ファイナンシャルプランナーなどの専門家ネットーワーク「マイアドバイザー」

コラム

エリア別コラム - 地域:九州・沖縄

2012年 第7回 ボーナス~あなたの使い道は?~
瀬尾 由美子 

早いもので今月は7月、2012年も半分過ぎたことになります。沖縄地方は梅雨明け宣言がでていますが、他の地域はまだ梅雨の真っ最中。最近は、豪雨になる傾向がありますが、今年も各地で豪雨などによる被害が出ているようです。被害を受けられた方々に、お見舞い申し上げます。ところで、6月29日は、公務員にボーナスが支給されました。そこで今回は「ボーナス」について各種の資料を基に確認していきましょう。

国家公務員ボーナス支給額

総務省が6月29日に発表した「平成24年6月期の期末・勤勉手当を国家公務員に支給」によると、国家公務員に支給されたボーナスは、管理職を除く一般行政職(平均年齢35.8歳)の平均支給額は、51万3000円となっています。これは、国家公務員給与の一部を東日本大震災の復興財源にあてる目的で、国家公務員の給与を引き下げる特例法が成立しているため、前年同期と比べると、約5万1800円(9.2%)減っているそうです。

 

一方、鹿児島県はどうなっているでしょうか。南日本新聞の「公務員に夏のボーナス 鹿児島県内」によると、一般職員(平均年齢43.8歳)の支給額は69万6335円で、前年と比べると1810円(0.26%)減少となっています。

 

鹿児島県内の地元企業は中小企業が多いので、ボーナスが支給されるのは7月の中旬から下旬が一般的です。また、なかには支給されるのが8月のお盆前という企業もあったり、不景気のためボーナスが出ないという企業もあったりします。したがって、公務員にボーナスが支給されたというニュースを見聞きすると、「公務員はいいよね~」と思わず嘆いてしまうような会話をよく聞くことがあります。

 

 

都道府県別平均給与と平均ボーナス

それでは、九州・沖縄各県にお勤めの方達の平均ボーナスはどうなっているのでしょうか。貯金のコツnet~平均貯蓄額の倍貯める方法~によると、九州地方で一番多いのは福岡県で123万8400円(おそらく年間だと思われます)。次に長崎県の98万5200円、熊本県の93万2400円と続いています。

 

何となく北部九州は高めで、南部九州は低めになっているようですね。福岡県は企業が多いことや第2次産業が盛んであることなどからボーナスや平均給与も高くなっているのでしょう。

 

 

夏のボーナスの使い道 

福岡県に本店のある西日本シティ銀行が、平成24年5月25日に発表している『消費者動向指数No.110「夏のボーナスの使い道調査」』

によると、平成24年夏のボーナスの使い道は以下のようになっています。

 

☆今年の夏のボーナス支給予想、前年夏と比較して「多くなる」は0.5ポイント減少。

☆夏のボーナスの使い道予定、1位は「貯蓄」で57.0%。2位は「旅行・レジャー」で41.2%

☆ボーナスを貯蓄する目的、1位は「将来の教育費のため」で44.9%。2位は「将来の生活費補てんのため」で42.4%。

☆夏のボーナスを貯蓄する場合の考えは、「元本の安全性を重視したい」が53.8%で1位。

☆関心がある金融商品、1位は「預貯金」で前年の冬より1.8ポイント増加し78.4%。

☆夏のボーナス、自由に使える金額は、昨年の夏に比べて夫は変わらず。妻は1千円ダウン。

 

まとめてみると、「支給金額は減りそうで、まずは貯蓄する予定。目的は子どもの教育資金のため、元本の安全性を重視して、預貯金にするつもり。ボーナスからもらう小遣いは、夫は変わらず、妻は1千円減少。」となります。

手堅く地道に」という気持ちが伝わってきそうですね。

 

 

こんな使い道もありかも・・・ 

不景気が続き、給与やボーナスの上昇が望めない時代が続いています。勤務先の倒産や収入ダウンなどに備え、また自分自身の将来の生活を守るために「資格取得のためにお金を使う」というのもありかもしれませんね・・・。

⇒瀬尾 由美子のコラム一覧へ

厳選されたFPや専門家達のコラム連載中!!一覧を見る

新着情報

2018.09.10
セミナー情報 【実務家FPによる CFP®試験対策講座(金融)】、【実務家FPによる CFP®試験対策講座(不動産)】 をUPしました。
詳しくはコチラ
2018.09.06
北海道で発生した地震の影響により被害を受けられました皆さまに、謹んでお見舞い申し上げます。
2018.09.05
台風21号の影響により被害を受けられました皆さまに、謹んでお見舞い申し上げます。

過去のコラム

My Adviserについて

インフォメーション