ファイナンシャルプランナーなどの専門家ネットーワーク「マイアドバイザー」

コラム

成年後見人への道

相談・スポットコラム 投資コラム 家計コラム 趣味・余暇コラム ライフプラン別コラム ケース別コラム エリア別コラム スポットコラム

コラム一覧

  • テーマ
    2013年 第12回 尊厳ある生活のための準備

    祖母が横領に遭った事件は、祖母が亡くなった後、およそ半年後に相手方との和解が成立しました。弁護士に支払った費用は、100万円近く!金額的にはもちろんのこと、精神的にも負担がかかりました。親族がこのようなトラブルに巻き込まれないために、また、自分自身の尊厳ある生活を守るために、事前に準備できることがあります。それは「任意後見制度」を利用することです。

    担当
    三次 理加
  • テーマ
    2013年 第5回 後見終了について

    第2回で説明したように、成年後見(保佐・補助)人としての仕事は、財産管理のみならず、介護サービス計画(ケアプラン)の検討や介護契約の締結等の身上監護、家庭裁判所への定期報告と多岐にわたります。これらの仕事に対する報酬は、一体どのくらいなのでしょうか?

    担当
    三次 理加
  • テーマ
    2013年 第4回 後見人等に選任された後、どうするの?

    家庭裁判所で成年後見(保佐・補助)人に選任された後、どのような仕事が待っているのでしょうか?
    本稿では、選任後の事務と留意事項について、おおまかに紹介しましょう。

    担当
    三次 理加
  • テーマ
    2013年 第3回 後見人等になるための手続の流れ

    成年後見(保佐・補助)人になるためには、どんな資格が必要でしょうか?
    弁護士?それとも、司法書士?
    正解は、「資格は必要ありません」です。

    担当
    三次 理加
  • テーマ
    2013年 第2回 成年後見人の権限と義務

    成年後見(保佐・補助)人の職務には、どのようなものがあるのでしょうか?
    何をしなければならないのか、何ができるのか、またはできないのか、本稿では、成年後見人(保佐・補助)人の権限と義務等について紹介します。

    担当
    三次 理加
  • テーマ
    2013年 第1回 成年後見人ってなあに?

    私が初めて「成年後見制度」の存在を知ったのは、今から8年ほど前のこと。当時、老人ホームに入居していた祖母が横領に遭いました。発覚時、祖母は寝たきりの状態。横領された金銭を取り戻すため、家庭裁判所に赴き成年後見の手続きをしたのがきっかけです。

    担当
    三次 理加
  • テーマ
    2013年 第6回 アメリカ農務省の需給報告

    米国農務省(USDA)が毎月10日に発表する「需給予測(世界農作物需給予測:World Agricultural Supply and Demand Estimates)」は、その信頼性の高さから世界中の業界関係者が注目しており、大変重要です。今回は、穀物相場を占ううえでは欠かせない、米国農務省が発表する主要統計を紹介します。

    担当
    三次 理加
  • テーマ
    2013年 第5回 小麦の基本

    小麦は、米、とうもろこしに並ぶ世界三大穀物。日本は、小麦のおよそ9割を輸入に頼っています。
    輸入相手国トップは、米国(54%)、次いでカナダ(24.2%)、オーストラリア(21.6%)。しかし、国内商品取引所に小麦は上場されていません。なぜならば、小麦は国家貿易品目のため、国が一元的に輸入し、国内製粉会社等に販売しているからです。

    担当
    三次 理加
  • テーマ
    2013年 第4回 大豆の基本

    大豆といえば「畑の肉」。私は納豆もお豆腐も大好き。これからの季節、ビールに枝豆も最高ですね。
    日本では食品として馴染みの深い大豆ですが、世界的にみた主要用途は「搾油用」。大豆を搾ると、およそ23%が大豆油、残り77%は大豆ミール(=大豆粕)となります。大豆ミールは、高タンパクの飼料で、トウモロコシや大麦等の飼料穀物に混ぜて使用されます。
    大豆は、正式には菜種やゴマ等と同じ油糧種子の一種ですが、以上の理由から、商品(コモディティ)の世界では「穀物」に分類されます。

    担当
    三次 理加
  • テーマ
    2013年 第3回 とうもろこしの基本

    突然ですが質問です♪
    世界で一番とうもろこしを輸入している国はどこか、ご存知ですか?
    ―答えは、「日本」です。
    我が国は世界一のとうもろこし輸入国(注1)。世界における輸入量の15%を占めています。実は、日本は、1984年以降、世界第1位の農産物純輸入国(注2)なんですよ(注3)。

      注1:資料「米国の高温・乾燥と食料需給・価格の動向 2013年2月28日」    /農林水産省
      注2:農産物純輸入額=輸入額-輸出額
      注3:資料「海外食料需給レポート2011」/農林水産省

    担当
    三次 理加
厳選されたFPや専門家達のコラム連載中!!一覧を見る

新着情報

2018.07.15
【FP相談のご紹介】
私たち株式会社優益FPオフィスは保険や投資商品など金融商品の販売を一切行わない 独立系FP会社です。
個別相談を受けて、お金や人生の不安を安心に変えませんか?
まずは、相談例とお客さまの感想をご覧下さい。詳しくはコチラ
2018.07.01
【ご報告】
6月25日、マイアドバイザーは、開設以来の総PV(ページビュー)数が「3,500万PV」に達成しました。
昨今、倫理面が重視される中で、永年、その倫理面を重視した運営を行ってきたい成果と認識しております。
特に、ここ2018年上半期に関しては、大変多くのみなさんに見て頂いておりまして、月平均80万PV超になっております。
これもSEO対策などweb上での誘導施策を行わず、「顧客利益優先」原則に基づき、倫理面について問題ないと認定できる実務家FPが情報提供をさせていただだいている賜物だと感じております。
大変感謝しております。
今後も、ご指導ご鞭撻をよろしくお願い致します。
マイアドバイザー運営者 株式会社優益FPオフィス 佐藤益弘
2018.06.01
【ご報告】 5月30日、マイアドバイザーは、閲覧総数(ユニークユーザー数)600万人を達成することができました。 4月から新体制の下、再スタートさせて頂いていますが、今後もSEO対策などweb上の誘導施策を行わず、地道に「顧客利益優先」原則に基づき、実務家FPの活動をしています。 また、実務家FPとして業務上の倫理違反が無きよう活動して参ります。 今後も、ご指導ご鞭撻をよろしくお願い致します。 マイアドバイザー運営者 株式会社優益FPオフィス 佐藤益弘

過去のコラム

My Adviserについて

インフォメーション