感想 問題20 残存期間4年のスポットレートを求める問題【2018年 問題20】

【感想 問題20 残存期間4年のスポットレートを求める問題】2018年第1回 CFP試験(金融)

樗木 裕伸(オオテキ ヒロノブ)

 

今日は、前回(2018年第1回)の問題20の感想です。

 

 

 

 

 

このコラムは、株式会社優益FPオフィスのFacebookページで掲載されたコメントを転記しています。

2018年第2回 金融資産運用設計のCFP試験対策講座の講師を担当する 樗木裕伸(おおてきひろのぶ)です。

いよいよ1週間後から講座がスタートします。
昨日もお伝えしましたが、申込者に電卓のブラインドタッチの練習をスタートしていただきました。
受講予定の方がいしゃっしゃいましたら、お早めにHPよりお申し込みください。

今日は、前回(2018年第1回)の問題20の感想です。

問題20は、4年物の利付債の市場価格と1~3年までのスポットレートを用いて、残存期間4年のスポットレートを求める問題が出題されました。

問題19でも書きましたが、「利付債は、割引債の集合体として表すことができる」という考え方を用います。

「1年後から3年後までのクーポン」をそれぞれの期間に応じたスポットレートで割引いて、「キャッシュフローの現在価値」を求めます。

「利付債の価格(現在価値)」から「前述のキャッシュフローの現在価値」を引くと、「4年後のクーポンと償還額のキャッシュフローの現在価値」がでてきます。

「クーポンと償還額のキャッシュフロー(将来価値)」を、「4年後のクーポンと償還額のキャッシュフローの現在価値」で割ります。

そこででてきた「商」の4乗根から1(元本)を引くと利回りがでてきます。

文章で書くと複雑そうですが、図でイメージできると一気に判り易くなります。

パズル型(応用)の問題は、計算式の丸暗記では、なかなか対応できません。
ひねられた問題を解けるようにするには、文章⇒イメージ図⇒計算式という流れで理解しておくことが大切です。

問題20は、本講座の「価値」をもっとも感じていただける問題の1つです。

FP関連講座のご案内にて、講座をご紹介しています。

よろしければ、是非!

以上、次回に続く!

※このコラムは、2018年9月1日を基準に執筆されています。
2018© 株式会社優益FPオフィス

  • コメント: 0

関連記事

  1. 元気なうちにできる「老い支度」あれこれを知っておこう パート2  「任意後見契約と財産管理等委任契約と継続的見守り契約」の実務 後半【2014年 第8回】

  2. シンガポールからの報告「『ASEAN経済共同体』発足のインパクト」【2015年 第5回】

  3. 感想 問題40 オプションの投資戦略【2018年 問題40】

  4. 感想 問題37 ブラジルレアル建て債券の税引後利益額を計算させる問題【2018年 問題37】

  5. 消費税の転嫁が難しい訳【2014年 第1回】

  6. 相談できるFPの選び方【2016年 第3回】

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。