感想 問題12 財形年金貯蓄、問題13 確定拠出年金制度【2018年 問題12、問題13】

【感想 問題12 財形年金貯蓄、問題13 確定拠出年金制度】2018年第1回 CFP試験(金融)

樗木 裕伸(オオテキ ヒロノブ)

 

今日は、前回(2018年第1回)の問4の問題12、13の感想です。

 

 

 

 

 

このコラムは、株式会社優益FPオフィスのFacebookページで掲載されたコメントを転記しています。

2018年第2回 金融資産運用設計のCFP試験対策講座の講師を担当する 樗木裕伸(おおてきひろのぶ)です。

今日は、前回(2018年第1回)の問4の問題12、13の感想です。

問4は、毎回、財形貯蓄制度や確定拠出年金制度について出題されています。
税制面での優遇を受けられる金融商品について、という位置づけかと思われます。

問題12は、財形年金貯蓄について問われました。
特徴としては、制度の細かいところまで問われます。
例えば、積立期間中の海外転勤、据え置き期間中の退職、再雇用との関係といった個別的ケース(レアケース?)を判断させる問題が多く出題されます。

また出題形式が「最も適切なものはどれか」というものが多く、消去法で絞り込みが難しいのも特徴です。

問題13は、確定拠出年金制度について問われました。
特徴は、問題12の財形貯蓄と同様の傾向があります。

毎回同じ分野から出題されるので予想しやすい反面、レアケースかつ誤った選択肢で出題されているため、過去問からの学習が難しい(再現性が乏しい)と言えます。

事前に当該分野の知識を整理しておくことが必要と思われます。

FP関連講座のご案内にて、講座をご紹介しています。

よろしければ、是非!

以上、次回に続く!

※このコラムは、2018年9月1日を基準に執筆されています。
2018© 株式会社優益FPオフィス

  • コメント: 0

関連記事

  1. 投資信託の基礎8 ~運用報告書と月次レポートの見方~ 【2015年 第10回】

  2. 家族で考えるマネープラン【2015年 第12回】

  3. 藤岡市助と東芝 【2016年 第1回】

  4. 30歳の未婚男性が遺族年金受給中【2014年 第5回】

  5. 災害に強い都心の街 【2016年 第4回】

  6. 感想 問題10 さまざまな金融商品の性質、問題11 積立で利用できる金融商品の特徴【2018年 問題10、問題11】

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。