単利と複利(1) 複利の効果【2015年 第5回】

【2015年 第5回 単利と複利(1) 複利の効果 】投資の基本

有田 宏 (アリタ ヒロシ)⇒ プロフィール

今回は単利と複利について説明しましょう。

 

 

単利と複利

単利とは、元本は当初から変わらず、利息は元本に利率を掛けたものになります。元本は変化が無いので、利率が変わらない限り、利息も一定です。

一方、複利とは、計算上は毎回発生する利息を元本に加えて利息を計算します。元本が毎回増えてくことになるので、利率が変わらなくとも利息は増えていきます。

式に表すと次の通りになります。

単利は一次関数ですが複利は指数関数となり、満期受取金は累積的な増え方をします。

それをグラフで表してみましょう。

横軸は年数、縦軸は元本を100とした場合の経過年ごとの受取額を表しています。複利は1年複利で計算しています。

 

 

 

 

 

 

 

 

グラフ1は金利1%とした場合ですが、金利を上げて5%とした場合はどうなるでしょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ご覧のように、複利の効果は期間が長いほど、また金利が高いほど大きな効果が出ます。仮に金利を100%とした場合は、いわゆるネズミ算で、毎年倍々で増えていけば30年では天文学的な数字となります。

 

上のグラフを見た通り、金利1%より5%での複利運用の方が劇的な効果を示しています。

しかし、注意していただきたいことは、今のような低金利の時代では毎年安定的に5%で運用するということは不可能です。5%で運用するためにはある程度のリスクを取る必要が有ります。

現実として、グラフ2のようなきれいな曲線で複利運用するということは不可能、ということになります。

 

  • コメント: 0

関連記事

  1. クルマで変わる未来の社会と生活 【2016年 第1回】

  2. リスクとリターン(3)リスクとリターンの関係 【2015年 第3回】

  3. 給付のいろいろ 【2016年 第2回】

  4. 感想 問題16 特定口座内の上場株式等の譲渡所得の損益通算と特定公社債の利子所得と譲渡所得の損益通算【2018年 問題16】

  5. 投資信託の基礎7 ~目論見書(もくろみしょ)について~ 【2015年 第9回】

  6. お勤めの方(公務員)の相談事情とポイント【2016年 第9回】

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。