[ボーナス]ご当地自慢~貯蓄だけが投資でない!【2005年 第2回】

【2005年  第2回 】[ボーナス]ご当地自慢~貯蓄だけが投資でない!

瀬戸家 みのり (セトケ ミノリ)⇒プロフィール

「まとまったお金が入ってきたら、何に使いますか?」
こういう質問をすると、一番多いのが「貯蓄」、その次が「旅行」という答えではないでしょうか?この冬、仙台での旅行事情に少し異変が起きています。

旅事情の異変

まず、空の便。仙台空港から中部国際空港(セントレア)への就航ができたため、国際便への乗り継ぎが便利になりました。
今までは、仙台空港からの海外直行便がとても少なく、ソウル、グアム、北京、上海、大連、長春、台北の7便しかありませんでした。
ところが、11月から年末にかけてチャーター便が就航します。期間限定ではありますが、香港、バンコク、セブ、ホノルル、サイパンへ、仙台から直行で行くことができます。
また、来年の7月くらいからは、バンコク便が定期就航する予定です。直行便であれば、海外がぐっと近くなりますね。

ホテルラッシュ

また、プロ野球の楽天がきた影響で、仙台は今までにないホテルラッシュ。
シティホテルだけでなく、ビジネスホテルも新プランやサービスがグレードアップしてきています。
中でも、エステやスパがセットになったレディースプランやレストランでのランチサービスプランが特に充実してきているように感じます。
地元のホテルに泊まる機会はあまりないのですが、遠出をしなくても「ブチセレブ」な気分を味わうには、もってこいではないでしょうか?

SENDAI光のページェント

そして、そんな優雅な気分に華を添えてくれるのが、「SENDAI光のページェント」。
今年も12月12日~31日まで、仙台市中心部の青葉通りと定禅寺通りのけやき並木に約100万個の電飾が施されます。
「また行きたい仙台のイベント」第1位にもなった仙台の冬の風物詩です。
今年は20周年記念で、例年以上に盛大に開催されるようです。
たくさんのイルミネーションに包まれて歩く並木通りは、この世のものとは思えないような美しさ。
小さな悩み事やストレスなんて吹き飛ばしてくれそうな癒しのパワーがあります。

「貯蓄」とは、「投資や消費する機会を将来に延期すること」とも言えます。ボーナスの使い方は人それぞれでいいと思いますが、あえて「機会を将来に延期」せず、現在有効な使い方を考えてみるのもいいのではないでしょうか?

文字通り「投資」の勉強をして資産運用にまわすもよし、欲しかったものを買うのもよし。あるいは、今回ご紹介した旅行や「プチセレブ」、癒されるイベントなど、普段はなかなかできないですが「自分へのごほうび」を与えるのもよし。自分のために使うお金も立派な「自己投資」です。それが、また明日を元気に迎える大きな活力源になるかもしれませんね。

【2005年11月22日00時00分】

  • コメント: 0

関連記事

  1. 葬儀の風習 【2006年 第3回】

  2. 先進医療の現状 【2016年 第4回】

  3. [教育]費用~望まれる子供を育てやすい環境づくり~【2006年 第2回】

  4. オプション取引を知ろう【2013年 第9回】

  5. 毎月赤字で住宅ローンが心配【2009年 第 17 回】

  6. 病気での通院だってお金がもらえる保険【2009年 第10回】

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。