたは満たされている?

そして、その質問を自分に問いかけていくうちに、“ぼく”の人生は大きく変わっていくことになる。

この物語は、読んでいるうちに自然と自分の人生にも照らし合わせてしまいます。

3つの質問は漠然としていて、何を意味するのかすぐにはわかりませんが、ウエートレスやコック、他の客との会話や、彼らが語る不思議な寓話によって、主人公とともに、徐々に自分の内からも質問に対する答のようなものが沸きあがってくる感覚を覚えるのです。

なぜ、私はここにいるのか。

私がその<存在のための目的>(これをこの本では、Purpose For Existingの頭文字をとってPFEと呼んでいます)に気づけば、それを満足させるような生活を送ればいいのです。
毎日が本当にやりたいこと、好きなことをしてPFEを満たしていく日々であればどんなに幸せでしょうね。

でも、世の中には、それはムリだよと思い込ませるものが溢れています。
自分のPFEには何の関係もないことに費やす時間が多すぎるのです。
そこで、時間やエネルギーを消耗してしまうと、本当にPFEを満足させることができる時期が来ても、その波に乗ることができない・・・だから、「何のために、どれくらいがんばって、ある時間を<泳ぎきるか>」を選択していくことはとても大事なのです。

多くの人は、今の生活はこういうものだとどこかで諦め、いつか好きなことができる時が来るのを待っています。
その時の準備のために人生のほとんどを費やして。
でも、その時がきたとき(きたとしての話ですが)に、どのくらいの時間やエネルギーがあるでしょうか。

そもそも、なぜ、今好きなこと、やりたいことをしないのでしょう。

なぜ、私はここにいるのか?

私はどういうふうにPFEを満足させる生き方をしたらいいだろう。
そういう生活ができない障害となっているものはなんだろう?
どうして私はそれをすることを無理だと思いこんでいるのだろう?
なぜ、やりたいことを今やれないのだろう?

“やりたいこと、今やらないでいつやるの?”

これって、まさにファイナンシャルプランニングでいうところの、ライフプランではないでしょうか。

FPは個人の方の人生の希望や目標を達成するために、経済的な面からプランニングしサポートをしていくのですが、まずはライフプランをしっかりたてていただくことからスタートします。
夢や目標が漠然としている方でも、ライフプランをたてることによって、いつ何をしたいのか、いつまでにどうなっていたいのかが明確になると、何が問題になるのか、どうしていけばゴールが達成できるのか、具体的なプランニングができていきます。

この夢や目標、やりたいことが何か、つまり、これがその方の<存在の目的>であるとすると、ライフプランをたてていただくということは、“なぜ私はここにいるのか”を問いかけて心の内のPFEを導き出すことに近いのだと思います。

本当にやりたいことであれば、この物語にもあるのですが、お金がないというのは実は障害にはならないのです。お金がないから今はできないと思い込んでいることが障害だといえます。

PFEを満足させる生き方をするならば、仕事も生活も充実し、それが豊かさにつながり、さらに満たされるという好循環ができます。
今はムリだと思うことは、仕方なく満足しない仕事でも生活のためにこなし、ストレスや不満を抱え、それを解消するために消費に走り(実は世の中には私たちが過度に消費するように仕組まれているのです!)、その支払いのために満たされない仕事であっても続けなくてはならない、そうするとさらにストレスが募り・・・という悪循環の中で、まるでケージの中で車輪を回し続けているだけの生き方になってしまいます。

ファイナンシャルプランナー(FP)という立場であれば、お金のことは避けて通れないのですが、この本を読んで、資金的に大丈夫かどうかよりも、やはり何よりも、どういうライフプランにしたいのか、それが最優先のはず。
だから私は、自分のPFEをみつけ、それを満足させたいのに、もしお金のことや将来のことで不安となり、それが障害となっているのであれば、大丈夫だよ!やりたいこと、今やろうよ!と背中を押してサポートしてあげられるFPでありたい。

誰しも一度きりの自分だけの人生ですよね。多くの人が(私も含め)、自分のやりたいこと、好きなことをやって豊かにハッピーに暮らしていけますように!

『なぜ、あなたはここにいるの?カフェ』(ジョン・ストレルキー著、イシイシノブ訳、竹書房)
本の紹介URL:http://www.bk1.jp/product/02674699

  • コメント: 0

関連記事

  1. 世界と比較した日本の貿易依存度【2011年 第6回】

  2. ITだけのパスポートではない!:ITパスポート【2014年 第2回】

  3. 今月の数字10:10ヶ月以内にやらなくちゃ!?【2013年 第10回】

  4. ホクレア号が教えてくれたこと【2009年 第 11 回】

  5. 長い間、会社を休まなきゃいけなくなりそうな時【2014年 第3回】

  6. 日本の債券のしくみ【2011年 第2回 】

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。