ファイナンシャルプランナーなどの専門家ネットーワーク「マイアドバイザー」

コラム

若者&奥様のための「商品投資入門」

相談・スポットコラム 投資コラム 家計コラム 趣味・余暇コラム ライフプラン別コラム ケース別コラム エリア別コラム スポットコラム

コラム一覧

  • テーマ
    2012年 第12回  商品投資に係る税金について

    投資で利益が出ても、損失となっても忘れてはいけないのが税金の存在です。ひとくちに「商品投資」といっても、その税制は様々です。最終回となる今回は「商品投資に係る税金について」です。

    担当
    三次 理加
  • テーマ
    2012年 第11回 トラブル発生!どうする?

    「決済したいのに業者が受け付けてくれない」「こんな説明受けた覚えがない。。。」などなど、投資にはトラブルがつきもの。そんな時、どうしたらよいのでしょうか?

    担当
    三次 理加
  • テーマ
    2012年 第10回 ハイリスクな商品投資

    「とうもろこしが大変ですっっ!!!」
     突然、職場や自宅にこんな電話がかかってきた経験はありませんか?
     でも最近は、そのような電話もなくなってきたのではないでしょうか?

    担当
    三次 理加
  • テーマ
    2012年 第9回 商品ファンド

    商品ファンドとは、「投資家から集めた資金を一つにまとめ、運用の専門家が貴金属、エネルギー、農産物などの商品市場に分散して運用。その利益を投資家に分配する」という金融商品です。
    これだけを聞くと、「商品に投資する投資信託と同じでは?」と感じる方もいらっしゃるかもしれませんね。

    担当
    三次 理加
  • テーマ
    2012年 第8回 商品に投資する投資信託・後編

    今回は、商品に投資する投資信託の中で、証券取引所に上場され、売買されるETFについてご紹介しましょう。ETFは、上場株式同様に売買することができ、一部を除き、税制も上場株式と同様です。また、数千円から数万円程度と、少額から売買ができるため、比較的手軽な商品投資のひとつであるといえるでしょう。

    担当
    三次 理加
  • テーマ
    2012年 第7回 商品に投資する投資信託・前編

    私の記憶によれば、我が国で初めて「商品に投資する投資信託」が販売されたのは2004年暮れ。それは、大和証券のダイワ・コモディティ・インデックス・ファンド『ジム・ロジャーズ世界探検記』。最低申込金額は、500万円。当時、証券会社が商品を取り扱う、なんてことは全く想像できなかったので、とても驚いたことを覚えています。今回から2回にわけて、商品に投資する投資信託について紹介します。

    担当
    三次 理加
  • テーマ
    2012年 第6回 貴金属現物投資

    スイスには、子供が生まれると、毎年、誕生日に金貨を1枚購入してアルバムに貼り、成人の際にそのアルバムを手渡す、という風習があるそうです。金貨などのコイン、金地金(金塊、バー、インゴット)等への投資は、古くからある貴金属現物投資といえます。今回は、コインやバーなどの貴金属現物投資について紹介します。

    担当
    三次 理加
  • テーマ
    2012年 第5回 貴金属の積立投資

    貴金属積立投資ってなに?

    担当
    三次 理加
  • テーマ
    2012年 第4回 貴金属投資の基礎知識

    「24金」って何?前回、商品投資のメリットとして「信用リスクがない」ということを挙げました。「「Gold is Nobody's liability」(=金は誰の債務でもない)という言葉に代表される「ゴールド(金)」をはじめ「プラチナ(白金)」「シルバー(銀)」などの貴金属への現物投資は、「信用リスクがない」投資の代表といえるでしょう。そこで、今回から3回にわけて、これら貴金属現物投資の基礎知識について紹介します。

    担当
    三次 理加
  • テーマ
    2012年 第3回 商品投資のメリット・デメリット

    商品投資の「商品」って何?

    担当
    三次 理加
厳選されたFPや専門家達のコラム連載中!!一覧を見る

新着情報

2019.01.15
【講演会のご案内】
登録メンバーの 佐藤益弘氏 が、2月8日(金) に 毎日新聞主催 朝日新聞後援「今考えたい!後悔しない土地活用 賃貸住宅経営のリスクと対策セミナー」にて講演を行います。
2019.01.01
【新年のご挨拶】
2019年・・・あけましておめでとうございます。
今年も宜しくお願い致します。
マイアドバイザーもサイト誕生から14年(現在の体制になり12年目)になりました。
今年は元旦より、運営者である㈱優益FPオフィスの佐藤益弘氏が朝日新聞の誌上にてコメントをの弁させて頂いております。
今年のテーマは「変化」です。出来るだけ早く新たなフィールドに進めるよう精進しますので、ご期待下さい。
今年も変わらぬご愛顧をよろしくお願いいたします。
2018.12.29
【年末のご挨拶】
2018年・・・今年1年、マイアドバイザーをご愛顧いただき、誠にありがとうございました。感謝申し上げます。
今年はマイアドバイザーにとっては、熟考し、正直あまり動く事ができなかった一年でした。
そんな中、総PV(ページビュー)数が「4,000万PV」に達成し、また、閲覧総数(ユニークユーザー数)も700万人に達成することができました。
SEO対策などweb上の誘導施策を行わず、地道に「顧客利益優先」原則に基づき、実務家FPの活動をしてきて、12年。
登録者の入れ替わりが進む中、倫理面が重視される昨今の世の中で、多くのみなさんに支持頂いているようで、感謝の言葉しかありません。
そんなマイアドバイザーですが、来年以降も変わらぬご愛顧をよろしくお願いいたします。 また、来年!
マイアドバイザー運営者 株式会社優益FPオフィス 佐藤益弘

過去のコラム

My Adviserについて

インフォメーション