ファイナンシャルプランナーなどの専門家ネットーワーク「マイアドバイザー」

コラム

年金ミステリー

相談・スポットコラム 投資コラム 家計コラム 趣味・余暇コラム ライフプラン別コラム ケース別コラム エリア別コラム スポットコラム

コラム一覧

  • テーマ
    2014年 第11回 あまりに少ない遺族年金の不思議

    A子さん(59歳)は再婚して5年目を迎え、65歳で定年退職した夫とふたり、これからは旅行にも出かけて楽しく暮らしたいと考えていました。ところが、退職直後に夫が肺がんであるとわかり、そのときにはすでに手遅れでした。半年後に夫は亡くなりました。残されたA子さんはひとりで生きていかねばなりません。その後、遺族年金の手続きをしましたが、あまりにも年金額が少ないのにA子さんは驚きました。

    担当
    菅野 美和子
  • テーマ
    2014年 第10回 離婚分割したのに、もらえない年金

    A子さんは、平成19年、年金分割の制度がスタートするのを待って離婚しました。そして今年60歳になりました。分割した年金を受け取れると思って年金事務所をたずねたところ、現時点では年金は受け取れないというのです。それどころか、このままでは無年金のままになると言われました。離婚で年金を分割したのに、その年金を受け取れないことがあるのでしょうか。

    担当
    菅野 美和子
  • テーマ
    2014年 第9回 給料ダウン! でも、もらえない年金

    長い間働いてきたA子さんは60歳で定年退職し、再就職の道を選びました。給料は大幅にダウンしましたが、年金がカバーしてくれるものと思っていました。年金の手続きをすませた後、振込のお知らせが届きましたが、なんと、支給額は月額数千円です。1桁間違いかと思い問い合わせましたが、正しい額であると言われました。A子さんは納得できません。全額に近い年金が支給されると計算していたのですが・・・

    担当
    菅野 美和子
  • テーマ
    2014年 第8回 退職時期のミステリー

    長くサラリーマン生活を続けてきたAさんは、65歳を機に退職しました。一足先に退職した同僚や先輩から、退職後、老齢厚生年金と雇用保険からの失業給付は両方もらえないと聞いていました。ところが、ハローワークへいくと、老齢厚生年金も雇用保険からの失業給付も、両方もらえるというではありませんか。両方もらって、大丈夫でしょうか。

    担当
    菅野 美和子
  • テーマ
    2014年 第7回 年上妻は不利? 同じ妻でも加算なし

    知人や同僚の間で、お互いの年金額の比較をすることはありませんか。似たような条件なのに、年金額が大きく違うこともあります。「どうして?」と理解に苦しみます。日本の公的年金制度は個人単位ですが、実は夫婦をベースに作られた制度です。そのために年金額に差が生じることもあるのです。

    担当
    菅野 美和子
  • テーマ
    2014年 第6回 未納なし、子どもあり、もらえなかった遺族年金

    国民年金の遺族給付である遺族基礎年金は、26年4月から妻ばかりではなく夫にも支給されるようになりました。配偶者が受け取る遺族基礎年金は「子ども」がポイント。そして保険料の納付状況も大事なポイントです。未納なし、子どもあり、それでも遺族基礎年金をもらえないことってあるのでしょうか。

    担当
    菅野 美和子
  • テーマ
    2014年 第5回 30歳の未婚男性が遺族年金受給中

    遺族年金は、一家の生活を支えている人が亡くなったとき、残された家族に支給される年金です。夫が死亡して妻が受け取るケースが圧倒的に多いですが、その他にも、親が死亡し子どもが受け取るケース、祖父母が死亡し孫が受け取るケースなど、さまざまです。30歳のAさん(男性)はいっしょに暮らしていたお母さんが亡くなり、遺族年金を受け取ることになりました。30歳の未婚男性に支給される遺族年金があるのでしょうか。

    担当
    菅野 美和子
  • テーマ
    2014年 第4回 増やすつもりが、減った年金

    「年金なんて…」と若いうちは気にならなくても、老後が近づくと気になるものです。少しでも有利に年金を受け取りたいと考えます。年金額を増やす方法として本来の支給開始年齢を遅らせて受け取る「繰下げ」があります。繰下げの目的は毎年の年金額を増やすことですが、増やすつもりの繰下げで、損をしたということがあったのです。

    担当
    菅野 美和子
  • テーマ
    2014年 第3回 サラリーマンの妻なのに第3号になれない?

    妻や子でなければ受け取れなかった遺族基礎年金が、4月から夫も対象に加えられます。このように年金制度の男女差は少し改善されましたが、もともと年金制度は女性を優遇する制度と言えます。サラリーマンに扶養される妻は、国民年金保険料を負担することなく、老後の年金を受け取ることができます。しかし、サラリーマンの妻なのに国民年金の保険料を請求されたA子さん。こんなことがあるのでしょうか。

    担当
    菅野 美和子
  • テーマ
    2014年 第2回 記録が見つかって減る年金

    消えた年金記録問題から数年。まだ半数ほどの記録が持ち主に戻らないままです。すでに亡くなった人の記録もあるでしょうから、すべてが解決することはないでしょう。その一方、懸命に自分の記録を探して、やっと確認できたのに、見つけた記録のために年金額が減額されることもあるのです。通常、記録が見つかれば年金額が増えると期待しますが・・・

    担当
    菅野 美和子
厳選されたFPや専門家達のコラム連載中!!一覧を見る

新着情報

2018.12.06
【ご報告】 2018年12月4日、マイアドバイザーは、閲覧総数(ユニークユーザー数)700万人を達成することができました。 SEO対策などweb上の誘導施策を行わず、地道に「顧客利益優先」原則に基づき、実務家FPの活動をしています。 倫理面が重視される世の中で、特に、ここ数年は大変多くの勉強をさせて頂いており、閲覧頂いてみなさん、また、現在関わってくれているみなさんももちろんですが、以前関わって頂いていたみなさんにも感謝で一杯です。 今後も、ご指導ご鞭撻をよろしくお願い致します。 マイアドバイザー運営者 株式会社優益FPオフィス 佐藤益弘
2018.09.10
セミナー情報 【実務家FPによる CFP®試験対策講座(金融)】、【実務家FPによる CFP®試験対策講座(不動産)】 をUPしました。
詳しくはコチラ
2018.09.06
北海道で発生した地震の影響により被害を受けられました皆さまに、謹んでお見舞い申し上げます。

過去のコラム

My Adviserについて

インフォメーション