ハウスメーカーと工務店の違いを知る【2013年 第2回】

【2013年 第2回 ハウスメーカーと工務店の違いを知る】
注文住宅を建てたい人のための、知って得するマメ知識12

奥田 知典(オクダ トモノリ) ⇒ プロフィール

戸建新築住宅を検討するのにあたり、必要不可欠な知識である、ハウスメーカー、工務店、設計事務所の違いを、住宅専門FPがお伝えします。

前回は「注文住宅」と「マンション」、「注文住宅」と「企画住宅」の違いについて触れつつ、「注文住宅」の強みをお話しました。ひとくちに「家づくり」といっても、その進め方には大きな違いがあります。今回は、戸建新築を検討するうえで欠かせない、ハウスメーカーと工務店、設計事務所の違いについて、話をしていきます。

 

□建築会社選びの現状

実は、住宅相談で最も多い質問のひとつが、「ハウスメーカーと工務店の違いって何?」というものです。家づくりはいまや人生初にして最大の買い物となっており、どこの建築会社で家づくりをするかは、とても重要な問題です。

 

しかし、現在は、住宅展示場に出展している大手ハウスメーカーを中心に、建築会社選びを進めている人が圧倒的に多く、はじめから工務店、設計事務所を比較検討の選択肢に入れているケースはまれです。それはひとえに、情報量の格差からくる、知名度の差でしょう。多くの人が、知名度やブランドイメージ、値段を重視して建築会社を選んでいる実情があります。

ぜひ、このコラムをお読みの皆様は、ハウスメーカー、工務店、設計事務所の特徴を知ったうえで、建築会社選びを進めていただきたく思います。

 

 

□ハウスメーカー、工務店、設計事務所の違いとは?

現在、戸建住宅を供給する建築会社は、大きく分けて①ハウスメーカー②パワービルダー③工務店④設計事務所の4つにカテゴライズされます。

あくまで概略ですが、①ハウスメーカーは、誰もが知っている知名度抜群の大手を中心としたハウスメーカー、②パワービルダーは、特定地域に注力し、手頃な金額で多くの住宅を手掛ける新興ハウスメーカー、③工務店は大工や職人を中心とした、地域密着の建築会社、④設計事務所は、一級建築士が専門性を活かした設計をし、それを地場工務店が施工、という形態が一般的です。

それぞれのカテゴリーには、特徴がありますので、まずはその違いを見てみましょう。

 

○各カテゴリーの特徴

 

ハウスメーカーと工務店の特徴

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

あくまで私がこれまでの相談経験を踏まえて判断したものですが、各カテゴリーで、それぞれ特徴があるのがおわかりいただけると思います。

 

実際に、各カテゴリーの営業マンは、自社の強みとして、上記のような内容を熱心にプレゼンしています。大手ハウスメーカーであれば、会社と品質に対する安心感、パワービルダーであれば、コストパフォーマンスとわかりやすさ、という具合です。

 

一方、工務店や設計事務所の多くは、営業が得意ではありません。値段が高くても、こだわりの、いい家を作ります、というスタンスなので、どうしても想いや良さがお客様に伝わらず、結果的に営業力の差で他のメーカーに負けてしまうことも少なくありません。

 

なお、耐震性や耐久性など、家の性能に関しては、どのカテゴリーも、真摯に取り組んでいます。もちろん、どのレベルを目指すのかによって技術の差はありますが、どのカテゴリーも、国が定める基準はクリアできています。

どうか、「大手ハウスメーカーだから安心で、その他は安心ではない」という、誤った価値判断は避けていただきたいと思います。

 

□自分にあった建築会社の選び方

先述のとおり、住宅の性能については、各社改善に余念がなく、結果的に全体の性能が上がってきています。国土交通省も、新築住宅については厳しい基準を設け、性能の向上に努めています。

 

もちろん、しっかりお金を使い、とことん高性能な家づくりを追求するという価値観がある一方で、手頃なお金で、生活に支障のないレベルで、バランスのとれた家づくりをする価値観もあります。ポルシェであぜ道を走る必要があるのか、あぜ道を走るなら、軽トラでも十分ではないのか(…例えがヘタクソですみません…)という議論は、今後も続いていくものと思われます。

 

となると、これからはより一層、自分たちが家づくりに対し、どれだけの想い、価値観を持っているのかによって、建築会社を選ぶことが大切になります。こだわりの家づくりをしたい人が、企画住宅を手掛ける建築会社で家を建てても、満足できないでしょうし、コストパフォーマンスとわかりやすさを重視する人が、設計事務所や工務店にいっても、遅々として話が進まないでしょう。

 

住宅展示場に行く前に、まずは自分たちが家づくりに求めるものや価値観、そして身の丈にあった予算について、考えてみること。それが、これからの家づくりには欠かせないステップです。建築会社選びのその前に、確実にステップを踏んでいきましょう。
  • コメント: 0

関連記事

  1. 個人型確定拠出年金~今からでも遅くはない【2017年 第2回】

  2. 感想 その9 問8(問題27~30) 建築基準法・都市計画法という法令の規制)【2018年感想 その9】

  3. 年金を早くもらうか、遅くもらうか【2017年 第4回】

  4. お金がもどってくる制度【2014年 第4回】

  5. 転勤族の妻は努力が必要?【2015年 第1回】

  6. 食費と食品ロス【2013年 第3回】

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。