パーソナルファイナンスの必要性【2012年 第1回】

【2012年 第1回 パーソナルファイナンスの必要性】高校生のためのパーソナルファイナンス入門

長谷 剛史(ハセ タケシ)⇒プロフィール

お金の知識が有る人と無い人とでは、人生が大きく変わってくる時代になっています。皆さんの夢や希望を実現するために、高校生からパーソナルファイナンスを学ぶことの必要性について一緒に見ていきましょう。

 

 

 

 

 

 

高校生からパーソナルファイナンス

皆さんの親世代が高校生のときは、友達同士でお金の話しをすることや高校生にお金の勉強が必要とは考えられていませんでした。なぜかと言うと、一昔前は、定年まで会社で働く「終身雇用制度」があったり、郵便局にお金を預けていればどんどんお金が増えていくような時代だったので、お金の知識がなくても大きく人生が変わっていくことは少なかったからです。

それが今、上記のような制度は崩れてしまい、さらに昔の常識、例えば、「銀行は倒産することがない」と言われていましたが、こういった常識が通用しない時代になっていますので、自分自身で考え行動しなければいけなくなっています。

お金の勉強は大人になってからで良いのでは?という意見もありますが、例えば、足し算・引き算がわからなければ、微分積分の問題を解くことはできないですよね?お金も同じで大人になってから、いきなり経済の勉強をしようと思っても、ある程度のお金の知識がなければ仕組みを理解することは難しいんですね。だから、高校生の段階から少しずつ勉強をしていく必要がありますし、勉強しておけば今後、社会や経済の仕組みまで理解することができるようになりますよ。

あまり難しく感じる必要はなくて、例えば、親からもらうおこずかいは、どこから出てくるのか?考えてみてください。これは親が暑い日も寒い日も汗水垂らして稼いだお金から出てきているわけです。お金を稼ぐというのは大変な苦労があるわけですので、当然大事にしないといけないですよね。

また、欲しいものができたとき、手元にお金がなければどうしますか?アルバイトをして貯金ができてから買う・親からお金を借りて買う・働くようになってから買う等色んな選択肢があります。お金があるからと言ってすぐに全部使ってしまうと、困ったことが起きたときに対応ができなくなりますので、お金を使うときは計画をきっちり立てておく必要がありますね。

さらに、お金の知識を付けるということは、皆さんの視野を広げ・可能性を高め・判断能力を養うことになります。例えば、仕事をするようになって様々な困難に直面したときでも、その時の解決法を引き出せるようになります。

人それぞれ性格や考え方が違うわけなので、学んだお金の知識を使ってそれぞれが答えを見つけ夢や希望を実現していくこと、これがパーソナルファイナンスの意味になります。

さあ、これから素晴らしい人生を切り開くために、一緒にパーソナルファイナンスの勉強を始めましょう!

○  今月のお金に関することわざ

「金を貸せば友を失う」⇒ お金の貸し借りは大事な友達をも失うことにつながる。

  • コメント: 0

関連記事

  1. とうもろこしの基本【2013年 第3回】

  2. 任意後見の開始 【2014年 第5回】

  3. NISA口座獲得競争激化!でも、重要なの は焦らないこと【2013年 第2回】

  4. 日経新聞の景気指標を活用する 欧州編【2014年 第4回 】

  5. 商品ファンド【2012年 第9回】

  6. 感想 その11 問10(問題35~38) 不動産の売却に伴う税制【2018年感想 その11】

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。