パリの交通事情【2009年 第6回】

【 2009年 第6回 】パリの交通事情 フランス気分

横川 由里(ヨコカワ ユリ)プロフィール

パリの広さは約87km²。よく、105 km²と書いてありますが、これはブーローニュの森やヴァンセンヌの森を足した大きさです。
森なので実際のパリは87km²と考えましょう。

東京の大田区がだいたい60 km²なので、大田区の1.45倍ほど大きさと意外に狭いのです。

パリの地下鉄

この狭さにもかかわらず、パリ市内には地下鉄1~14号線の14本 郊外列車RER A~E の5本で、合計19本。右に歩いても左に歩いても10分足らずでメトロの駅があるのです。
そのほか、バスが公共交通機関として運行されています。

コンパクト設計だから、役所や税務署、社会保険事務所、日本大使館など、短時間で移動が可能です。
パリはきれいな街だから、散歩がてらメトロの1駅2駅は平気で歩けてしまいます。なぜなら、中心部では、メトロで1分ほど走れば、隣駅へと着いてしまい、歩いてもあっという間なのです。

ストライキ

 しかし、この便利な交通網もひとたびストライキに突入すると、さあ大変!明日はどうやって仕事に行こう?
もちろん、ヒッチハイクは怖いから、歩いて行くのよね。当時の私のアパルトマンから、仕事場まで歩くと1時間。
「行きはよいよい、帰りは怖い~♪」行きはさわやかに歩けますが、帰りはすでに疲れきっているので、足が痛くだんだん不機嫌になってきます。次の日も歩きました。

タクシーに乗ればいいって考えるでしょ?

運転手さんに、「明日はストライキだから稼ぎ時だね」
「何言ってんだ、俺たちもストだ!」
「えっっ!」

郊外へは帰る人のために、軍隊がトラックを出すこともあります。
要するに、パリの交通網はすべてRATPという公共機関が運営をしているので、メトロもバスもいっぺんにストップしてしまい、日本のようにほかの交通機関は存在しないのです。

バス

次にバスのお話をしましょう。日本でも朝バスに乗ると、混んでいてなかなか進まず、ついイライラしてしまいますね。もちろん、どの国でも事情は同じです。
パリの道路にも、バス専用の路線と一般の車の路線がありますが、徹底して分別しています。
ドラノエ・パリ市長が一部のバス・タクシー・自転車の専用レーンを広くしただけでなく、一般車が入り込めないように幅40センチ、高さ15センチほどのセメントで土手を設置。これで、少しはバスの交通渋滞が緩和されたようです。さすがに日本では、そこまで強硬に出られない、立派です。

路上駐車

最後にパリの路上駐車。これにはびっくり!車が隙間なく縦列で駐車しています。どうやって停めたのでしょうか?

無理やり狭いスペースに押し入り、停まっている車に自分の車のバンパーをあてて、ゆっくりと押します。同時に2・3台押して自分の場所を作るときもあるんです。ヨーロッパの車のバンパーが、どうしてボコボコなのかわかりますね。

フランス人いわく、「バンパーは、そのためについているんでしょ。へこむのが嫌なら、バンパーガードを付けるべきだ」

動画でお見せしたいです。

  • コメント: 0

関連記事

  1. 道の精なると精ならざると【2015年 第1回】

  2. Let’s Enjoy “旅”  『賢く楽しく“旅”しましょう。』【2011年 第6回】

  3. Let’s Enjoy “旅”  『賢く楽しく“旅”しましょう。』【2011年 第9回】

  4. 受験シーズンに思う【2012年 第2回】

  5. リスクとリターン(3)リスクとリターンの関係 【2015年 第3回】

  6. 日本の石油元売【2015年 第1回】

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。