ハワイとの出会い【2009年 第1回】

【 2009年 第1回 】ハワイとの出会い ハワイ大好き

 高田 晶子(タカダ アキコ)プロフィール

こんにちは。マネーカウンセリングネットWealthの高田晶子です。今回から、このコラムを担当させていただくことになりました。よろしくお付き合いください。

大好きなハワイのコラムを、というお話をいただき、とてもうれしく思っています。

ハワイ大好き!

とにかく、私はハワイが大好きです!

ハワイの海も、空も、山も、空気も、風も、花も、そして人々も大好きです。
私が初めてハワイに行ったのは、かれこれ20年ほど前。会社員を辞めて独立した直後はなかなか行けない時期もありましたが、初ハワイ以来、少なくとも年に1回、できれば2回は行きたいと思うほどの場所になりました。

ハワイのイメージ

ハワイと言えば、どんなイメージをお持ちでしょうか?
美しい海を想像なさる方が多いのでは?私もそうでした。
そして、外国なのに日本人ばかりの観光地、というイメージもありました。

海といえば、関東近郊のあまりキレイではない海しか馴染みがなく、蒸し暑い夏はダイキライ。さらに人混みもダイキライ。そんな私がハワイに興味を持つはずもなく・・・。

ところが、あるとき、仲良しの友人にハワイ旅行に誘われました。頑なに断り続けましたが、「だまされたと思って、一度だけ付き合って」の言葉でとうとう付き合うことに。

でも、この一言が私の人生を変えてくれたと言っても過言ではありません。今や、私の生活も、お友達関係も、そして人生もハワイ抜きでは考えられないものになりました。

衝撃的な初めてのハワイ

初めてのハワイは、とにかく衝撃的。あまりに美しい海と空の青さに、吸い込まれました。そして、何よりビックリしたのは気候。
暑いはずなのに、汗をかきません。ちょっと木陰に入るととても涼しい風が。そのカラッとした居心地のよい気候は、それまでに全く経験したことのないものでした。

よく常夏のハワイ、といわれますが、どちらかと言えば常春、と言えるほど過ごしやすい気候です。風に乗って漂ってくるとてもよい香りが、プルメリアの香りだと気付いたのはずいぶん後でした。都会育ちの私が、香りから想像するものと言えば、人工的な芳香剤。自然の花の香りが街中に溢れているなんて、考えもしなかったのです。

今思えば、気候というよりも、あの空気感が何とも心地よく、私をトリコにした一番の理由だったようです。

たった4日間の滞在でしたが、ネイバーアイランドの一つ、マウイ島にも1日観光で訪れました。今では、ハワイ滞在のほとんどをすごすマウイ島も、この時の印象が忘れられなかったのがきっかけになりました。

ハワイのさまざまな魅力

どこまでも続くさとうきび畑、ホノルルとは違った海の色、そして、、、今では必ず自分をリセットしにいく標高3,055mの山、ハレアカラ。広大なクレーターを目の前にしたときの感動は今でも忘れられません。海のイメージが強いハワイですが、その魅力は決して海だけではありません。海も山も、今でも大切に守られている大自然がたくさん溢れています。

決して、マリンスポーツとお買い物だけの場所ではないハワイということを知った、1回目の旅でしたが、その後、行くたびにハワイの奥深さを感じ、私の一部になっていくということにはまだ気付いていませんでした。

次回からは、パワーにあふれる不思議な島々、ハワイの魅力を一つずつお話させていただきます!

  • コメント: 0

関連記事

  1. 注文住宅の強みを知る【2013年 第1回】

  2. ハワイの島々 【2009年 第2回】

  3. 投資信託の販売現場は20年前とちっとも変わっていない?【2014年 第8回】

  4. 増やす その2(リスクとリターンについて)【2010年 16回】

  5. 海の文化圏と陸の文化圏【2009年 第 3 回】

  6. シンガポールからの報告「東南アジアを席巻する日本食」【2015年 第6回】

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。