単利と複利(1) 複利の効果【2015年 第5回】

【2015年 第5回 単利と複利(1) 複利の効果 】投資の基本

有田 宏 (アリタ ヒロシ)⇒ プロフィール

今回は単利と複利について説明しましょう。

 

 

単利と複利

単利とは、元本は当初から変わらず、利息は元本に利率を掛けたものになります。元本は変化が無いので、利率が変わらない限り、利息も一定です。

一方、複利とは、計算上は毎回発生する利息を元本に加えて利息を計算します。元本が毎回増えてくことになるので、利率が変わらなくとも利息は増えていきます。

式に表すと次の通りになります。

単利は一次関数ですが複利は指数関数となり、満期受取金は累積的な増え方をします。

それをグラフで表してみましょう。

横軸は年数、縦軸は元本を100とした場合の経過年ごとの受取額を表しています。複利は1年複利で計算しています。

 

 

 

 

 

 

 

 

グラフ1は金利1%とした場合ですが、金利を上げて5%とした場合はどうなるでしょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ご覧のように、複利の効果は期間が長いほど、また金利が高いほど大きな効果が出ます。仮に金利を100%とした場合は、いわゆるネズミ算で、毎年倍々で増えていけば30年では天文学的な数字となります。

 

上のグラフを見た通り、金利1%より5%での複利運用の方が劇的な効果を示しています。

しかし、注意していただきたいことは、今のような低金利の時代では毎年安定的に5%で運用するということは不可能です。5%で運用するためにはある程度のリスクを取る必要が有ります。

現実として、グラフ2のようなきれいな曲線で複利運用するということは不可能、ということになります。

 

  • コメント: 0

関連記事

  1. 高齢者施設の種類と特徴【2013年 第8回】

  2. 感想 問題42 株価先物取引の理論価格の計算【2018年 問題42】

  3. 財務諸表を理解しよう!貸借対照表編(1)【2015年 第2回】

  4. 自社が評価されているかどうかを知るためのポイント【2010年 第1回】

  5. 岡本英夫のFPウオッチャーだより 第20回 FP養成講座の変遷~ ② 【2023年11月】

  6. 日本国債は大丈夫か?【2014年 第5回 】

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。