地域別 専門家マッチングサイト My-Adviser.jp


【全国の登録アドバイザー(専門家)検索】
ご依頼の流れ(企業様向け)
ご依頼・お問い合わせ

 相談コラム 北海道・東北

執筆者: 恩田 雅之 氏
恩田 雅之 氏の『相談コラム』一覧
恩田 雅之 氏の『フリーコラム』一覧
第13回 貯める 3つの財布を活用
●相談者 Aさん(24歳) 男性/独身
●相談内容
 新聞で「国が負担する年金の財源が枯渇している。」といった内容の記事がありました。
今までは、年金についてあまり関心なく過ごしていました、少し不安になります。
将来に向けて、どんな準備が必要になりますか。

 (収入)21万円(手取り)/月 
 (支出)生活費17万円/月 
 (預金)30万円

恩田 雅之 氏
個人プロフィールページ

●回答
 Aさんが心配されている年金の国の負担のことについて、最初に説明いたします。
平成16年に年金制度改正法が成立した時に、年金制度を安定させるために従来は年金(基礎年金)で国が負担する割合1/3を21年度から1/2に引き上げるになりました。

 平成21年、22年度は、霞が関埋蔵金などで引き上げて分を手当てしていたのですが、その埋蔵金も枯渇してしまいました。財務省は1/3に戻す案を出しましたが、1/2の国の負担を継続する方向で調整し、新たな財源を探しています。
現在は、安定した財源を確保できていません。(2010年12月10日現在)

 現在の年金制度では、Aさんの年金支給年齢は65歳からになります。
Aさんの年齢(24歳)から計算しますと41年後になります。
かなり将来の事なので今後どうなるのか、予想がつきません。

今、Aさんが準備できることは、「お金を貯める」ことです。
お金を貯める時には、財布を3つに分けましょう。

「1つ目の財布」には、万一の場合に必要な生活費。
「2つ目の財布」には、使う予定がはっきりしているお金。
「3つ目の財布」には、増やすためのお金。

 3つの財布の使い方は、その人の、預貯金の状況や住宅を持っているか否か、株や債券などの金融資産を保有している状況により違ってきます。

 Aさんの場合ですと、まずは「1つ目の財布」には、万一の場合に安心できるだけのお金を貯めましょう。安心のレベルは人それぞれですが、一般的に月の生活費の6か月〜12か月分くらいと言われています。

Aさんの場合は、生活費は月17万円をベースに計算しますと、17万円×6か月=102万円になります。現在の預金が30万円ですから、102万円−30万円=72万円を最初の目標にしましょう。

Aさんの年収は、21万円×12か月=252万円。
生活費の支出は17万円×12か月=204万円。
差し引きして48万円になりますが、急な出費もあるかと思います。
毎月2万円、年間24万円の預金を目標にして3年計画で準備されてはいかがですか。

また、「1つ目の財布」にお金を貯めている時でも、「2つ目の財布」で使う予定のもの(テレビやクルマ、住宅など)についてリストアップし、時々見直しを行いましょう。

「1つめの財布」は目標金額を決定し易いのですが、「2つ目の財布」、「3つ目の財布」は、その人の考え方や欲しいもの等によってかなり変化します。
「2つ目の財布」のリストアップの違いによって、「3つ目の財布」に回せる資金が変わってきます。リストアップは慎重に行いましょう。

また、「1つ目の財布」も、その時々の生活スタイル(結婚や子育て、老後)によって必要な金額が変わってきます。
ライフスタイルの変化によって見直しを掛けて行きましょう。
 
 最後に、60歳の時に「3つ目の財布」に入っていると安心できる金額は、2000万円と言われています。「3つ目の財布」をうまく活用するためには、金融や投資の知識が必要になります。
自分の金融知識をスキルアップするために、今から、少しの資金(毎月1万円)を投資してみるのも、1つ選択肢になります。
恩田 雅之 氏の『相談コラム』一覧
恩田 雅之 氏の『フリーコラム』一覧
ご依頼の流れ(企業様向け)

ご依頼・お問い合わせ

「企業向け業務」は(株)優益FPオフィスが取り纏めさせていただきます。
お探しの条件・ご希望などをお申し付けください。


CopyRight 株式会社優益FPオフィス Rright Reserverd. 2010