感想 その8 問7(問題23~26) 賃貸経営:借家(借地借家法)【2018年感想 その8】

【感想 その8 問7(問題23~26) 賃貸経営:借家(借地借家法)】2018年第1回 CFP試験(不動産)

佐藤 益弘(サトウ ヨシヒロ)⇒ プロフィール

 

今回は、問7(問題23~26)についての感想になります。

 

 

 

 

 

このコラムは、株式会社優益FPオフィスのFacebookページで掲載されたコメントを転記しています。

2018年第2回 不動産運用設計のCFP試験対策講座の講師を担当する 優益FPオフィスの佐藤益弘(よしひろ)です。

今回は、問7(問題23~26)についての感想になります。

この問題群は、「賃貸経営:借家(借地借家法)」をテーマにした問題でした。

ある意味、不動産運用設計という分野は、自分の保有している遊休資産(不動産)を賃貸借などして有効活用する=節税などをしながら、現金収入を得て儲ける=賃貸経営をするというのが主なテーマです。
ですから、不動産の貸し借りのルールである「借地借家法」とその周辺知識は絶対に外せない必須の知識になります。

なので、CFP試験では必ず出題されるテーマです。

試験対策的には知識問題が中心で、AFPレベルか少し発展させた問題になります。

今回の試験では、問題23は「借家契約の終了・更新」、問題24は「借家契約」、問題25は「連帯保証」、問題26は「売買と賃貸の対抗」について出題されました。

繰り返しになりますが、何度も出題されている実務的にも大切な知識を問うています。

特に、問題26の「連帯保証」についてはAFP試験対策講座では時間の関係でスルーされる内容だとは思いますが、借入などをする際、必要になる知識です。

また、昨年(2017年5月)の民法改正(債権)では個人保証の部分が改正され、2020年4月以降施行されます。
「連帯保証」だけでなく「抵当権」も含めた「担保」の領域は実務上も変更点があると思いますので、抑えておきましょう。

どの問題もAFP試験対策時点でしっかりとした理解ができていたり、過去問演習をしっかりしていれば、解答は容易だったと思います。

FP関連講座のご案内にて、講座をご紹介しています。
よろしければ、是非!

以上、次回に続く!

※このコラムは、2018年9月1日を基準に執筆されています。
2018© 株式会社優益FPオフィス

  • コメント: 0

関連記事

  1. 感想 問題1 在庫循環図の基本的な読み方【2018年 問題1】

  2. 感想 問題36 米ドル建てストリップス債を題材にした損益分岐点レートと損益分岐点の債券価格を求めさせる問題【2018年 問題36】

  3. 女性にとって都心はとても生活しやすい!! 【2016年 第3回】

  4. リスクとリターン(1) -リスクとリターンって― 【2015年 第1回】

  5. 運用商品~元本確保型~ 【2016年 第4回】

  6. 老後の年金を増やす方法【2017年 第5回】

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。