ハワイに行くなら個人手配で【2010年 第 4 回】

【 2010年 第 4 回 】ハワイに行くなら個人手配で ハワイ大好き

 高田 晶子(タカダ アキコ)プロフィール

こんにちは。ハワイ大好きFPの高田晶子です。私がハワイに行き出した当初は、旅行会社のパッケージツアーを利用していました。でも、とあることがきっかけになって、今ではエアーと宿泊先を自分で手配してでかけています。そのきっかけとは・・・。

 

旅行会社のツアーは送迎がクセモノ

旅行会社のツアーは、ツアーと言えどもハワイの場合には、現地はほとんどフリーで、空港とホテルの送迎だけしてくれます。ところが、その送迎がクセモノ。マウイにでかけた時でした。帰国便はホノルル12時発。旅行会社は万一のときを考えてか、遅くても空港に2時間前に到着するように手配します。そのときは、ちょうど良い便がなかったようで、ホノルル空港で3時間待ちました。マウイを出たのは朝8時の便。これもまた2時間前到着なので、空港到着は朝6時。そのために、ホテルの集合はなんと朝4時。つまり、ハワイ内の移動だけで8時間かかってしまったのです。

ホノルルだけに滞在した場合でも、多くは帰国便の3時間以上前にホテルを出発するでしょう。そして、その前に荷物をピックアップすることがあります。朝早い便になってしまうと、夜中のうちに荷物を出さなければなりません。パジャマはどうする?(笑)

また、到着した日も不自由なことがあります。ハワイ到着はだいたい早朝。ホテルのチェックインまで時間があまってしまいます。そのため説明会が行われたり、荷物を旅行会社のラウンジに一時的に預けたりなどで、貴重な1日目はなんとなくつぶれてしまいがち。

自分で手配すると不自由さから解放される

自分で手配すると、このような不自由さから解放されるんです。荷物と自分は一緒に行動すれば良いので、荷物だけ早く出さなくてはならないなんてこともありません。2時間前に空港につけば十分ですから、ワイキキに滞在していれば出発便の2時間半前くらいにホテルを出ればOK。私がよく利用するマウイの空港などは、30分前にチェックインしていれば大丈夫なので、出発便の1時間前に宿を出れば十分です。

到着した日は、空港からまっすぐにホテルへ。部屋の準備ができていれば、大抵入れてくれます。準備ができていなければ、着替えて荷物を預ければ、1日無駄にせずに行動できます。確実に早めにチェックインしたければ、アーリーチェックインの予約をしてプラスの料金を支払えばいいのです。

確かにツアーは安いですが、今は格安チケットも自分で手配できますし、ホテルもホテル自体のウエブサイトを見ると意外に安いプランが出ていたりします。少し高めになるかもしれませんが、1日目を有意義に過ごせることと、最終日もゆっくり出発できることを考えると、約1日分は得した感じ。これを料金に変えて考えてみると、決して個人手配は高くないと思います。

さて、先日、ハワイアン航空の日本就航が発表されました。羽田空港発着で、行きの出発は深夜。深夜に出てくれれば、出発日に休暇をとらなくてもすみます!到着がホノルルのお昼すぎということで、ホテルへのチェックインもスムーズ。そして、帰国便が画期的です。出発が夜の7時前。つまり、まるまる1日多く滞在を楽しむことができます。

個人手配をしてみては

みなさん、貴重な休暇を利用して旅行に出かけられることと思います。ハワイに限ったことではないでしょうが、発着の時間は有意義な時間を考えると、とても重要です。自分で手配することで、発着の時間も決められますし、何よりも旅が始まる前から旅した気分になれる個人手配をしてみませんか?

 

 

 

 

 

 

ウエブサイトで見つけて個人手配したホテルからの眺め。

飛行機での疲れも忘れる絶景でした!

 

 

 

羽田就航が決まったハワイアン航空。この機体をみたら、その時点からハワイ気分になれること間違いなしです。

  • コメント: 0

関連記事

  1. 年末に地方財政を考える【2012年 第12回 】

  2. 静岡県(富士山静岡空港)【2008年 第10回】

  3. 老後、今と昔の違い【2009年 第2回】

  4. 「管理組合の正しい資産管理」【2008年 第5回】

  5. 総合格闘家・廣瀬勲選手 前編【2012年 第2回】

  6. ”複雑な仕組みの金融商品” 3- オプションは売ってはいけない 【2016年 第6回】

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。