冬季限定ホエールウォッチング【2010年 第 1 回】

【 2010年 第 1 回 】冬季限定ホエールウォッチング ハワイ大好き

 高田 晶子(タカダ アキコ)プロフィール

こんにちは。ハワイ大好きな高田晶子です。つい先日、ひさしぶりに里帰り=マウイ旅行をしてきました。

2月がトップシーズン

2月というと、日本ではオフシーズンという感じですが、マウイ島は一年中で一番のトップシーズンになります。ハワイといえども冬は気温も低く、お天気も曇りがち。それでもトップシーズンな理由は、カナダやアラスカなど北米から避寒にくる人が多いからなんだそうです。

ホテルの宿泊費も高くなることもあり、私はあまりこの時期を好んではでかけないのですが、冬にしか楽しめないことがあります!それはホエールウォッチング!!

 

 

 

 

 

 

 

しっぽがキレイに見えると大歓声が起こります

毎年12月ごろ、ハワイの島々、とくにマウイ島の周りにクジラたちが戻ってきます。出産のために、温かいところに来るのだそうです。このおだやかなハワイの海で出産し、4月ごろにはまた北の海に帰っていくようです。
ですので、クジラを見ることができるのは12月から3月。まさに期間限定の楽しみです。

一瞬にして心を入れ替えた

私はハワイから癒しや元気をたくさんもらっていますが、衝撃を受けたことの一つがクジラを初めて見たときでした。もう十数年前になりますが、2月に来たのだからホエールウォッチングの船に乗ってみようとでかけました。でも、たくさんの観光客が、遠くで潮を吹くクジラを見つけては、船の上を右に左に前に後ろにドドーーーっと動く。今よりも冷め気味だった当時の私は、そんな集団についていけず、友人と一緒に、ドカッと船の横側にあるベンチに座って、いつものようにおしゃべりをしていたのです。

そうしたら突然!!!!目の前に黒い巨大物体が海から現れ、ジャンプしたかと思ったらひねりまで入れて、ザッバーーーン!と海の中へ。船は揺れ揺れ。あまりの瞬間的で衝撃的な出来事に、思わず椅子から転げ落ち、ほぼ腰を抜かした私・・・。

「なんてすごいんだろう、大自然って。人間なんて敵わない」一瞬にして心を入れ替えた(笑)出来事でした。

ハワイ州では、自然保護のためにたくさんの規制があります。ホエールウォッチングの船も、至近距離まではクジラに寄ってはいけないことになっていますが、相手は自由気ままなクジラちゃん。あちらが寄ってくるのを避けることはできません。なので、突然こんなことも起きるんですね。私の友人は、乗っている船の下をクジラがくぐっていったそうです!!

海に出なくても普通にクジラをみかける島

船に乗らなくても、ビーチからでもクジラが潮を吹いているのを見ることができます。島内をドライブしているだけでも、あちらこちらでクジラをみかけます。わざわざ海に出ていかなくても、普通にクジラをみかけるって、想像できますか?ホエールウォッチングの船は、もしクジラが見られなかったら全額返済としているものもあるようですが、見られないなんてことはありえないくらいたくさんいます(笑)。

ダイビングをする方だったら、海中にもぐるとクジラたちの会話が聞こえるそうです。何頭か群れになって、あっちでジャンプすると呼応するようにこっちでジャンプ。きっと何か会話をしながら競ったり遊んだり、子育てしたりしているんでしょうね。

今回の旅では、残念ながらジャンプ&ひねりは見られませんでしたが、それでも自然の中にいる自分、自然と共存している人間を改めて感じることができました。何度かハワイを訪れる機会があれば、ちょっと季節を変えてでかけてみると、季節ごとの楽しみがあるハワイです。

 

 

 

 

 

 

 

顔を出すのが好きなクジラもいました。

  • コメント: 0

関連記事

  1. 毎度お世話になっております、田舎のご近所づきあい【2013年 第12回】

  2. 岡本英夫のFPウオッチャーだより 第8回 2001年、FPの流れが変わった!~米同時多発テロの年、あなたは何をしていましたか? 【2022年11月】

  3. 「年始」→景気の先行き ~家計消費支 出&傾向、初詣 合田 菜実子【2012年 第1回】

  4. 金銭教育の必要性【2012年 第1回】

  5. 自社が評価されているかどうかを知るためのポイント【2010年 第 8 回】

  6. スワトーの白粥【2009年 第1回】

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。