地域別 専門家マッチングサイト My-Adviser.jp


 テーマ別コラム 子供とお金

執筆者: 高原育代 氏 近畿エリア登録

高原 育代 氏
個人プロフィールページ
2009年 第12回 【金銭教育その18】
     若者の消費者トラブルD〜備えあれば憂いなし!
 誰だって自分や家族がトラブルに遭遇するとは思いたくないものです。でも、いざという時になって慌てたり、一人で悩んだりしないよう、万一の際に助けを求めるための相談窓口を知っておくと安心です。
 本文はコチラ


2009年 第11回 【金銭教育その17】
     若者の消費者トラブルC〜民法の成年年齢が引き下げられる?
 現在の民法では、18歳・19歳は未成年ですが、この「成年年齢」が18歳へ引き下げられる議論についてご存じでしょうか。
 本文はコチラ


2009年 第10回 【金銭教育その16】
     若者の消費者トラブルB
    〜子どもが勝手にネットショッピング!親はどうする?
 携帯やインターネットの普及年齢が下がり、未成年者でも簡単に買い物(契約)することができるようになってきています。
 本文はコチラ


2009年 第9回 【金銭教育その15】
     若者の消費者トラブルA
    〜「未成年者取消し」は万能ではない!
 消費者トラブルから守るための“切り札”である「未成年者取消し」といえども、万能ではありません。
 本文はコチラ


2009年 第8回 【金銭教育その14】
     若者の消費者トラブル 〜未成年者契約の取消し
 消費者トラブルに巻き込まれる若者は後を断ちません。消費生活センターに寄せられる若者の相談件数が急増する年齢があるのをご存じでしょうか?
 本文はコチラ


2009年 第7回 【金銭教育その13】
     子どもの教育費をどう考えるかA
 子どもの教育費の負担は、幼児期の習い事などからスタートして、最大のヤマ場となるのが、大学生の頃。特に、自宅外通学ということになるとさらに大変です。
 本文はコチラ


2009年 第6回 【金銭教育その12】
     子どもの教育費をどう考えるか@
 子どもの教育費の負担は、厳しい経済状況の家計にとってさらに大きなものとなっています。親として準備していく必要があるのは、本当に「教育資金を貯めること」だけなのでしょうか?
 本文はコチラ


2009年 第5回 【金銭教育その11】
     修学旅行と“こづかい”
 修学旅行の楽しい思い出のひとつとなる「買い物タイム」。定期的なこづかい制度を始めていないご家庭でも「お金の使い方」を子ども達が楽しく学べるチャンスです。
 本文はコチラ


2009年 第4回 【金銭教育その10】
    「定額給付金」のこと、ぜひ、子どもと話してみてください!
 さまざまな話題を振りまいた末、ついに支給が開始された「定額給付金」。ぜひご家庭でこのお金について話し合ってみてくださいね。
 本文はコチラ


2009年 第3回 【金銭教育その9】
    受験や入学シーズン!いただいた「お祝い」はどうしています?
 受験シーズンもそろそろ終盤戦…。そして、春本番を前に、卒業・入学のお祝いごとの多い時期になりました。新しい生活へと進む子どもたちに、周囲の大人から「お祝い」の気持ちを頂くことも多いですね。
 本文はコチラ


2009年 第2回 【金銭教育その8】
    「お年玉調査」の結果から〜「お年玉」に関して思うこと
 毎年このシーズンになると、お正月に子ども達がもらった「お年玉」に関する調査結果が報道されます。その結果をみなさんはどんな風に受けとめておられるのでしょうか…。
 本文はコチラ


2009年 第1回 【金銭教育その7】
    子どもに“保険”の話もしていかなくちゃ…
 子どもが「保険」にふれるのはどんなときでしょうか? 病院にかかるときに窓口で提示するもの…「健康保険証」について、子どもと話しておくことは大切だと思います。
 本文はコチラ


他のアドバイザー執筆コラムはトップページからご覧ください



CopyRight 株式会社優益FPオフィス Rright Reserverd. 2007-2010