ファイナンシャルプランナーなどの専門家ネットーワーク「マイアドバイザー」

コラム

任意後見制度の概要と実務

相談・スポットコラム 投資コラム 家計コラム 趣味・余暇コラム ライフプラン別コラム ケース別コラム エリア別コラム スポットコラム

コラム一覧

  • テーマ
    2014年 第6回 任意後見契約の終了

    任意後見契約を締結後、契約をやめたくなった時や、契約内容を変更したくなった時はどうすればいいのでしょう?また、任意後見契約が終了する時はどんな時?
    本稿では、任意後見契約の解除と変更、終了について説明します。

    担当
    三次 理加
  • テーマ
    2014年 第5回 任意後見の開始

    任意後見契約が締結後、実際に任意後見が始まるのはいつでしょう?第2回でご説明したように任意後見は、将来、判断能力が不十分となった時に備えて契約締結するものです。
    もうお分かりですね?任意後見が始まるのは「本人の判断能力が不十分となった時」です。本稿では、任意後見開始まで流れについて説明します。

    担当
    三次 理加
  • テーマ
    2014年 第4回 任意後見契約の実務

    ①誰を任意後見契約の受任者にするか? ②任意後見契約で何をやってもらうのか?(代理権の範囲)が決まったら、いよいよ任意後見契約を締結します。
    本稿では、任意後見契約締結の実務について説明しましょう。

    担当
    三次 理加
  • テーマ
    2014年 第3回 任意後見契約

    「自らの判断能力が低下した時に備えて、任意後見契約を締結しておこう!」そう思い立った時、何から準備すればいいのでしょうか?
    本稿では、任意後見契約締結の実務について説明しましょう。

    担当
    三次 理加
  • テーマ
    2014年 第2回 任意後見制度の概要

    人生の最期を自らが望むように準備する「終活」。葬儀や相続について、生前に準備される方が増えているようです。
    ただし、生きていても、認知症等により判断能力が低下したり、自らの意思を表示できなくなってしまったりする状態になることもあります。そのような場合に備えるのが「任意後見制度」です。

    担当
    三次 理加
  • テーマ
    2014年 第1回 成年後見制度の歴史

    「将来、自分の判断能力が低下した時に備えたい。」
    そのような方に知っていただきたい制度が「任意後見制度」。今回から6回にわけて「任意後見制度」の概要をお伝えいたします。

    担当
    三次 理加
厳選されたFPや専門家達のコラム連載中!!一覧を見る

新着情報

2018.07.15
【FP相談のご紹介】
私たち株式会社優益FPオフィスは保険や投資商品など金融商品の販売を一切行わない 独立系FP会社です。
個別相談を受けて、お金や人生の不安を安心に変えませんか?
まずは、相談例とお客さまの感想をご覧下さい。詳しくはコチラ
2018.07.01
【ご報告】
6月25日、マイアドバイザーは、開設以来の総PV(ページビュー)数が「3,500万PV」に達成しました。
昨今、倫理面が重視される中で、永年、その倫理面を重視した運営を行ってきたい成果と認識しております。
特に、ここ2018年上半期に関しては、大変多くのみなさんに見て頂いておりまして、月平均80万PV超になっております。
これもSEO対策などweb上での誘導施策を行わず、「顧客利益優先」原則に基づき、倫理面について問題ないと認定できる実務家FPが情報提供をさせていただだいている賜物だと感じております。
大変感謝しております。
今後も、ご指導ご鞭撻をよろしくお願い致します。
マイアドバイザー運営者 株式会社優益FPオフィス 佐藤益弘
2018.06.01
【ご報告】 5月30日、マイアドバイザーは、閲覧総数(ユニークユーザー数)600万人を達成することができました。 4月から新体制の下、再スタートさせて頂いていますが、今後もSEO対策などweb上の誘導施策を行わず、地道に「顧客利益優先」原則に基づき、実務家FPの活動をしています。 また、実務家FPとして業務上の倫理違反が無きよう活動して参ります。 今後も、ご指導ご鞭撻をよろしくお願い致します。 マイアドバイザー運営者 株式会社優益FPオフィス 佐藤益弘

過去のコラム

My Adviserについて

インフォメーション