フランス式挨拶【2011年 第3回 】

【2011年 第3回】 フランス式挨拶 ~フランス気分~

横川 由理(ヨコカワ ユリ)⇒ プロフィール

英語では、グッドモーニングやグッドアフターヌーンが正式な挨拶。
でも、親しくなるとみんな“Hello:ハロー”。フランス語に“ハロー”あたる言葉はあるのかしら?
よく抱き合ってキスをしているけど、必ずキスをしなければならないのかしら?

 

 

 

基本の挨拶

挨拶は基本中の基本。どこの国に行っても笑顔で挨拶すれば、気持ちが良くなりますね。フランス語の挨拶は、もちろん“Bonjour:ボンジュール”です。でも、日本語と違って朝でも昼でもボンジュールを使います。“おはよう”と“こんにちは”を区別していません。

若い人は親しくなると“Salut:サリュー”! 朝から晩まで使用可能です。
もちろん、英語の“ハロー”にあたると考えればよいでしょう。
ただし、電話の場合は“Allo:アロー”を使うので要注意。

挨拶の言葉はさほど難しくありませんが、挨拶と同時に握手やキスをします。
これがちょっと面倒。

ビジネスや親しくない場合は、握手をします。
友人や知り合いでも、誰がキスで、誰が握手なのかも覚えている必要があります。
いつもキスをしているのに、突然握手をすると「何を怒っているのだろう」と相手が考えても不思議ではありません。

挨拶のキス

友人や親戚のように親しい人とは、もちろんキスです。
キスといっても、頬を近づけて“チュッ”。唇はつけませんよ!

地方によってキスの回数が違いますから、そこに住んでいる人に小さな声で、何回キスをするのかを確認をしなければなりません。
1回:めったにありません。2回:パリ 3回、4回、5回などまちまち。

階級や出身地によっても異なりますから、頬を離したのに相手はまだ続けるつもりの場合もあります。
「4回よ」なんて、囁かれることも。

最近はパソコンがありますから、フランスの地方をキスの回数別に色分けして、回数を確認することができるサイトまであるのです。

特に困るのは、「どっちの頬からスタートするか」ということ。
左から?右から?
だって間違うと、唇と唇がぶつかってしまいそうになってしまいます!

フランス語の難しさもさることながら、挨拶は大変です。

キスに戸惑うのは、外国人ばかりかフランス人だってよくわかりません。
「キスの法則」なんて、存在しませんから。

 

  • コメント: 0

関連記事

  1. 「他人の家計」ってやっぱり気になります?…金融世論調査の結果から【2008年 第3回】

  2. トカラ皆既日食ツアー(2)【2009年 第 6 回】

  3. 関西の“人の移動”傾向 & “お引越し”についての話【2012年 第3回】

  4. 原油価格の盛衰【2009年 第 2 回】

  5. 今月の数字6:6割になっちゃうなんて!!【2013年 第6回】

  6. テレビや雑誌で気にはなっていた!?「ふるさと納税」今年こそ、始めてみよう!【2015年 第2回】

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。