地域別 専門家マッチングサイト My-Adviser.jp


【全国の登録アドバイザー(専門家)検索】
ご依頼の流れ(企業様向け)
ご依頼・お問い合わせ

 相談コラム 北海道・東北

執筆者: 恩田 雅之 氏
恩田 雅之 氏の『相談コラム』一覧
恩田 雅之 氏の『フリーコラム』一覧
第15回 増やす その1(インカム、キャピタル、為替について)
●相談者 Yさん(45歳) 女性/既婚 

●相談内容
 子育てもそろそろ終わりに近づき、夫婦の老後資金について考える余裕が出てきました。
 今までは、預貯金オンリーで、株や投資信託などの経験はありません。
 ただ、現在の預貯金の金利には不満を感じています。少し資産運用を考えています。
資産運用を始める前の予備知識として何が必要ですか?

恩田 雅之 氏
個人プロフィールページ

●回答
 まずは、株、債券などの金融商品がどのように収益を上げているか。また、預貯金との違いを理解しておきましょう。

 国内の資産で運用した場合は、収益の上げ方は大きく2つあります。

1つ目は、利子収入や配当収入などで「インカムゲイン」と呼ばれています。

2つ目は、元本の値上がりにより得ることができる「キャピタルゲイン」になります。
ただし、元本が値下がりすることもあります、これを「キャピタルロス」といいます。
海外で運用する場合には、上の2つに加えて「為替」の変動で儲かったり、損したりします。


それでは、インカムゲイン、キャピタルゲイン(キャピタルロス)、為替のそれぞれの特徴をみていきましょう。

預貯金の利息や国債など債券の利子、株式の配当などが「インカム」と呼びます。
「インカムゲイン」の多い少ないあるいは「ゼロ」ということはありますが、「マイナス」になることはありません。「インカムロス」が無いことが「インカム」の特徴です。

「キャピタル」とは資本のことです。ここでは、元本と考えて下さい。
最初のところでも触れましたが、株や国債などの債券には購入した時の元本が日々上がったり、下がったりします。それによって、儲かったり(キャピタルゲイン)、損したり(キャピタルロス)します。「キャピタル」の場合は「インカム」と違いマイナスになることがあります。


為替については、外貨預金を例に説明します。

仮に、1ドル=100円の時、100万円分ドルを購入したとします。話を簡単にするためにここでは、為替を交換する時にかかる手数料を考慮しないで説明を進めます。

この時は、100万円で1万ドル購入できます。その後、1ドル=110円になったとしますと、円に換算しますと110万円になり、10万円プラスです。また、1ドル=90円の時は、円換算で90万円になり、10万円マイナスです。一般的に、円安はプラス、円高はマイナスに働きます。


上記3つ「インカム」、「キャピタル」、「為替」のトータル収益を式で表しますと、

(国内で運用の場合は)
インカムゲイン ± キャピタルゲイン(キャピタルロス)=トータルの収益

(海外で運用する場合は)
インカムゲイン ± キャピタルゲイン(キャピタルロス)± 為替 =トータルの収益

になります。


上の式を「預貯金」の場合で考えて見ますと、
「インカムゲイン」が利息にあたります。「キャピタルゲイン」は元本が変動することで得られる儲けになります。預貯金は元本保証なので「キャピタルゲイン」は「ゼロ」です。逆に、「キャピタルロス」も「ゼロ」になります。

為替につきましては、円で運用していますので、他の国の通貨と比べる必要がありません。儲けも損もありません。

預貯金は、「インカムゲイン」以外の「キャピタル」、「為替」の部分で変動がない金融商品と理解しておくと、他の金融商品との比較がしやすいかと思います。
それ点が、預貯金が他の金融商品に比べて、安全性が高いと言われる理由になります。


預貯金以外の金融商品は、「インカム」以外の「キャピタル」や「為替」の部分でも儲けが期待できます。「キャピタル」や「為替」の部分がプラスに働けば、預貯金に比べて大きい儲けが得られます。逆に「マイナス」に働けば、預貯金では発生しない損が出てしまいます。


資産運用を始める前の予備知識として、運用する金融商品がどのような方法(インカム、キャピタル、為替)で儲けを出すのか知っておきましょう。そして、「インカム」以外は、プラス・マイナスがあることも理解しておきましょう。
恩田 雅之 氏の『相談コラム』一覧
恩田 雅之 氏の『フリーコラム』一覧
ご依頼の流れ(企業様向け)

ご依頼・お問い合わせ

「企業向け業務」は(株)優益FPオフィスが取り纏めさせていただきます。
お探しの条件・ご希望などをお申し付けください。


CopyRight 株式会社優益FPオフィス Rright Reserverd. 2010