復活!~エコカー補助金編 【2012年 第4回】

【2012年 第4回】復活!~エコカー補助金編  この4月からふたたびエコカー補助金の申請が始まりました。

矢澤 理惠(ヤザワ リエ)⇒プロフィール

この4月からふたたびエコカー補助金の申請が始まりました。去年この補助金を使えなかったあなた、今回は早めの決断が必要かもしれませんよ。

エコカー補助金の金額

4月2日から申請受付が始まったエコカー補助金ですが、昨年の震災で被災した車の需要も重なり、かなり早めに予算を使い切って、打ち切りになりそうな予測がされています。
補助金額は、普通乗用車は10万円、軽自動車が7万円ですから、決して小さな金額ではないと思います。
また、トラックやバスも対象となっているので、金額をお知らせしておきます。

 

 

この補助金、今年度の予算は3,000億円です。
内訳は
自家用車(白・黄色ナンバー):2,747億円
事業用車(緑・黒ナンバー):218億円
事務費:35億円
これを見て知ったのが、事務費が1%以上占めていること。
確かに申請受け付け→審査→通れば振り込み作業と煩雑な事務をしていますが、これはもう少し削減できないところなのでしょうか?
35億円分あったら、乗用車で35,000台補助を受けられると考えちゃいます。
それでも、補助が出るのはやはりありがたいこと。

私のお気に入り

各社クルマメーカーも販売に力が入っています。
ここでは、私の独断と偏見で各社のお気に入りのクルマをピックアップ!
日産:マーチ 100万円位からの価格帯。街乗りやお買い物クルマには十分で、コストパフォーマンス的にもマル。

トヨタ:アクア エコカーとして普通に考えると一番人気のプリウスですが、ここは少し個性的なフォルムが印象的なアクアに1票。

マツダ:アクセラ スポーティに走りを楽しみたい人にも満足できそうな1台。

ホンダ:CR-Z 実際に試乗してきましたが、ハイブリッド初のマニュアル車(MT)。感想は「楽しく走れる!」(私の車選びの基準は乗って楽しいかどうか)

三菱:RVR アウトドア好きな人向けですね。

スズキ:スイフト これも走りを楽しみたい人向け。きびきびした走りが印象的。

スバル:レガシーツーリングワゴン ワゴンタイプと侮っているとおいていかれますよ(笑)

補助金以外の優遇措置

以上の車は、補助金のほか、エコカー減税や、自動車税減税の対象になっているものもあります。
たとえば、ホンダのハイブリッドカー、CR-Z(FF/CVT)を見てみると、

 

 

 

 

各車種、グレード、車両重量等によって適用される税金の金額や減税額などの内容が異なります。
本来払うべき金額から、約25万円も優遇されますね。

燃費の面から見てもJC08モード注でたとえばCR-Z(CVT車)は22.8Km/L、トヨタのアクアにいたっては35.4Km/Lとなっていて、低燃費なことがわかり、優遇されるのもうなずけます。
また、特にガソリン価格が高騰している現在、この燃費の良いクルマは非常に助かります。
注:JC08モードとは従来の燃費表示の10・15モード走行に比べ、より実際に走行に近くなるように設けられた試験方法で一般的に燃料消費率はやや低い値になります。

エコカーとは、燃費が良いクルマであること、排出ガスの基準をクリアしていることが条件なので長期的に見ても、地球に、そして私たちのお財布にも優しい乗り物です。

なお、エコカー補助金は23年12月20日(4月ではありません!)から平成25年1月31日までに新車新規登録されたクルマが対象です。
もし、該当するかたがいれば、是非申請してください。

ただし、お店で購入手続きをしても、納車に時間がかかると時間切れ、または予算切れでこの優遇が受けられない場合も出てきます。
たとえばトヨタのアクアは4月6日現在、4月に契約した場合、工場出荷が10月以降になると発表しています。新車登録が補助金を受けられる条件ですから、納車時期もあわせて考えましょう。

エコランレース

ところで、エコカーとは程遠い私の車ですが、それでも普段、エコドライブを心がけています。
アクセル全開で走るのと、そっとペダルを踏むのでは走行距離に1.5倍くらいの差が出ます。

昨年の8月に参戦したのはまさに「エコランレース」。
車は、カプチーノという軽自動車のレース車両でしたが、参戦した車両がみんな同じ燃料でどれだけ速く、どれだけ周回を重ねられるかを競うもの。
速さとエコランの両方が求められます。

アクセルコントロールができないと、途中でガス欠になってその時点でレースが終わってしまいます。
レースの終盤はハラハラドキドキものですが、チームメイトがうまく走り切った時はみんなで感動しました!
みなさんも、機会があれば、是非エコランレースに参加してください。

みなさんも、機会があれば、是非エコランレースに参加してください。
きっと楽しめますよ。

私の参加したエコランレース「K4-GP」

  • コメント: 0

関連記事

  1. 中国:ハードとソフト二つのシナリオ【2012年 第3回】

  2. 「最近の労働事情」【2012年 第11回】

  3. 今日の相続空模様⑥~相続人になれる子、なれない子~【2010年 第6回】

  4. 月々の貯蓄額増やしたい【2009年 第 10 回】

  5. バイト代から税金が引かれていたら – 大学生のためのパーソナル・ファイナンス 【2012年 第8回】

  6. ホクレア号が教えてくれたこと【2009年 第 11 回】

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。