福岡発着、陸よし、海よし、空もよし!【2006年 第1回 】

 【2006年 第1回 】 福岡発着、陸よし、海よし、空もよし!

平川 すみ子(ヒラカワ スミコ)⇒ プロフィール

ゴールデンウィーク(GW)がやってくる!

ゴールデンウィーク(GW)がやってくる!
今年は9日間連続休暇という方も多いでしょう。さて、この長期の休日をどう過ごすか。せっかくのまとまった休み!どこかに遠出したくなりますよね。ということで、今年もたくさんの人々が、国内、海外へと旅立つ計画をたてていらっしゃることでしょう。

例年は家でゴロゴロの私ですが、今年は2泊3日で東京ディズニーリゾートへ行くことになり、準備に心弾ませているところです。あと、ふらりと韓国にも行けたらな~と検討中。休みが長期だと1ヶ所に長く滞在もできるし、あちこちに行くという選択もできるのが楽しいですね!

福岡なら「陸」「海」「空」ともに便利

そんな気持ちを後押しするのは、「陸」「海」「空」ともに交通アクセスが至極便利な福岡の環境ならではかもしれません。

「陸」は、高速道路、バイパス道路により、マイカー、バス等での移動もスムーズです。(ただし、渋滞しなければの話ですけれどね。)
新幹線をはじめとした鉄道網も充実。博多駅は1日平均の乗降車人員は32万人以上。通勤通学者だけでなく、山陽新幹線の西玄関として多くの旅行者でも賑わいます。

2011年春には、全線開業予定の九州新幹線鹿児島ルート(現在は新八代-鹿児島中央で運行)の発着駅にもなる予定で、東海道・山陽新幹線との相互乗り入れも検討されているところ。そのため、駅舎の改築、新幹線ホームの増設や、駅周辺の環境整備等に向け、総合再開発が行われます。新しく生まれ変わる博多駅が楽しみですね。

「海」は、博多港から国内は壱岐・対馬、沖縄、新潟、そして北海道へ。海外へは韓国・釜山へ就航しています。便数はジェットフォイル、フェリーを合わせ週44便。博多港のホームページによると、平成17年の韓国航路の船舶乗降人員は67万6,488人(対前年比102.9%)。韓流ブームは落ち着いて日本人旅行者は減少し、半数以上は日本を訪れる韓国人旅行者だそうですが、気軽に行ったり来たりできる身近な外国として福岡から韓国への旅行の人気は依然高いようです。ちなみに、全国の港湾の中でも、博多港の外国航路船舶乗降人員は、平成5年以降13年連続で第1位となることはほぼ間違いないそうです。

「空」は、福岡都心からすぐというアクセス抜群の福岡空港から、国内線25路線、国際線22路線が就航(2006年3月現在)。年間の乗降客数も1千8百万人超と、まさに九州・アジアの表玄関として多くの人に利用されています。

韓国へのアクセスをみてみると、ソウルへは1日5便(火土曜日は3便)、釜山へは1日1便(金日曜日は2便)就航。飛行時間はソウル1時間20分、釜山は55分。東京に行くよりも近くて、パスポートがあれば、ちょっと海外へ行ってきま~すと出かけられるのが魅力ですね。他にも、中国、香港、シンガポール、グアムなどへ福岡から直行便が出ています。

陸よし、海よし、空もよし!の福岡から、あなたはどこへ出かけますか?

 

  • コメント: 0

関連記事

  1. 嶋田雅嗣 の 生命保険業界概観 第4回 【2024年7月】

  2. 任意後見の開始 【2014年 第5回】

  3. 遺言書が二つ出てきた!どうする?どうなる?【2014年 第1回】

  4. 静岡県の高齢者の健康意識(静岡県の高齢者生活意識調査より)【2012年 第9回】

  5. 子育てママの街情報 稲城市【2010年 第 2 回】

  6. 「電信電話記念日」【2012年 第10回】

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。