世界規模の高齢化危機【2009年 第 7 回】

【 2009年 第 7 回】世界規模の高齢化危機  資産運用

 大山 潤(オオヤマ ジュン)

世界の人口の動向は、特に長期の投資判断や資産配分を考える上で、把握しておいた方がよい情報です。例えば人口は、消費者の数(マーケットの規模)あるいは労働力(生産力)として、国力を探る要因の一つとなるからです。もちろん国毎の購買力や生産性、そして人口の構成といった、その中身にも着目する必要があります。

 

今回紹介するエコノミスト誌の特別レポートでは、金融危機(financial crisis)ではなく人口の動向、さらに高齢の危機(old-age crisis)に着目しています。

金融危機関連支出と高齢化関連支出

以下の図1は、「先進国における現在の金融危機関連支出と2050年までの高齢化関連支出の財政赤字のGDP比を現在価値で示しています。IMFは6月に、2008年から2009年におけるG20先進国の財政バランスは、GDP比8%の割合で悪化すると試算しています。

 

IMFは、金融危機のコストを巨額支出と表現する一方で、長期で見た高齢化関連支出が、こうしたコストを小さく見せるだろうとも述べています。

現在から2050年までの予測では、先進国における金融危機に対する財政負担は、高齢化関連コストの10%に過ぎず、残りの90%は年金、医療、長期間の介護の追加支出になるだろうとのことです。

 

先進国と途上国の高齢化動向

以下の図2は、世界の60歳以上の人口の推移と全人口に占める割合(縦軸)の推移です。網掛け部分は予測(FORCAST)濃い線が先進国、薄い線が途上国を示しています。

こうした高齢化の傾向は、豊かな世界ほど進行が早く、数十年遅れて貧しい世界が後に続くとみられています。UN(国連)の隔年人口予測は、全世界の年齢の中央値は、現在の29歳から2050年には38歳へ達し、現在世界人口11%未満である60歳以上の人口は、中央予測では2050年に22%まで上昇すると予測しています。


また先進国における60歳以上の人口は33%に達し、3人に一人が年金を受給し、10人に一人が80歳を越えると予測しています。

高齢化の各国の状況

最後に記事を参考に、各国の高齢化の状況を箇条書きにします。

・ アジアの豊かな国、日本、韓国、台湾は既に高齢社会であり、さらに急激に高齢化が進行。
・ ドイツ、イタリア、スペインでは核家族化が進み、高齢化のスピードが速い。
・ フランス、英国、多くの北欧諸国は子供の数が多く若さを保っている。
・ 東欧、特にロシア、出生率が低く、寿命も低迷している。
・ アメリカは出生率の反発と高い移民政策により、今世紀半ばまで若さを保つ。
・ 途上国の中でも中国は、既に高齢化が急速に進行している。人口は2030年に約14.6億人でピークを打ち、その後緩やかに減少する。

特に貧しい国々に関しては、

・ ほとんどの発展途上国は高齢化について心配していない。出生率は低下しているが、人口はまだ若く、数十年は若さを保つ。
・ HIV/AIDSは多くの働き盛りの大人の命を奪っている。
・ 長期的には豊かな世界と同様、少子化と寿命の延びが、貧しい国でも高齢化を引き起こす。
・ 高齢化の進行を待たずに、単にこれらの国の人口の多さ、高齢の人口の多さが不安を増大する。既に4.9億人の60歳以上の人口を抱え、その人口は2050年までに3倍になる。
・ ほとんどの国が、国が資金を提供する生活保護ネットを持たないため、その数の人々を管理するのは困難。

ECONOMIST.COMhttp://www.economist.com/specialreports/displayStory.cfm?story_id=13888045

  • コメント: 0

関連記事

  1. ブラジリアン柔術家 澤田真琴選手 前編【2012年 第9回】

  2. クレジットカード利用派のカードの賢い付き合い方【2008年 第12回】

  3. はじめに【2012年 第1回】

  4. 関西の就業状況 と 最近のいろいろな 働き方について【2012年 第11回 】

  5. “ジューン・ブライド” 関西での結 婚事情について【2012年 第6回】

  6. 様々なクレジットカード~プロパーカード~【2009年 第 3 回】

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。