ファイナンシャルプランナーなどの専門家ネットーワーク「マイアドバイザー」

コラム

小松 英二コラム一覧
⇒プロフィール

[生活に欠かせない持ち物!これからどうなるの?] 2016年 第6回 お金の変化!お札による支払いからキャッシュレス社会へ

このところ、スマートフォンのアプリを使ったモバイル決済などFintech(フィンテック)関連の話題が増えてきました。使っている人は、まだ、それほど多いとは言えませんが、フィンテックの台頭により「お札」離れが進み、日常生活が変わろうとしています。 ⇒本文はこちら

[日米欧・金融政策の最新事情と展望] 2016年 第7回 日銀検証!インフレ率2%が達成できないワケ

日銀は2016年9月の金融政策決定会合でこれまでの金融緩和政策の効果について「総括的な検証」を行い、それを踏まえて「長短金利操作付き量的・質的金融緩和」と称する新たな枠組みを導入しました。今回は日銀検証で展開された、インフレ率2%が達成できない理由(ワケ)を取り上げます。 ⇒本文はこちら

[生活に欠かせない持ち物!これからどうなるの?] 2016年 第5回 お顔の一部“メガネ”とITの融合

視力の補正、目の保護、アクセサリーなど多面性を持つメガネ!そのメガネがIT技術と融合しようとしています。今回はメガネを取り巻く変化を見ていきましょう。 ⇒本文はこちら

[日米欧・金融政策の最新事情と展望] 2016年 第6回 日銀のETF購入増額の狙いと効果・副作用

日銀の金融緩和は「3次元緩和」と呼ばれています。2013年に始まった異次元金融緩和は、質(資産購入によるマネタリーベースを増やす)と量(ETF、J-REITなどのリスク性資産を購入する)の2次元で展開されましたが、新たにマイナス金利が加わったことで3次元となりました。その3次元のひとつ「質」の追加緩和が7月の金融政策決定会合で決まりました。上場投資信託(ETF)のETF買入れを増額するものです。今回はその狙いと効果・副作用を取り上げます。 ⇒本文はこちら

[生活に欠かせない持ち物!これからどうなるの?] 2016年 第4回 「紙をめくる」それとも「指を滑らす」本の未来を考える

移動で使う電車やバスの中は「使い方フリー」の空間。瞼を閉じて休めている人、音楽を聞く人、語らう人々などさまざま。その空間で本を読む人も少なくありません。ただ、その読み方にも変化が。単行本や雑誌など紙の媒体から、スマホ画面などの読書に大きくシフトしつつあります。今回は「紙の媒体VS電子媒体」の視点で本を取り上げます。 ⇒本文はこちら

[日米欧・金融政策の最新事情と展望] 2016年 第5回 英国のEU離脱により急落した英ポンド

英国で行われた欧州連合(EU)残留・離脱を問う国民投票は、離脱派勝利といったまさかの結果を残しました。事前予想では残留が濃厚との報道が伝わっていましたのでその反動は大きく、世界規模で金融市場に動揺が広がりました。とりわけ英ポンドは1985年以来の水準まで急落し、ユーロなど他の欧州通貨も全般的に売られました。今回は、注目される英ポンドや、中央銀行であるイングランド銀行の動向を見ていきます。 ⇒本文はこちら

[生活に欠かせない持ち物!これからどうなるの?] 2016年 第3回 快適な自転車移動!潜むリスクに備える

私たちの生活を取り巻く“持ち物”シリーズは「自転車」を取り上げます。省エネや健康生活の面から見直されている自転車ですが、自転車同士や歩行者との衝突事故をめぐるトラブルが少なくありません。相手に取り返しのつかないケガをさせると、高額な賠償が命じられることもあります。今回は、こうしたリスクへの備えにスポットを当てていきます。 ⇒本文はこちら

[日米欧・金融政策の最新事情と展望] 2016年 第4回 円高圧力!米財務省から為替の監視対象とされた日本円

日銀が4月28日に金融緩和の現状維持を決定したことで追加緩和をほぼ織り込んでいた金融マーケットはネガティブに反応し、株安、円高が進みました。そして翌日に米国の財務省が公表した半期為替報告書の内容は、日本を為替の監視対象に認定するもので、円買いを加速させました。報告内容や背景・影響などを見ていきます。 ⇒本文はこちら

[生活に欠かせない持ち物!これからどうなるの?] 2016年 第2回 持ち家VS賃貸!選ぶための視点

私たちはさまざまな“持ち物”に囲まれていますが、最も高額なものは何といっても「家」です。その住まい方は、これまで「持ち家」中心でしたが、徐々に「賃貸」を検討する人も増えています。背景には、土地は必ず値上がりするという「土地神話」が崩れ、所有へのこだわりが薄れていることがあります。大きな選択肢となる持ち家と賃貸!メリットとデメリットを見ていきましょう。 ⇒本文はこちら

[日米欧・金融政策の最新事情と展望] 2016年 第3回 日銀のマイナス金利が抱える3つの危うさ

2月16日から日銀のマイナス金利がスタートしました。黒田日銀総裁は、マイナス金利により金融機関の融資が増え、個人や企業のリスクを取った投資行動が活発化することを期待したいとしています。しかしながらマイナス金利が続き、さらにマイナス幅の拡大に踏み込めば、期待される効果を打ち消す副作用も懸念されます。今回は、マイナス金利が抱える3つの危うさ(副作用)を見ていきましょう。 ⇒本文はこちら

⇒相談・スポットコラム一覧へもどる

厳選されたFPや専門家達のコラム連載中!!一覧を見る

新着情報

2021.07.01
【運営会社:優益FPオフィス HP改正 】
諸事情があり、しばらくお休みをさせて頂いている マイアドバイザー® ですが、運営会社である 優益FPオフィスのHPが改正されましたので、ご報告致します。   https://www.you-eki.co.jp/   引き続き、宜しく御願い致します。
2021.01.01
【新年のご挨拶】 2021年・・・あけましておめでとうございます。 今年も宜しくお願い致します。 マイアドバイザーもサイト誕生から16年(現在の体制になり14年目)になりました。 2016年より諸事情により活動を自粛しておりますが、相変わらず新形コロナ禍が収まる気配がありません。事務局である優益FPオフィスもオンライン対応となっております。新たなフィールドに進むまで、もう少しの辛抱です。状況を見て、判断させて頂きます。 今年も変わらぬご愛顧をよろしくお願いいたします。
2020.01.01
【新年のご挨拶】 2020年・・・あけましておめでとうございます。 今年も宜しくお願い致します。 マイアドバイザーもサイト誕生から15年(現在の体制になり13年目)になりました。 2016年より諸事情により活動を自粛しておりますが、新しい感染症が猛威を振るいそうな勢いですので、ご自愛ください。 出来るだけ早く新たなフィールドに進みたいと考えていますが、状況を見て、判断させて頂きます。 事務局である優益FPオフィスも新しい体制に徐々に移行していく予定です。 今年も変わらぬご愛顧をよろしくお願いいたします。

過去のコラム

My Adviserについて

インフォメーション