地域別 専門家マッチングサイト My-Adviser.jp


 マンション管理コラム

執筆者: 株式会社優益FPオフィス 佐藤 益弘 氏

個人プロフィールページ
第1回 「マンション管理は誰がする?」
 ひと昔前までマイホームといえば誰もが一戸建てを想像したものですが、価格面や設備の充実、さらに21世紀に入ってからはタワー物件などマンション人気が続いています。平成18年末にその数およそ500万戸となり、全国平均では10世帯に1世帯はマンション暮らしをしている計算になります。こうして見るとすっかり定着した住まい形態といえますが、一方で戸建にはない様々な問題を抱えているのも事実です。・・・  本文はコチラ

第2回「管理組合運営のためのポイント」
 「管理が行き届いている」とは「気持ちよく生活できること」であることは前回ご説明しましたが、快適な住環境を維持するには管理組合がしっかり機能していることが不可欠です。
 
・・・本文はコチラ

第3回「管理会社との正しい付き合い方」
 国土交通省が行う「マンション総合調査(平成15年度)」で“管理会社への委託状況”を見てみると、86.4%の管理組合が全部または一部を管理会社に業務委託しているようです。一方、自主管理の割合はわずか7.7%しかないことから、管理会社への委託度の高さが伺えます。と、言うことはマンション管理をうまく行うには、良い管理会社を見つけるとともに、業者と上手にお付き合いしていくことが重要になります。
 ・・・本文はコチラ


第4回「マンション管理のルールを知っていますか」
 「上下階の騒音」「駐車場問題」「ペット飼育」は、集合住宅における3大トラブル〜3P〈ピアノ・パーキング・ペット〉〜と言われています。
 ・・・本文はコチラ


第5回「管理組合運営のためのポイント」
 不透明な時代を迎え、自分自身の資産(財産)を管理する大切さを切々と感じられていると思います。マンション管理組合の「資産(財産)」というと・・・一般の会社と同じように「人」「モノ」「お金」に分けられるでしょう。1つずつ見ていきましょう。
 ・・・本文はコチラ

第6回「頭の痛い滞納問題」
 今回の「滞納問題」は、相談事でも多く、なかなか解決には根気のいるケースです。
 ・・・本文はコチラ


第7回「賢い大規模修繕工事の進め方」
 住宅の平均寿命を国際比較してみると英国が75年、米国が44年なのに対して日本はわずか26年だそうです(平成8年度建設白書)。
 ・・・本文はコチラ


第8回「居住者の高齢化・賃貸化への留意点」
 首都圏で2007年のマンション供給は6万戸前後に落ち込みました。8年ぶりに8万戸を割り込んだ06年を19%程度下回る計算で、08年の供給は更に5.4万戸程度になる見通しです。その一方で、首都圏では2015年には築30年超マンションが100万戸を超える試算があり、住宅ストックは今後も増え続ける傾向にあります。
 ・・・本文はコチラ

第9回「マンションの駐車場問題」
 今回から3回にわたり、集合住宅の3大トラブルとされる「駐車場」「ペット飼育」「上下階の騒音問題」について、マンショントラブルの現場をお伝えしていきたいと思います。
 ・・・本文はコチラ

第10回「マンションの騒音問題」
マンションの3大トラブル第二回目として今月は「騒音問題」について考えてみましょう。
 ・・・本文はコチラ

第11回「マンションのペット問題」
マンションの3大トラブル最終回として今月は「ペット問題」についてです。
 ・・・本文はコチラ

第1回〜11回のコラムは、熊本日日新聞(2003519日〜2004315)に掲載された「快適マンション考」を加筆修正したモノです。
他のアドバイザー執筆コラムはトップページからご覧ください


CopyRight 株式会社優益FPオフィス Rright Reserverd. 2007