地域別 専門家マッチングサイト My-Adviser.jp


推薦登録制+更新制により、
『専門家』の質を確保


 投資コラム アメリカ事情

執筆者: 竹内 守 氏 海外登録

竹内 守 氏の
個人プロフィール
2010年 第12回 2011年のアメリカ
 今後のアメリカ不動産・経済はどうなるか?
 本文はコチラ


2010年 第11回 リバースモーゲージ
 シニア向けの州政府のプログラム。
 本文はコチラ


2010年 第10回 米国不動産事情W
    アメリカのレストランビジネスの現状

 本文コチラ

2010年 第9回 アメリカ移民プログラム
    米国移民プログラム:アメリカ投資やビジネス進出で合法ビザや永住権取得の方法
 本文はコチラ

2010年 第8回 米国不動産ローン:米国住宅ローンの審査基準
   皆様の記憶に新しいサブプライム問題から、リーマンショックが起こったのが2008年の秋でした。それからおよそ2年が経とうとしていますが、米国住宅ローン審査基準の変貌振りには、日々現場で接している我々にとっても驚かされるものです。一言で言えば、数年前までが異常で、現在、正常且つやや厳格な審査になっていると言えると思います。当時と、現在を対比させながら、また、日米での比較もふまえ、米国の不動産ローンの審査基準についてご案内したいと思います。
 本文はコチラ

2010年 第7回 米国不動産事情III:今後のアメリカ商業物件の動向
 皆さん、こんにちは。
前回の米国不動産事情II同様、米国不動産市場に関する直近の様々なニュースを振り返ってみましょう。
 本文はコチラ


 2010年 第6回 アメリカの退職プラン:個人・法人向けの節税・退職プラン
  今回は、退職プランについてご説明します。
 本文はコチラ


2010年 第5回 米国不動産事情II
 米国住宅不動産価格はいつ下げ止まるのか?
 本文はコチラ


2010年 第4回 米国の保険商品
 信託によって管理・保全されるアメリカでの生命保険商品や年金商品などをご説明します。
 本文はコチラ


2010年 第3回 アメリカでのエステートプラン
      〜リビングトラスト、資産保全信託、生命保険信託の活用による相続計画〜
 世界中には、相続税を課さない国・地域があることをご存知ですか?
オーストリア、スイス、シンガポール、ニュージーランド、オーストラリアは、相続税がありません。日本では、相続税は高く、被相続人が相続税を支払う法律になっていますが、ここアメリカでの相続税は、資産を分配する側が支払います。とはいっても、日本での相続税回避のために、相続税のない国に移住する人はすくないと思いますので、エステートプラン、即ち相続計画が重要になることでしょう。今回は、一般的にアメリカでは、どのような相続計画をしているのか、ご紹介いたします。
 本文はコチラ


2010年 第2回 米国不動産システム
 アメリカ最新情報と不動産プロセスにおけるエスクローとタイトル会社について
 本文はコチラ


2010年 第1回 米国不動産事情I
 世界経済危機の発端となりました米国不動産の現状は、これから、さらに深刻な状態になり、今後は商業物件の差し押さえも、大きな経済問題を抱えそうです。
 本文はコチラ


【SPOT COLUMN】 アメリカからの現地レポート:知って得する米国ファイナンシャル・不動産情報!
 アメリカ住宅情報だけではなく、商業物件、ビジネス売買、競売不動産情報など様々な角度からアメリカの不動産情報とファイナンシャル情報をお届けいたします。
 本文はコチラ(2009年11月30日)

他のアドバイザー執筆コラムはトップページからご覧ください



CopyRight 株式会社優益FPオフィス Rright Reserverd. 2007-2010