誰にも負けない結婚式&二次会【2006年 第4回】

【2006年  第4回】誰にも負けない結婚式&二次会  結婚

山中 伸枝 (ヤマナカ ノブエ)⇒ プロフィール

先日ある新聞に、面白い記事が載っていました。

最近の晩婚化で式を挙げる方も招待される方も目が肥えてきているそう。
確かに30代にもなれば、それまでに1度や2度は、友人や親戚の結婚式に参列することもありそうです。
ということは、自分の結婚式「本番」までに、色々調査・体験し、傾向と対策を立てられるということ(?)。
しっかり他人の結婚式でシミュレーションをした後は、「とことん」自分の理想の結婚式をプロデュースするカップルが増えているそうです。

結婚式のこだわり

記事を読んだ筆者は、なるほどね~と思ってしまいました。
何しろ友人達の中で一番早くに結婚してしまった筆者は、物心ついてからの結婚式体験もなく、義理の母のしきりに身を委ね言われるままにしてしまったので、もし2回目の結婚式が許されるのならば、こうしたい、ああしたいという妄想に駆られることもあるからです・・・。

もちろん、式が「とことん」こだわりならば、二次会も「とことん」。
二次会は今や結婚式の後のインフォーマルな小宴会ではなく、新郎新婦が企画するセカンドステージ。
ですから、二次会幹事を頼まれた人は大変!幹事向けのノウハウを提供したサイトも沢山あります。

二次会も「とことん」

サイトで紹介されている内容は、二次会参加者の会費の決め方:男性は5000円から8000円、女性は3000円から5000円が一般的とか。
それから会場選びのポイントや参加者全員で盛り上がるゲームの紹介など。
まあここまでは、想像通りでしたが、その後司会者のための衣装紹介や、余興に呼べる芸人さんやマジシャンの紹介などもありました。
本当に多岐に渡り情報が網羅されており、幹事さんと主催者である新郎新婦の力の入れようは、いかばかりかと思ったほどです。
結論として、「とことん」結婚式をするなら、「とことん」ニ次回も。当然お値段も「とことん」次第というところのようです。

誰にも負けない思い出作りを・・・

振り返ると、筆者のニ次回は単なる飲み会だったような。勢いにのった友達と三次会にまで繰り出すしまつ。
おまけに行ったところは、オカマちゃんバー。結婚式の三次会だと誰かが明かしたものだから、ステージには上げられるわ、オカマちゃんのおねえさんにはダシにされるわと、人生最初で最後のよき日を迎えたわけです。
深夜遅くまで遊んだ後、夫の友人二人が、電車がなくなってしまったからと、よりによって結婚したてのカップルのホテルの部屋に転がり込んだというのも、今思えばかなり「とことん」やってしまったのではないかと回想しております。

オカマちゃんバーにしろ、結婚式当日の雑魚寝にしろ、誰にも負けない思い出作り、これが一番だと思います!

【2006年06月05日00時00分】

  • コメント: 0

関連記事

  1. 超高齢社会における介護の現実高齢化の進む日本【2013年 第2回】

  2. Let’s Enjoy “旅”『 賢く楽しく“旅”しましょう。』【2009年 第 4 回】

  3. 日田の家「7,000円」の現在価値は? 【2016年 第6回】

  4. 固定費の節約技 ~まとめ払い~【2013年 第4回】

  5. 「天空の地チベット」を思う【2008年 第4回】

  6. 年代別FP相談50代【2016年 第7回】

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。