ファイナンシャルプランナーなどの専門家ネットーワーク「マイアドバイザー」

コラム

三次 理加コラム一覧
⇒プロフィール

[「海賊とよばれた男」がもっと楽しめる!原油の話 PartⅡ] 2016年 第6回 日田の家「7,000円」の現在価値は?

映画「海賊とよばれた男」、封切られましたね。皆さんは、もうご覧になりましたか? 私は、早速、観てきましたよ。小説と異なる箇所もありましたが、映画の世界を堪能できました。 ⇒本文はこちら

[「海賊とよばれた男」がもっと楽しめる!原油の話 PartⅡ] 2016年 第5回 日本の石油 ~臭水~

「海賊とよばれた男」は、石油を武器に世界と戦った日本人を描いた歴史経済小説。 皆さんもご存知の通り、日本は、原油のほとんどを輸入に頼っています。しかし、日本でも原油が採れることをご存知ですか? ⇒本文はこちら

[「海賊とよばれた男」がもっと楽しめる!原油の話 PartⅡ] 2016年 第4回 石油備蓄~戦前と今~

「海賊とよばれた男」は、石油を武器に世界と戦った日本人を描いた歴史経済小説。 皆さんは、日本の石油備蓄がどのくらいあるか、ご存知ですか? ⇒本文はこちら

[「海賊とよばれた男」がもっと楽しめる!原油の話 PartⅡ] 2016年 第3回 石油精製施設

「海賊とよばれた男」は、石油を武器に世界と戦った日本人を描いた歴史経済小説。 皆さんは、日本に製油所が何か所あるか、ご存知ですか? ⇒本文はこちら

[「海賊とよばれた男」がもっと楽しめる!原油の話 PartⅡ] 2016年 第2回 石油製品の精製と価格変動要因

「海賊とよばれた男」は、石油を武器に世界と戦った日本人を描いた歴史経済小説。 皆さんは、原油からガソリンや灯油等の石油製品がどのように作られるのか、ご存知ですか? ⇒本文はこちら

[「海賊とよばれた男」がもっと楽しめる!原油の話 PartⅡ] 2016年 第1回 凍らない油

「海賊とよばれた男」は、石油を武器に世界と戦った日本人を描いた歴史経済小説。昨年、この本に関連したコラムを執筆したところ、とてもご好評いただきましたので、調子にのって、続編を執筆することにいたしました。ご笑覧くださいませ。 ⇒本文はこちら

[「海賊とよばれた男」がもっと楽しめる!原油の話] 2015年 第6回 次なる「海賊」

石油を武器に世界と戦った日本人を描いた歴史経済小説「海賊とよばれた男」百田尚樹/著(講談社)の時代、世界のエネルギー源は石炭から石油へ大きくシフトしていきました。では、次世代のエネルギー源は、果たして何になるのでしょうか? ⇒本文はこちら

[「海賊とよばれた男」がもっと楽しめる!原油の話] 2015年 第5回 鈴木商店

石油を武器に世界と戦った日本人を描いた歴史経済小説「海賊とよばれた男」百田尚樹/著(講談社)に登場する「鈴木商店」、皆さんはご存知ですか?今回は、ビジネスマン必見!幻の総合商社「鈴木商店」についてご紹介します。 ⇒本文はこちら

[「海賊とよばれた男」がもっと楽しめる!原油の話] 2015年 第4回 七人の魔女(セブン・シスターズ)

石油を武器に世界と戦った日本人を描いた歴史経済小説「海賊とよばれた男」百田尚樹/著(講談社)で、主人公の前に立ちはだかる巨大な敵「七人の魔女(セブン・シスターズ)」。「七人の魔女(セブン・シスターズ)」とは一体? ⇒本文はこちら

[「海賊とよばれた男」がもっと楽しめる!原油の話] 2015年 第3回 イラン

石油を武器に世界と戦った日本人を描いた歴史経済小説「海賊とよばれた男」百田尚樹/著(講談社)第三章には、「イラン」が登場します。私は、この章を読んだ時、最高にドキドキしました。皆さんは如何でしたか? ⇒本文はこちら

⇒相談・スポットコラム一覧へもどる

オフィシャルパートナー

新着情報

2017.08.21
2017年8月20日分のマイアドバイザーコラムを2本UPしました。
詳しくはコチラ
2017.08.05
日経BP社 日経おとなのOFF 2017年9月号 実家のお悩みまるごと解決!BOOK にて、メンバーの坂本綾子氏が執筆した 佐藤益弘氏 の取材記事が掲載されました。
詳しくは
コチラ
2017.06.20
2017年6月20日分のマイアドバイザーコラムを2本UPしました。
詳しくは
コチラ
厳選されたFPや専門家達のコラム連載中!!一覧を見る

過去のコラム

My Adviserについて

インフォメーション