全米ベストビーチに選ばれたハワイのビーチ【2009年 第 12 回】

【 2009年 第 12 回 】全米ベストビーチに選ばれたハワイのビーチ ハワイ大好き

 高田 晶子(タカダ アキコ)プロフィール

こんにちは。マネーカウンセリングネットWealthの、ハワイ大好きな高田晶子です。

今回は、ハワイのビーチのご紹介をしたいと思います。

ハワイと言えば、青い空、青い海!

ハワイと言えば、青い空、青い海!多くの方が「海」を思い浮かべることと思います。
実は私自身は、サーフィン、ダイビングなどのマリンスポーツはほとんどしないのです。「じゃ、ハワイで何しているの?」と言われてしまいますが、海は見ているだけでも十分幸せです。

ドクター・ビーチと呼ばれている、スティーブン・レザーマン博士という方がいます。博士は毎年、全米のビーチTOP10を発表しています。見て美しいとか、水質がキレイということだけでなく、水温、水質、砂質、保安状況など多項目にわたってチェック。
なので、時には、「え?1位?」と思うようなところもありますが(笑)、安心してきれいなビーチで時間を過ごすのには良い参考になりますね。

ランキングに登場したハワイのビーチ

今年のランキングに登場したハワイのビーチをピックアップしてみると、

1位 カウアイ島 ハナレイビーチ、5位 マウイ島 ハモアビーチでした。
カウアイ島のハナレイビーチは、2008年には2位だったビーチです。このランキング、1位をとると、どうやら、翌年からはランクインはできないようになっているらしく、これでハナレイビーチも殿堂入りですね。

残念ながら、ハナレイビーチには行ったことがありませんが、夕日が美しく、とてもロマンチックな場所だと、カウアイ島ファンには根強い人気の場所です。ハワイ州観光局のハワイ50選の一つにも選ばれているビーチです。とても美しい写真はこちらでぜひ!見てみてください。

5位に入っているのが、私の大好きなマウイ島にあるハモアビーチ。コンスタントにランクインしているビーチです。ヘミングウェイが「最高のビーチ」と称賛したことでも有名です。ハモアビーチは、マウイの東、「天国のハナ」とまで言われる美しいエリアに位置します。一部は、ホテルハナマウイのプライベートビーチ。テレビもラジオもない、本物のハワイを存分に楽しむハナマウイは憧れのホテルです。このハモアビーチでのんびり読書なんていいですよね。いつか、ハナマウイに宿泊して、本当に優雅なバケーションを過ごしてみたいなと思います。

この10年間に1位に輝いたハワイのビーチ

その他、この10年間に1位に輝いたハワイのビーチは、次のとおりです。

2006年 マウイ島 フレミングビーチ
2004年 オアフ島 ハナウマベイ
2003年 マウイ島 カアナパリビーチ
2001年 カウアイ島 ポイプビーチ
2000年 ハワイ島 マウナケアビーチ
1999年 マウイ島 ワイレアビーチ

この中から、マウイ島のビーチをご紹介しますと、2006年1位のフレミングビーチはこんなところ。

 

 

 

 

 

 

 

カパルアというところにある、リッツカールトンの前に広がる公営ビーチです。
ライフセーバーが常駐し、安全性も高いことや、リッツカールトンという高級ホテルへのアクセスが良いことなども評価の一つだったようです。ビーチでの遊びに疲れたら、リッツカールトンでちょっと一息。ホテルに泊まらずとも、少し贅沢な気分を味わえます。

 

2003年1位のカアナパリビーチは、マウイ島の中では最も古いリゾートエリア。

 

 

 

 

 

 

 

シェラトン、ウエスティンなどの一流ホテルがビーチ沿いにズラリと並びます。
一番北側には、ブラックロックと言われるシュノーケリングポイントも。

いかがでしたでしょうか?
このランキングに入ったことはありませんが、私がマウイ島で一番お気に入りのビーチをそっとお教えします!
上記カアナパリビーチからそのまま北上したところにあるカヘリキビーチ。通称エアポートビーチと呼ばれるところです。

 

 

 

 

 

 

 

ここは海の色がエメラレドグリーンになったり、濃い蒼色になったり、素晴らしいです。
ビーチのすぐ近くには芝生やピクニック用のベンチなどもあり、椰子の木の下に陣取れば太陽の日差しを避けることもでき快適。

すぐ近くに、ウエスティンのタイムシェアがあり、(高級)コンビニエンスストアなどもあるため、飲み物にも困りません。なかなか快適に一日のんびり過ごせます。
一つひとつのビーチに、それぞれ顔があるので、いろいろなビーチをぜひ回ってみてください。お気に入りのビーチを見つけると、滞在がまた楽しくなります!!

  • コメント: 0

関連記事

  1. 手帳を活用してライフプランニングを!【2009年 第 10 回】

  2. 古典を読む(競争の戦略)【2009年 第 8 回】

  3. 菅野美和子 の 『世帯分離』のあれこれ 第4回 世帯分離で介護保険の負担は軽減できる?

  4. 学資保険やこども保険をおすすめできな い3つの理由【2013年 第5回】

  5. セカンドライフの住宅事情【2013年 第8回】

  6. 感想 問題29 CAPM【2018年 問題29】

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。