ビッグマック指数でみる為替変動【2009年 第 2 回】

【 2009年 第 2 】ビッグマック指数でみる為替変動  資産運用

 大山 潤(オオヤマ ジュン)

 

コラムのテーマとして、資産運用に役立ちそうな経済・時事に関する話題を扱っていますが、昨年までの担当させて頂いた地域別コラムを含めて、ほとんどが危機あるいはデフォルト話題のオンパレードになってしまっています。
現在の経済状況を考えれば、まあ仕方のないことかもしれませんが。

 

そこで今回は少し軽めの話題として、英エコノミスト誌が考案したビッグマック指数を取り上げて、最近の経済状況と為替の関係を見ていきます。

購買力平価説がベースのビッグマック指数

ビッグマック指数は、購買力平価説の考え方をベースとします。購買力平価説においては、為替レートは、それぞれの国の購買力の比率によって決定されるとされています。

例えば、1ドル100円の時に、ビックマックがそれぞれ、日本では280円、米では3.50ドルで販売されていたとすると、米でビッグマックを買うには350円が必要です。

そこで通貨の購買力が対等であるべきだと仮定すれば、米でも280円でビックマックを買える1ドル80円が、妥当な為替レートということになります。

2009年1月時点でのビッグマック指数に対するEconomist誌の指摘は以下3点

・前回調査時2008年7月と比較して、かなり割安であった円がフェアバリューに近づく。
 ビックマック指数におけるドル/円は、2.62から3.21へと+19.1%円高ドル安方向へ変動しました。

ただし、ビックマック指数(3.54ドルが基準値)においては、まだ円は安く、3.21÷3.54*90=82円がフェアバリューとなります。

・ポンドはドルに対してオーバーバリューだったが、アンダーバリューへ。
 前回調査時の4.57から3.33へと-27.1%ドル高ポンド安が進行しました。

・ユーロは、まだオーバーバリューではあるが、その差は著しく縮まっている。
 前回調査時の5.34から4.5へと-15.7%ドル高ユーロ安が進行しました。

 

 

 

 

 

ビッグマック指数には欠点も多い

そもそも購買力平価説は、為替レート決定要因の一つとして考えられる説であり、それだけで為替の動向を説明できるものではありません。

また記事に対するコメント欄にある、先進国と新興国におけるマクドナルドに対するステータスが異なる、という指摘はその通りだと思います。たとえば、月収に対するビッグマックの価格は、そもそも各国の経済状況で大きく異なるだろうということ。

それでも、各国の事情を読み取って、時系列にデータを比較してみることで、そこから学べることは多いなと感じます。

ちなみに、ヒンドゥ教徒が多数派のインドは、ビーフパテを用いるビッグマック指数には採用されていないのですね。

 

 

 

Economist.com:英エコノミスト誌

  • コメント: 0

関連記事

  1. リタイア後のお金の問題 その1【2009年 第9回】

  2. 田舎暮らしのホントのトコロ「田舎暮しはセカンドライフだけじゃない!」【2008年 第4回】

  3. DINKSへのアドバイス【2013年 第2回】

  4. 歴史から学ぶライフプラン&ファイナンシャルプランニング(3) 風雲児・織田信長から学ぶ “規制緩和≒既得権益との対決”【2014年 第3回】

  5. 任意後見の開始 【2014年 第5回】

  6. 横井規子 の『金融教育』現場リポート <大学生への金融教育>第9回パソコンやタブレットを活用して立てる!将来の生活設計

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。