地域別 専門家マッチングサイト My-Adviser.jp


 家計コラム “終わり”ではない「エンディングノート」

執筆者: 高原育代 氏 近畿エリア登録

高原 育代 氏
個人プロフィールページ
2010年 第12回 エンディングじゃないノートだからこそ、今を大切にC〜自分の「生活」を「時間」の切り口でふり返る
 年末間近なこの時期、店頭にはさまざまなスケジュール帳が並んでいます。あまりにも種類が多すぎて来年の一冊がなかなか決まらない…という場合、自分が時間をどう過ごしているのか、「年単位」「週単位」でふり返ってみるとよいかもしれません。
 本文はコチラ


2010年 第11回 エンディングじゃないノートだからこそ、今を大切にB〜自分の「“未来”の身体」に関すること
 ノートにまとめる自分の身体に関する記録を中心とする情報に加え、さらに前向きに「“未来”の自分」と向き合うためにノートを活用してみてはいかがでしょうか。
 本文はコチラ


2010年 第10回 エンディングじゃないノートだからこそ、今を大切にA〜自分の「身体」に関すること
   自分自身を振り返るといえば、まずは「身体」から。自分の身体に関する情報を客観的に振り返り、これからの健康管理に役立てることは大切です。

 本文はコチラ


2010年 第9回 エンディングじゃないノートだからこそ、今を大切に@〜「私の『今』編」
   今のあなたを“棚卸”をするために、「身体」「生活」「財産」の3つの切り口で自分を整理してみることをおすすめします。
 本文はコチラ


2010年 第8回 認知症の予防・介護の場面でも役に立つA〜「本人本位」のケアをしてあげる、してもらうために…
  自分自身の“棚卸”をしたものが書き記してあると、認知症など介護が必要になった時にも役に立ちます。
 本文はコチラ


2010年 第7回 認知症の予防・介護の場面でも役に立つ@〜“自分の棚卸”は手軽にできる「回想法」
 過去の懐かしい記憶をふり返ったり、誰かとその思い出を話したりすることが脳の刺激になり、認知症の予防に効果があるという「回想法」をご存知でしょうか。
 本文はコチラ


 2010年 第6回 「時間軸」という切り口で自分と向き合うA〜「私の『これまで』」編
  あなたの「一番のお気に入り」はどんなものですか?本当に気に入っているものは、単なる「もの」としてだけではなく、自分のエネルギーを取り戻してくれる“不思議な力”があるのかもしれません。
 本文はコチラ


2010年 第5回 「時間軸」という切り口で自分と向き合う@〜「私の『これまで』」編
 とにかく「書き始める」ために、まずは書きやすい≪自分のプロフィール≫からスタート。次に≪思い出≫という観点から、自分が歩んできた道をふり返ってみると意外な気づきがあるかもしれません
 本文はコチラ


2010年 第4回 「ハッピーライフ」は自分ひとりのものではありません
 ノートを書く目的は、自分のためだけではなく、自分を支えてくれる大切な人たちへのメッセージでもあるのです。
 本文はコチラ


2010年 第3回 自分を見つめることが「ハッピーライフ」の第一歩
 過去・現在・未来という「時間軸」に沿って自分をふり返るとともに、「もしも」に備えておくことができる「ハッピーライフノート」を書いてみませんか?
 本文はコチラ


2010年 第2回 「ハッピーライフ」のための“自分の棚卸”をしてみませんか?
 「エンディングノート」というと抵抗があるかもしれません。これから先もハッピーに過ごしていくための“自分の棚卸”をするためのノートならどうでしょうか?
 本文はコチラ


2010年 第1回 少し早めの「ワタシ整理ノート」を
 「エンディングノート」をご存じでしょうか。すべての人にいつかは訪れる「もしも」に備えて、自分らしく安心して生きるための「記録」と「思い」を書き綴るためのノートです。
 本文はコチラ


他のアドバイザー執筆コラムはトップページからご覧ください



CopyRight 株式会社優益FPオフィス Rright Reserverd. 2007-2010