ファイナンシャルプランナーなどの専門家ネットーワーク「マイアドバイザー」

コラム

 

相談・スポットコラム 投資コラム 家計コラム 趣味・余暇コラム ライフプラン別コラム ケース別コラム エリア別コラム スポットコラム

コラム一覧

  • テーマ
    2016年 第11回 柳井正とユニクロ(前編)

    こんにちは。山口県のファイナンシャルプランナー、上津原と申します。今回は、世界トップクラスのアパレル製造小売業、ファーストリテイリングの柳井正氏について、2回にわたって取り上げたいと思います。以前あった高額納税者番付では、柳井正氏は広島国税局管内で第一位の納税額でした。所得の多くは巨額の株式配当です。今でこそ世界に名だたる会社ですが、今から40年前は2店舗だけの小さな会社でした。山口県宇部市のユニクロには「Men’s Shop OS」(OSは小郡商事の略称)と書かれた備品がある店舗があり、40年前の姿を垣間見ることができます。

    担当
    上津原 章
  • テーマ
    2016年 第11回 個人型確定拠出年金(iDeCo)は理解して使おう-前半:制度内容編

    来年1月から個人型確定拠出年金(以下、iDeCo:イデコ)は制度改正により、利用対象者が拡げられることで注目されています。これまで一部の人しか利用できなかった制度が、新たに専業主婦や公務員、企業年金のある会社員(一部除く)も加入できるようになります。iDeCoは老後資金を積み立てる有効な手段ですが、注意点もあります。当月のコラムでは前編として制度の内容を、来月は後編として複数のケースで具体的な運用、受け取りの流れをつかんでいきましょう。

    担当
    松原 季恵
  • テーマ
    2016年 第6回 のびている日本の平均寿命

    どこの保険会社でも医療保険やがん保険等のパンフレットでは、保障の必要性をわかりやすくしたり保障内容を選びやすくしたりするために、いろいろな統計を使って説明しています。どれも保障を考える上でとても役立つ情報なので、その中から特に重要な統計を取り上げ、さらに詳しくみていきたいと思います。

    担当
    松浦 建二
  • テーマ
    2016年 第7回 日銀検証!インフレ率2%が達成できないワケ

    日銀は2016年9月の金融政策決定会合でこれまでの金融緩和政策の効果について「総括的な検証」を行い、それを踏まえて「長短金利操作付き量的・質的金融緩和」と称する新たな枠組みを導入しました。今回は日銀検証で展開された、インフレ率2%が達成できない理由(ワケ)を取り上げます。

    担当
    小松 英二
  • テーマ
    2016年 第2回 低収入介護職の方の相談事例 その2

    優益FPオフィスの日々の相談業務の中から、「相談にかける想い」として相談事例をご紹介します。 今回は、前回の続きで低収入介護職の方の2回目相談です。

    担当
    中村 真佐子
  • テーマ
    2016年 第11回 自営業の方の相談事情とポイント

     第10回では職業別FP相談事情とポイントの3回目として、経営者の方を取り上げてご紹介しました。今回はその4回目として自営業の方の相談事情とポイントを、私が感じていることも加味して2点に絞りご紹介したいと思います。規模や業種、家族構成や年代によって相談内容は異なりますが、どのような相談が多いのでしょうか?

    担当
    長谷 剛史
  • テーマ
    2016年 第5回 日本の石油 ~臭水~

    「海賊とよばれた男」は、石油を武器に世界と戦った日本人を描いた歴史経済小説。 皆さんもご存知の通り、日本は、原油のほとんどを輸入に頼っています。しかし、日本でも原油が採れることをご存知ですか?

    担当
    三次 理加
  • テーマ
    2016年 第10回 柏木幸助と水銀体温計

    こんにちは。山口県のファイナンシャルプランナー、上津原と申します。今回は、日本初の留点体温計を製造した柏木幸助氏を取り上げたいと思います。体温計は、今でこそ体温を数字でお知らせする電子体温計が一般的ですが、一昔前は細いガラス管の中に水銀が入っていた体温計が使われていました。体温が上がると水銀柱が伸びて、その長さを目盛りで測ることで体温がわかる仕組みです。水銀柱の長さは体温計を体から離しても変わらないため、一目で体温を知ることができます。その反面、体温計を振るなどして水銀柱を遠心力で元の長さへ戻す必要があります。今日にも通用する技術が130年余り前からあったのですね。

    担当
    上津原 章
  • テーマ
    2016年 第10回 教育資金の上手な準備の方法

    前回は教育資金に必要な金額を見ていきました。では、さまざまな支出が多いなか教育資金まで準備するにはどのようにしたら良いのでしょうか。前もって計画的にしておけば、いざというときに慌てずにすみます。教育資金の上手な準備の方法をお伝えします。

    担当
    松原 季恵
  • テーマ
    2016年 第5回 万一に備えて知っておきたい 遺族年金

    公的年金制度には、加入者が万一の場合、遺族の生活をカバーする遺族年金制度があります。 給付される遺族年金の種類は、自営業やフリーターなど(第1号被保険者)、会社員や公務員など(第2号被保険者)、働き方により異なります。遺族年金は、民間の生命保険に加入する時に必要な保険金額を決めるためのベースになります。しっかりと、遺族年金の内容について押さえておきましょう。

    担当
    恩田 雅之
厳選されたFPや専門家達のコラム連載中!!一覧を見る

新着情報

2021.07.01
【運営会社:優益FPオフィス HP改正 】
諸事情があり、しばらくお休みをさせて頂いている マイアドバイザー® ですが、運営会社である 優益FPオフィスのHPが改正されましたので、ご報告致します。   https://www.you-eki.co.jp/   引き続き、宜しく御願い致します。
2021.01.01
【新年のご挨拶】 2021年・・・あけましておめでとうございます。 今年も宜しくお願い致します。 マイアドバイザーもサイト誕生から16年(現在の体制になり14年目)になりました。 2016年より諸事情により活動を自粛しておりますが、相変わらず新形コロナ禍が収まる気配がありません。事務局である優益FPオフィスもオンライン対応となっております。新たなフィールドに進むまで、もう少しの辛抱です。状況を見て、判断させて頂きます。 今年も変わらぬご愛顧をよろしくお願いいたします。
2020.01.01
【新年のご挨拶】 2020年・・・あけましておめでとうございます。 今年も宜しくお願い致します。 マイアドバイザーもサイト誕生から15年(現在の体制になり13年目)になりました。 2016年より諸事情により活動を自粛しておりますが、新しい感染症が猛威を振るいそうな勢いですので、ご自愛ください。 出来るだけ早く新たなフィールドに進みたいと考えていますが、状況を見て、判断させて頂きます。 事務局である優益FPオフィスも新しい体制に徐々に移行していく予定です。 今年も変わらぬご愛顧をよろしくお願いいたします。

過去のコラム

My Adviserについて

インフォメーション