老後の生活準備は? 住宅ローンの注意点は?【2009年 第 9 回】

【 2009年 第 9 回 】老後の生活準備は? 住宅ローンの注意点は? 相談コラム

宮崎 洋子(ミヤザキ ヨウコ)⇒プロフィール

 

 

 

  • 相談者
    熊本市在住 エコママさん
  • 家族構成
    夫50歳・会社員 妻(エコママさん)50歳・パート
    長女21歳 別居 長男24歳
  • 相談内容
    2人の子どもたちはそれぞれ社会人になり、これからの私達の老後のことを考えるようになりました。しかし、年金も余り当てにできないようなので、少しでも多く貯金を持っていたいと思いますが、思うように貯まりません。7年前に、家を建てるつもりで土地を買いましたので、そこに小さな家を建てて、現在住んでいる家を貸して、家賃を貯めて行きたいと考えています。(現在住んでいる家の住宅ローンは完済です。)
    新たに、1,300万円のローンを組みたいと思います。来年には教育ローンと簡易保険が満期になり、その分の支払いが減りますので、住宅ローンは払っていけると考えていますが、いかがでしょうか?
    この年齢で、あらたに住宅ローンを組むためのアドバイスをお願いします。
  • 収支表

 

 

 

 

 

 

 

 

  • 回答
    お子様が独立され、教育費の負担も終わり、今後お子様にかかるお金としては、結婚援助資金くらいでしょうか?
    いよいよ、夫婦ご自身の老後について考える余裕のできた頃ですね。現在の老後プランとしては、手持ちの土地に家を建て暮らして行きたいとお考えのようですね。住宅ローンを検討するに当たって、現在の家計からどのくらいの返済負担が可能なのでしょうか。今後は、独立されたお子様の生命保険料はお子様ご自身が負担するとし、車と学資のローンが終われば約8万円を住宅ローンにあてることができそうです。
    無理の無い返済計画で借入額やローン期間は最小限にし、返済方法などにも十分に注意してください。

 ポイントとして
(1)ご主人の定年までに完済できる見通しを立てておく。
(2)現在お住まいの家を、賃貸にした場合の家賃収入が継続して入るように、見通しを立てておく。
(3)万が一の備え(団信付保)を必ずしておく。
(4)2件分の固定資産税額を見積もっておく。
 等があげられます。

できるだけ頭金を多く準備されて、短い期間に返済される事をお勧めします。
夢の実現に向かって頑張ってくださいね。

このコラムは、熊本日日新聞(2004年4月~2005年3月)に掲載された「家計CHECK」を加筆修正したモノです。

  • コメント: 0

関連記事

  1. 新 商品先物取引のしくみ【2011年 第7回】

  2. 万一に備えて知っておきたい 障害年金 【2016年 第4回】

  3. 常にあると思うな優待制度・・・株式会社関門海【2014年 第11回】

  4. エンディングノートを考える~その1【2014年 第5回】

  5. 住宅ローン減税の申告はお早めに!【2012年 第2回】

  6. お年寄りが多いと大変かも~介護事情~【2013年 第4回】

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。