スーパーマーケットでのお買い物【2010年 第 12 回】

【 2010年 第 12 回 】スーパーマーケットでのお買い物 フランス気分

横川 由里(ヨコカワ ユリ)プロフィール

マルシェでお買い物

フランスでは週末になると、マルシェに行ってお買い物。地域によってマルシェが立つ曜日は違うけど、常設でない市場は午前中いっぱいで終わってしまいます。基本的に、日曜日はお店が開いていないため、マルシェに行かないとなにも買うことができません。

ただ、“エピスリー”というアラビア系の人たちが“よろずやさん”を営んでいますから、まったくお買い物ができないわけではありませんが、かなり割高なお値段で買うことに。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA


中国人街も日曜日に開いています。

普段のお買い物はスーパーマーケット

“マルシェ”で優雅に買い物というイメージがありますが、普段のお買い物はスーパーマーケットで行います。イトーヨーカ堂とかサミットなどと同じだと考えてください。
お肉は白いトレーに入ってますし、パッと見は変わりません。

しかし、初めてフランスに住む日本人はお肉にも戸惑うことに!
そう、薄切り肉がないのです。牛肉だって、豚肉だって、みんなかたまりか骨つきです。鶏肉も全部骨付き。もも肉、いわゆる足だけですが、もちろん骨が付いていて自分で外すのは困難。胸肉にいたっては、手羽とささみ付き!鶏肉を4分割しているというイメージでしょうか。

おかげで丸ごとの鶏肉も上手に解体できるようになりました。

野菜売り場では好きな野菜を好きな量だけ、自分で測ります。一袋ではないし、少ないからといって割り高でもなく、とても便利なシステムですね。

分業が進みスムーズにいかないことも

ところが、日本人にとってものすごく“イライラ”することがあるのです。それはレジにいるときに起こります。

通常、レジの人は椅子に座っています。椅子といってもカウンターにある高い椅子をイメージしてください。態度もあまりよくなく、「いらっしゃいませ(Bonjour:ボンジュール)」なんて言葉もありません。

では、値段がわからない商品を持っていたしましょう。レジの人は値段がわからないと、おもむろに近くにある鐘を持ちあげ、音を鳴らします。
“チーン、チーン、チーン”そのまま係の人が来るまで、なにもせず座っているのです。5分でも、10分でも。。

フランスでは分業が進んでいる(?)ため、レジの人はレジ打ち仕事だけを行うのであり、値段をつける人の仕事は行いません。
せっかちな私は、店内を走り同じ商品を持ってきてレジに通してもらうのでした。

このように分業が進んでいるフランスでは、担当者がいないと物事やビジネスなど、スムーズにことが運びません。「私の仕事ではない」と言われてしまうのです!!
いいとこもあれば住みにくいとこともある、そういったところも外国の魅力のひとつでしょう。

  • コメント: 0

関連記事

  1. 単身世帯の住宅資金計画【2014年 第6回】

  2. 退職後の医療保険の賢い選び方【2016年 第2回】

  3. 感想 問題1 在庫循環図の基本的な読み方【2018年 問題1】

  4. IMFでも救う事ができない?【2009年 第 3 回】

  5. 海の大国 日本と私たちの投資【2009年 第 2 回】

  6. 水漏れ【2010年 第 10 回】

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。