引越し~「引越し」というサービスも買い物だ!~【2006年 第4回】

【2006年  第4回 】 引越し~「引越し」というサービスも買い物だ!~  住宅

大間 武 (オオマ タケシ)⇒ プロフィール

「引越し」には自分で予定をしていた引越しから突然訪れる引越しまで様々な理由があります。
いづれにしても自分の荷物を今あるところから新居まで運ぶ作業です。
引越しで一番気になる部分と言えば「サービス内容」と「料金」ではないでしょうか?
引越し料金は各業者が国土交通省に「登録」することになっています。また運輸局では基準料金(目安の料金)についても掲載があります。
一方で最近は料金比較サイトも充実しているので、かけ離れて高い料金や安い料金は出てこないと考えて良いでしょう。
しかし、その料金に合ったサービスの提供を受けられるかどうか?は実際にサービスを受けてみないとわからない部分ではあります。
新しい生活を始めるための「引越し」です。
自分の荷物が「安全に」「すみやかに」新居へ運ばれ、一日でも早く新しい生活を始めることが第一です。このことからも安心してサービスを受けられる業者を選ぶことが大事
だと考えます。
とは言っても、最終的にやはり気になるのが「料金」です。
「適切なサービス」と「適切な料金」+「αのサービス」であればみなさんの満足度も高くなると思います。
そこで「業者やサービス等の安心感を得て」かつ料金についても「既にみなさんが持っているインフラを活用することによって通常料金より安く済む方法」を一部ですがご紹介しましょう。

住宅販売業者、建築業者、銀行などの住宅購入に係わる業者を通して依頼する場合

住宅を購入する、賃貸する場合には当然のことながら不動産業者等が関係してきます。
また住宅購入の場合はほとんどの場合が住宅ローンを組むので銀行とも関係があります。
これらの業者の関連会社としてまたは提携先として引越業者と連携を組んでいる場合があります。(10%くらいの割引率を出しているところが多いです。)

その他もっと身近なインフラ活用

・企業にお勤めの方でしたら企業の福利厚生としてまたは仕事上の取引先として引越業者と関係があれば会社との契約や交渉により通常料金より割引があると思います。
・また、たいていの方が加入している保険の保険会社が加入者向けに行っているサービスとして引越業者との提携があれば料金割引や付加サービスを受けることができます。
・みなさんのお財布に1枚は入っているであろうクレジットカード。これもみなさんが持っている有効なインフラです。クレジットカード会社と引越業者が提携を行っていれば料金割引や付加サービスが受けられます。また、引越料金もカードで支払うことによりポイントが貯まり、現金で支払うよりポイント分プラスの効果があります。
・ポイントカードを持っている方はポイントプログラムの活用も検討すべきです。航空会社のマイレージサービスや各種ポイントカード、インターネットショッピングサイトから引越を依頼することによりポイントが付くポイントプログラムサービスの活用です。(各会社のサービス内容を確認してみてください)
以上のように、良いサービスを受け、適正な料金を支払い、さらにプラスαを狙うことにより、安心して満足度の高い引越しが出来ると思います。
一度自分の身の回りのサービスインフラを確認してみましょう。

 

【2006年03月01日00時00分】

  • コメント: 0

関連記事

  1. 住居費 ~名古屋圏はなぜ持ち家率第1位なの?~ 【2005年 第3回】

  2. 子育てママの街情報 品川区【2010年 第 10 回】

  3. 単身赴任の家計【2012年 第4回】

  4. 専用使用部分(共用部分)の使用方法【2010年 第 9 回】

  5. 家計管理を始めよう!【2011年 第1回】

  6. はじめに【2012年 第1回】

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。