ファイナンシャルプランナーなどの専門家ネットーワーク「マイアドバイザー」

コラム

相談・スポットコラム - 相談コラム

第38回 不安を抱える老後
佐藤 名ゝ美 

●相談者
Tさん

●家族構成
Tさん(57)パート・夫(58)契約社員

●相談内容
4年前、夫が公務員を退職。住宅ローンの支払いが心配ですが。このままの状態で良いのでしょうか。
また、別居中の息子の国民年金などを立て替えていますが、返済のめどは立っておらず、老後に不安を抱えています。
あと30年生きたとして、どれくらいの資産が必要でしょうか。アドバイスをお願いします。

 

 

●回答

住宅ローンについて、夫が定年退職を迎えているにもかかわらず、返済があと21年間も残っていること、また、ボーナスがほとんど出ないにもかかわらず、ボーナス返済があることが非常に気になります。

ボーナス返済部分を全額繰り上げ返済すると、将来の利息が約300万円減額できますが、そのためには約500万円の一時金が必要です。しかしながら、これ を返済してしまうと預貯金残高が現在の半分以下になってしまいます。今後のライフプランに照らしながら、慎重に検討する必要がありそうですね。

「どれくらいの資金が必要か」ということも、他の要素次第で大幅に変動しますので、一概には言えません。それよりも、今後の収支を“流れ”としてとらえてみる方が、よりわかりやすく安心なのではないでしょうか。

将来の年金受給額の見積もりはお済みですか。まだでしたら、お近くの年金事務所で概算を出してもらいましょう。50歳以上の方については、ご本人の年金加入記録に照らして、受給できる年金の見込み額を教えていただくことができます。

「入ってくる金額」のおおよそがわかったら、「出ていく金額」のコントロールを。ファイナンシャルプランナーに依頼して、『キャッシュフロー表』を作成してみられると、より具体的なイメージが見えてくるでしょう。

「出ていく金額」のうち、息子さんの国民年金と生命保険の立替払には賛成しかねます。息子さんが低所得のため国民年金保険料を払えない状況にあるのならば、『保険料の払込免除』を申請しましょう。

生命保険についても、そこまでして加入しておかなければならないのかどうか、何が何でも必要な保障なのかどうか真剣に考えてみてください。「やめるのは もったいない」とおっしゃる方もいらっしゃいますが、私は、「これから払う保険料の方がもったいない」というケースの方が圧倒的に多いように感じます。

このコラムは、熊本日日新聞(2004年4月~2005年3月)に掲載された「家計CHECK」を加筆修正したモノです。

⇒佐藤 名ゝ美のコラム一覧へ

厳選されたFPや専門家達のコラム連載中!!一覧を見る

新着情報

2019.01.15
【講演会のご案内】
登録メンバーの 佐藤益弘氏 が、2月8日(金) に 毎日新聞主催 朝日新聞後援「今考えたい!後悔しない土地活用 賃貸住宅経営のリスクと対策セミナー」にて講演を行います。
2019.01.01
【新年のご挨拶】
2019年・・・あけましておめでとうございます。
今年も宜しくお願い致します。
マイアドバイザーもサイト誕生から14年(現在の体制になり12年目)になりました。
今年は元旦より、運営者である㈱優益FPオフィスの佐藤益弘氏が朝日新聞の誌上にてコメントをの弁させて頂いております。
今年のテーマは「変化」です。出来るだけ早く新たなフィールドに進めるよう精進しますので、ご期待下さい。
今年も変わらぬご愛顧をよろしくお願いいたします。
2018.12.29
【年末のご挨拶】
2018年・・・今年1年、マイアドバイザーをご愛顧いただき、誠にありがとうございました。感謝申し上げます。
今年はマイアドバイザーにとっては、熟考し、正直あまり動く事ができなかった一年でした。
そんな中、総PV(ページビュー)数が「4,000万PV」に達成し、また、閲覧総数(ユニークユーザー数)も700万人に達成することができました。
SEO対策などweb上の誘導施策を行わず、地道に「顧客利益優先」原則に基づき、実務家FPの活動をしてきて、12年。
登録者の入れ替わりが進む中、倫理面が重視される昨今の世の中で、多くのみなさんに支持頂いているようで、感謝の言葉しかありません。
そんなマイアドバイザーですが、来年以降も変わらぬご愛顧をよろしくお願いいたします。 また、来年!
マイアドバイザー運営者 株式会社優益FPオフィス 佐藤益弘

過去のコラム

My Adviserについて

インフォメーション