キャラ別マネープラン ①MOON編【2015年 第3回】

【2015年 第3回 キャラ別マネープラン ①MOON編】
キャラでわかる!私のマネープラン

平川 すみこ 

このコラムでは、個性心理学によるキャラ(個性)別のマネープランの考え方をお伝えしていきます。自分のキャラを知って上手にお金とつきあっていきましょう。第3回~第5回は12の動物キャラを3分類ごとにそれぞれみていきます。さて、みなさんはどんなキャラでどんな金銭感覚なのでしょうか。

 

 

 

 

 

個性心理学では、人間の個性を12の動物キャラクターにあてはめています。第2回では、思考パターンや行動パターンから12の動物キャラをMOON・EARTH・SUNの3つに分類して特徴をお伝えしました。今回からは3回に分けて、それぞれの分類ごとの動物キャラの特徴と金銭感覚のポイントをみていきましょう。まずはMOON編で、こじか、黒ひょう、たぬき、ひつじの4キャラです。

☆自分と身の回りの人の動物キャラと3分類のグループはこちらで調べられます。

個性心理学研究所⇒ http://www.noa-group.co.jp

動物キャラナビ⇒ http://www.charanavi.jp

■MOONのキャラは?

MOONの特徴(タイプ)のポイントを改めてお伝えすると・・・

 

 

 

 

MOONは次の4つの動物キャラです。

(新月)こじか たぬき (満月)黒ひょう ひつじ 

すべて“ひらがな”で表記していますが、これは、丸いお月さまのやわらかいイメージを反映しているからなんです。名前がひらがなの芸能人は、柔和で人が良さそうなイメージが持てますよね。(ちなみに私の名前もひらがなです。MOONではありませんが、いい人そうでしょ?笑)

では、MOONの各キャラの特徴をみていきましょう。

 

★こじか

赤ちゃんのように上目づかいで甘え上手。まわりも放っておけない愛されキャラです。

いつも愛情を確かめたい“かまってちゃん”なので、やたらと話が長かったりします。好き嫌いがはっきりしていて、相手の人柄がすべて。人を見る目があり、初対面では警戒心が強いのですが、慣れるとワガママな面も。かけひきや裏表のある対応が苦手なピュアなハートの持ち主。洞察力もするどいです。

そんなこじかの金銭感覚は「大らかで無頓着」。

お人好しで損得勘定が苦手。お金の出入りもあまりチェックせず家計管理もアバウトなので、計画的な支出や貯蓄もできないタイプ。でも、素直で、認められたい!とがんばるので、意識してやるようにすれば大丈夫。家族や周囲の応援があればなおいいですし、マネープランについて教えてくれる先輩やFPにサポートしてもらうのもいいでしょう。

★黒ひょう

オシャレで新しいもの好きで、12キャラ中いちばんの情報通でこだわり屋。

MOONなので基本的には“いい人”ですが、肉食系なので勝気でちょっぴり攻撃的な面も。常にスマートでカッコ良くいたいと思っていますが、喜怒哀楽が顔や態度に出やすく、プライドが高いので傷つきやすい面もあります。正義感が強くリーダー的要素を持っています。

そんな黒ひょうの金銭感覚は「宵越しの金は持たない!?」。

欲しいものがあれば多少高くても買ってしまう倹約とは無縁のタイプ。プレゼントするのも好きなので、支出が多くお金はなかなか貯まらないかも。情報通を生かして収入をアップさせたりお金を運用して増やすことも視野にいれましょう。「運用もスマートでカッコイイ自分」をイメージして楽しみながらやるのがコツです。

★たぬき

優しくてお人好しで世話好き。出番待ちをしているのでついあれこれ口出ししてしまう面も。

古き良きものを愛し、歴史や伝統にも造詣が深く、実績や経験を重んじるタイプです。人を見抜く目もあり、人間関係を大切にする平和主義者。実力はあっても表には出さず、愛嬌がありお茶目で場を和ませる癒し系キャラ。

 

そんなたぬきの金銭感覚は「堅実ときどき皮算用」。

質素で堅実な生活を好むので、ムダづかいもあまりせずお金をためていけるタイプ。

しっかり者で慎重派なので、普段は衝動買いもしませんが、「買うときは買う!」と大物買いをすることも。「とらぬ狸の・・・」で見積もりが甘いこともあるので、収支計画をしっかり立てていくといいでしょう。

  ★ひつじ

温和で協調性を重んじる気配りさん。義理人情に厚く「世のため人のため」に尽くします。

内心は好き嫌いが激しいのですが、争いは好まず、寂しがり屋でみんなと一緒が大好き。相手にも協調性を要求してしまうので、グチやボヤキが多い面も。場の空気や人の感情を読むのに長け、情報収集家で知識やユーモアがあるのも平和主義の「いい人」ならでは。

そんなひつじの金銭感覚は「きっちりちゃっかり」。

お金のことにはキッチリしていて、節約家でコツコツお金をためるのが得意なタイプ。

ことお金に関してはムダがなく、安くていいものを手に入れる買い物名人。お金をためるのが大好きなので、「お金がない」と言いながらしっかり蓄えていたりします。具体的に目標をたててためていくとより安心できていいでしょう。

■MOON+自分のキャラならではのマネープランを!

いかがですか? MOONのみなさん自身や周りにいるMOONのキャラの人に結構あてはまったのではないでしょうか。

私の身近にいるファイナンシャルプランナーの男性は「ひつじ」がやたら多いのですが、それもうなづけます。ひつじはお金のことにきっちりしてるだけでなく、12キャラのうち最も年長者タイプでもあるので、相談にのったりアドバイスするのも得意だし、人の役に立つことに喜びを感じるキャラなのですから。

このように同じMOONでもキャラごとにそれぞれ違いがあります。大きくはMOONの要素を持っていますが、キャラによって金銭感覚(お金とのつき合い方)、お金の管理や貯蓄ができるタイプかどうかも異なっているのです。(さらに、同じキャラでも、例えば「無邪気なひつじ」「協調性のないひつじ」では違うのですが、それはまた別の機会にお伝えします)

「こじか」が「ひつじ」の真似をしても同じようにしっかりお金がためられるとは限りません。損得勘定のないこじかと計算できるひつじは、実は子どもと大人ほどの違いがあります。また、「黒ひょう」と「たぬき」でも、倹約をそもそもしないか、普段はちゃんとするかが違うので、お金のたまり方にも違いがでてきます。

マネープランを考える際には、まずは自分のキャラ(個性)を認識しましょう。自分に合ったやり方をやるのがストレスなく、上手にお金とつきあっていける近道にもなるのです。

 

次回(第4回)はEARTHの各キャラについてみていきます。

※当コラムの執筆者平川すみこは、個性心理学研究所の認定を受けた講師・カウンセラーです。

個人カウンセリング(診断レポート)、講演・講座、セミナーも行っています。

 

  • コメント: 0

関連記事

  1. 定年前後の退職【2016年 第6回】

  2. 単利と複利(2) リスク資産の複利効果  複利は必ずしも有利とは限らない【2015年 第6回】

  3. 感想 問題6 内閣府「世界経済の潮流(2017年7月)」、問題7 日銀「長短金利操作付き量的・質的金融緩和」【2018年 問題6、問題7】

  4. 感想 問題5 日銀「経済・物価情勢の展望(2017年10月)」 【2018年 問題5】

  5. 万一に備えて知っておきたい 障害年金 【2016年 第4回】

  6. 感想 問題32 利回りとキャッシュフローから現在価値を求める【2018年 問題32】

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。