地域別 専門家マッチングサイト My-Adviser.jp


 投資コラム 資産運用に必要ないまどきの経済知識

執筆者: 有田 宏 氏 北海道・東北エリア登録

有田 宏 氏
個人プロフィールページ
2010年 第12回 今年の株価は、上昇?下落?
 外国に比べて低迷する日本株価!でも、ちょっと見る角度を変えれば全く違う結論に!
 本文はコチラ
2010年 第11回 ベンチャー投資で世界を変える
 冬の時代のベンチャー投資。間違えたベンチャー投資はお金をどぶに捨てる?しかし正しいベンチャー投資は、企業を育て、その企業が世界を変えることもあります。
 本文はコチラ
2010年 第10回 預金保険制度のおさらい
    気をつけたい他人名義預金。預金の種類に関わらず預金保険の対象外。さらに追い打ちは概算払いも対象外。名義人が悪意であれば通帳が無くとも預金を勝手に引き出すことも出来る
 本文はコチラ
2010年 第9回 高金利の日本 マイナス金利は不可能か?
   実質金利で見た日本。意外にも先進国の中でも高金利。それが円高を進めている一つの要因かもしれない。デフレ克服のためには前人未到のマイナス金利も視野に入れるべきではないか。
 本文はコチラ
2010年 第8回 個人向け国債の選び方
  新しく3年物が発売された個人向け国債。3年、5年、10年それぞれどのように選べばよいのか?10年物と3年、5年物を表面上の金利で比較をすることは意味がありません 。比較的人気の高い5年物は優れた商品なのか?新窓販国債を含めて比較してみましょう。
 本文はコチラ
2010年 第7回 国際会計基準という黒船
 国際会計基準という黒船がやってくる。“一刻も早く乗り込む。” “しばらく様子を見る。” “いつでも乗り込めるように準備だけはしておく。” “黒船を研究する。”いろいろな対応があります。 しかし“無視して傍観を決め込む”ことは時代に取り残されることになります。時代に取り残されるということは事業の衰退につながります。
 本文はコチラ
 2010年 第6回 “貸し剥がし”にあわないために
 貸し渋り貸し剥がしにあわないための銀行との付き合い方。経営者と銀行の信頼関係は必須。信用できない経営者は貸し剥がしの筆頭候補。
 本文はコチラ
2010年 第5回 最新金融商品の辛口通信簿
 次々と生み出される金融商品。投資家にとり良い商品とは?
新手の金融商品を投資家に目線より評価をしてみました。
 本文はコチラ
2010年 第4回 ギリシャと比べた日本財政
 財務省はオオカミ少年?
オオカミに襲われても、悪いのは嘘をついた少年?事実を見ようとしない村人?
 本文はコチラ
2010年 第3回 日本財政の行く末
 消費拡大のために必要なこと…。今こそ求められる、歳出削減と増税による財政再建。それなくしては消費の拡大は望めない…。
 本文はコチラ
2010年 第2回 破綻会社株式の損益通算
 会社破綻により株式が無価値に!原則としては出来ない損益通算。しかし特定口座であれば救済策も…。
 本文はコチラ
2010年 第1回 2010年波乱の時代
 新興国主導の経済は続くのだろうか。その中で鍵を握るのは?
 本文はコチラ
他のアドバイザー執筆コラムはトップページからご覧ください



CopyRight 株式会社優益FPオフィス Rright Reserverd. 2007-2010