ファイナンシャルプランナーなどの専門家ネットーワーク「マイアドバイザー」

コラム

エリア別コラム - 地域:関東

2012年 第10回 電信電話記念日
浅川 陽子 

情報通信の最新事情
10月23日は「電信電話記念日」ということで、10月は情報通信関連のデータをとりあげてみましょう。

<進むネット社会>

 

総務省が行っている「通信利用動向調査」によれば、インターネットを利用している人の数は平成23年では、約9,610万人で人口に対する利用率は79.1%、前年比148万人増、利用率は0.9%増となっています。過去5年で見ても利用者数、利用率ともに年々増加傾向にあり、ネット社会が進展していることがわかります。

 

都道府県別にみると、全国平均の79.1%を超えているのは、埼玉、千葉、東京、神奈川の関東と大都市圏の愛知、京都、大阪そして奈良と北海道の9都道府県です。

 

インターネット利用率上位都道府県(平成23年)

 

 

次に、主な情報通信機器の普及状況(世帯)をみてみましょう。パソコンは平成21年をピークに減少傾向にあります。また、携帯電話も平成21年でピークを迎えましたが、平成22年以降はスマートフォンも含めた数値で、平成23年では前年比増になっています。スマートフォン単独の普及率では、平成23年で前年比3倍増と、急速に普及が進んでいることがわかります。スマートフォンの普及は携帯電話だけでなく、PCの保有状況にも影響を与えているともいえそうです。

 

ちなみに個人ベースでみると、自宅PC保有は人口の62.6%、携帯電話は52.1%、スマートフォンは16.2%、タブレット端末は4.2%になっています。

 

情報通信機器の普及状況(世帯保有)

 

 

<かさむ通信費>

 

情報通信機器の普及が高まる一方で、どうしても気になるのは通信費です。

 

月額通信費の推移(全国平均)

 

総務省の家計消費状況調査によれば、通信費の内、固定電話の使用料はほぼ横ばいであるのに対して、携帯電話等の移動電話使用料が年々増加傾向にあることがわかります。理由としては、スマートフォンの使用料が携帯電話よりもかさむことがあげられ、スマートフォンの普及により、今後、さらに通信費の増加が予想されそうです。

 

<スマートフォンが主役へ>

 

PCや携帯電話の普及が飽和状態にあるなか、スマートフォンの普及が日本だけでなく、世界規模で進んでいます。総務省の「平成24年版情報通信白書」によれば、2009年から2011年にかけてのスマートフォンの普及は世界全体で2.7倍、アジアでは4.2倍に拡大したそうでうす。2015年にはスマートフォンの携帯電話に占める割合が、世界で50%を超えると予想されています。この新しい市場開拓は大きな経済波及効果を生みつつあるともいわれており、日本でも直接的な経済効果は3.7兆円、間接的波及効果をいれると7.2兆円、雇用誘発効果は33.8万人といわれています。

 

世代別インターネット端末利用率(平成23年)

 

スマートフォンの利用率は、今のところ、世代によって格差があり、20代では40%を超える高い普及率となっていますが、年齢が上がるにつれ利用率は低水準になっています。実際にスマートフォンに乗り換えた人を対象にした調査では、その理由の1番は、「パソコンと同じ場面でネットの閲覧ができる」、2番に「画面が大きくて見やすい」になっており、パソコンと同等のWEB機能を重視している人が多い結果になっています。

 

また、携帯電話ユーザーとスマートフォンユーザーとで、家庭外での利用サービス内容の比較を行うと、HPページ閲覧やソーシャルメディア利用、電子取引(インターネットショッピング)と、地図情報の利用では、スマートフォンユーザーの方が多いという結果が出ています。

 

今後、スマートフォン向けコンテンツの充実等により、30代以上の世代でも、スマートフォンの普及拡大が十分見込めるといえ、さらに高齢者の利用を見据えたサービスの拡充、使用料の値下げ等が図られれば、情報通信キャリアはスマートフォンへ大きくシフトされることになりそうです。

⇒浅川 陽子のコラム一覧へ

厳選されたFPや専門家達のコラム連載中!!一覧を見る

新着情報

2019.01.15
【講演会のご案内】
登録メンバーの 佐藤益弘氏 が、2月8日(金) に 毎日新聞主催 朝日新聞後援「今考えたい!後悔しない土地活用 賃貸住宅経営のリスクと対策セミナー」にて講演を行います。
2019.01.01
【新年のご挨拶】
2019年・・・あけましておめでとうございます。
今年も宜しくお願い致します。
マイアドバイザーもサイト誕生から14年(現在の体制になり12年目)になりました。
今年は元旦より、運営者である㈱優益FPオフィスの佐藤益弘氏が朝日新聞の誌上にてコメントをの弁させて頂いております。
今年のテーマは「変化」です。出来るだけ早く新たなフィールドに進めるよう精進しますので、ご期待下さい。
今年も変わらぬご愛顧をよろしくお願いいたします。
2018.12.29
【年末のご挨拶】
2018年・・・今年1年、マイアドバイザーをご愛顧いただき、誠にありがとうございました。感謝申し上げます。
今年はマイアドバイザーにとっては、熟考し、正直あまり動く事ができなかった一年でした。
そんな中、総PV(ページビュー)数が「4,000万PV」に達成し、また、閲覧総数(ユニークユーザー数)も700万人に達成することができました。
SEO対策などweb上の誘導施策を行わず、地道に「顧客利益優先」原則に基づき、実務家FPの活動をしてきて、12年。
登録者の入れ替わりが進む中、倫理面が重視される昨今の世の中で、多くのみなさんに支持頂いているようで、感謝の言葉しかありません。
そんなマイアドバイザーですが、来年以降も変わらぬご愛顧をよろしくお願いいたします。 また、来年!
マイアドバイザー運営者 株式会社優益FPオフィス 佐藤益弘

過去のコラム

My Adviserについて

インフォメーション