地域別 専門家マッチングサイト My-Adviser.jp


推薦登録制+更新制により、
『専門家』の質を確保
全国の登録アドバイザー(専門家)検索
ご依頼の流れ(企業様向け) ご依頼・お問い合わせ


 家計コラム 教育費

執筆者: 浅川 陽子 氏 南関東エリア登録

浅川 陽子 氏
個人プロフィールページ
2010年 第12回 教育資金計画のポイント
  ――まずは我が家の教育方針を!教育資金計画はライフプランに沿って無理のないものにしましょう!――
 本文はコチラ


2010年 第9回 教育費を「積立」で備える
    ― 低金利の続く日本、預金ではあまり利息は期待できませんが、「積立」は多様化しています。―
 本文はコチラ


2010年 第8回 「低解約返戻金型」保険
   ―「学資保険・子ども保険」以外でも、「低解約返戻金型」の保険を活用して、教育費を準備することができます。―
 本文はコチラ


2010年 第7回 「学資保険」「こども保険」
  ― 教育費の準備方法で知られている「学資保険」「こども保険」ですが、最近はその数も多くて、どう選ぶのか悩むところです。 ―
 本文はコチラ


2010年 第6回 「子ども手当」の支給
 ―とりあえず今年度は13,000円、来年は26,000円になるのか?子育て支援策であるのなら、継続されないと意味がないですね−
 本文はコチラ


2010年 第5回 教育ローン・奨学金の利用
 足りない場合は上手に借りよう。ただし、親だけでなく子どもも教育費を負担する時代、親子でコミュニケーションを図って乗り切ろう。
 本文はコチラ


2010年 第4回 平成22年の受験事情
 桜が咲いて、春到来。景気の悪い中、進学のシーズンとなりましたが、今年の受験事情にも、不況の影響が出ているといわれています。
 本文はコチラ


2010年 第3回 教育費への不況の影響
 リーマンショックを発端とする経済危機の影響で、親の収入が激減、教育費にも大きな影響がでています。
 本文はコチラ


2010年 第2回 「教育費いくらかかる?」@  ――子ども1人あたり1,000〜2,000万円――
 子どもにかかる教育費は公立、私立の選択によって1人あたり
1000〜2000万円かかるといわれています。
 本文はコチラ


2010年 第1回 今時の教育費は?
 教育にお金のかかる日本、今後の収入増は期待薄、こども手当が救いになるか?
 本文はコチラ


他のアドバイザー執筆コラムはトップページからご覧ください



CopyRight 株式会社優益FPオフィス Rright Reserverd. 2007-2010