地域別 専門家マッチングサイト My-Adviser.jp


【全国の登録アドバイザー(専門家)検索】
ご依頼の流れ(企業様向け)
ご依頼・お問い合わせ

 相談コラム 北海道・東北

執筆者: 恩田 雅之 氏
恩田 雅之 氏の『相談コラム』一覧
恩田 雅之 氏の『フリーコラム』一覧
第2回 老後のことを考えて資産運用を始めていきたい
●相談者 Yさん

●家族構成 Yさん(48)会社員、妻(47)パート、長男(19)大学生

●相談内容
 教育費の心配が無くなってきたので、そろそろ夫婦の老後を考えて資産運用を始めて
 いきたいと考えています。今まで預金、貯金以外の資産運用の経験がありませんので、何をどう始めたらいいのか、わからなかったので相談にきました。

恩田 雅之 氏
個人プロフィールページ
●収支表
  【月の収入】
 Aさん 手取り     28万円    ボーナスは年間で   80万円
 妻   手取り    7万円
(収入合計     35万円)
【月の支出】
 食費  5万円    生命保険料年払い   30万円
 光熱費      3万円
 教育費      3万円
 住居費      8万円
 通信費     1.5万円
 夫小遣     2.5万円
 妻小遣      1.5万円
 雑費     5.5万円
 貯蓄      5万円
(支出合計     35万円)
【貯蓄】
 普通預金    350万円
 定期預金    800万円

●回答
 資産運用を始めるには、実際の余裕資金がいくらぐらいあるか、把握してから始めて行いくようにしましょう。

まずは、貯蓄を3つ分けることからスタートしましょう。
1.生活費の予備資金 
2.5年以内に使う予定がある資金 
3.5年以上使う予定が無い資金 
と貯蓄を3つに分けます。

1. 生活費の予備資金
Yさんの毎月の支出は、貯蓄を除くと30万円になります。万が一、Yさんが怪我や病気で働けなくなった場合を考えて、予備の生活資金として6ヵ月分〜12カ月はすぐに引き出せる預金で用意しておきましょう。

Yさんの場合は、
30万円×6か月=180万円から
30万円×12か月=360万円になります。

2. 5年以内に使う予定の資金
5年以内に使う予定にしている資金の金額を把握します。例えば、車の買い替えですとか、リフォーム代などがそれにあたります。Yさんは3年後に車の買い替えを予定していましたので、購入金額として300万円準備することにします。

3. 5年以上使う予定が無い資金
Yさんの場合 5年以上使う予定の無い資金は、
670万円(=350万円+800万円−180万円−300万円)から 
490万円(=350万円+800万円−360万円−300万円)までの間の資金が投資に回せる資金になります。

最後に投資に回せる資金を、どのくらいの利回りで運用していくかを考えていきます。
仮に、Yさんが余裕資金500万円を老後ための資金作りとして運用に回し、年利回り3%ぐらいを目標とした場合の運用の仕方として3つほど例を挙げます。

1. 1種類の金融商品で運用する。
500万円を年3%の利回りが期待できる金融商品に投資する。

2. 2種類の金融商品で運用する。
300万円を金利0.1%の定期預金で運用し、残り200万円を8%の利回りが期待できる金融商品に投資する。
トータルの利回りは16.3(0.3+16)万円÷500万円×100=3.26%になります。

3. 3種類の金融商品で運用する。
200万円を金利0.1%の定期預金で運用、100万円を利回り1.3%の国債で運用、残り200万円を7%の利回りが期待できる金融商品で運用する。
トータルの利回りは、15.5(0.2+1.3+14)万円÷500万円×100=3.1%になります。

2.3.は複数の金融商品に分散することで、価格の変動による利回りの変動を低く抑える分散効果が期待できます。
 
実際に必要な利回りを知るには、Yさんご夫婦の老後に必要な金額のうち、公的な年金でカバーできない部分の金額を知ることが必要になります。

必要な利回りを把握できたら、具体的にYさんに合った金融商品を探しましょう。また、逆に具体的な金融商品から検討を始めること


恩田 雅之 氏の『相談コラム』一覧
恩田 雅之 氏の『フリーコラム』一覧
ご依頼の流れ(企業様向け)

ご依頼・お問い合わせ

「企業向け業務」は(株)優益FPオフィスが取り纏めさせていただきます。
お探しの条件・ご希望などをお申し付けください。


CopyRight 株式会社優益FPオフィス Rright Reserverd. 2010