〔住宅〕データから見る地域の特徴 ~購入すべきか…賃貸続けるべきか…それが問題だ!~【2006年 第1回】

【2006年  第1回 】[住宅] データから見る地域の特徴 ~購入すべきか…賃貸続けるべきか…それが問題だ!~

佐藤 益弘(サトウ ヨシヒロ)⇒ プロフィール

私たちFPが相談をお受けするケースとしても多く、また人生の分岐点として登場するのが “教育”(2006年1月に登場) “住宅購入”(今月) “老後”(2005年10月に登場) という「人生の3大支出」です。
皆さんは気づかれていないかもしれませんが、私たちFPは、“お金”という縦の軸と“時間”という横の軸を使い、お客様の人生の損得勘定を(お客様と)一緒に考えるというお仕事をしています。
そして、その中で、世間一般の“価格”という指標とみなさんが一人一人固有に持たれている“価値(感)”の違いをお伝えし、経済的な健康状態を維持、増進頂くお手伝いをするのがお仕事なのです。

今回のテーマである“住宅購入”は“教育”“老後”という他の2つの支出と違い、時間を味方に付けられる…つまり、お客様に大きな選択権がある支出になります。
早めに購入しても、遅く購入しても・・・また、そもそも購入をしないという選択も可能な費用ですが、衣食住の費用は死ぬまでかかる費用なので、それなりにかさむ費用になります。きっと、人生最大の費用になるでしょう。
他のFPも同様の事を書いていると思うのですが…購入するか?賃貸生活を続けるか? はその人の価値(観)そのものといって過言ではありません。ですから、経済的な理由よりももっと大事な「どう生きるか?」「どこで生きるか?」という気持ちが影響するはずです。
この点は後日のコラムで紹介されるでしょうが・・・今回は「地域特性」ですね。
(前置きが長くて…すいません)

首都圏エリアの住宅数

首都圏(南関東)エリアの住宅の特徴について、まず、統計(総務省「社会生活統計指標-都道府県の指標-2003年)から見てみましょう。
まず、住宅数ですが…全国合計:28,665,900戸に対し、埼玉県(1,623,800戸)、千葉県(1,404,700戸)、神奈川県(1,872,100戸)、東京都(2,432,900戸)となっています。
南関東は3400万人を超す人口を抱え、また、153兆5000億円ものGDPを生み出している日本でも有数の地域ですから、数値も大きくなっています。とくにここ数年は都心回帰現象により東京の住宅数は5年前の統計(1998年)に比べ38万戸も増加しました。

首都圏エリアの持ち家比率

次に、持ち家比率ですが、5年前の統計(1998年)の数値よりは増加しているとはいえ、全国平均:61.2%に対し、埼玉県(64.1%)、千葉県(64.3%)は遜色ないのですが、神奈川県が56.3%…首都:東京都に至っては44.8%と持ち家率は半分以下となっており、他の地域と比べてもかなり低い状況です。
これは他の地域と比べ、住宅価格が高いことも影響しているでしょう。

首都圏エリアの集合住宅比率

最後に、人口密度も高いことから、他の地域と比べマンションやアパートなどの集合住宅に住んでいる比率も高いのがこの地域の特徴でしょう。
全国平均:40.0%に対し、埼玉県(41.6%)、千葉県(42.3%)、神奈川県(54.8%)、東京都は68.0%と、実に2/3以上の方がこの形態で住まれています。

ある意味、特殊な地域といえるかもしれませんが…モノや情報があふれ、便利な地域ですが、反面、物価も高く、土地も狭い、環境にも一抹の不安のあるこの地域で、様々な住居形態を取っているのは、賢く生き抜くための知恵なのかもしれません。

  • コメント: 0

関連記事

  1. 給料ダウン!でも、もらえない年金【2014年 第9回】

  2. 財政政策で景気は良くなるのか?【2013年 第11回】

  3. 地方でつながりを作ることの大切さ【2015年 第4回】

  4. 石油備蓄~戦前と今~ 【2016年 第4回】

  5. 保険は、住宅ローンとセットで考えて!【2010年 第5回】

  6. 生活費 ~日本一の消費支出を支える富山県の豊かな家計~【2005年 第2回】

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。