ファイナンシャルプランナーなどの専門家ネットーワーク「マイアドバイザー」

コラム

家計コラム - 【復刻版】 宝くじとFP ~宝くじ(当選金)の本当の価値?

宝くじが当たったという女性からご相談(FP相談)を受けました。
佐藤 益弘  ⇒プロフィール

もう10年近く前です。 宝くじが当たったという女性からご相談を受けました。 みなさんは、「その女性にお金が沢山入り、人生バラ色!」「羨ましい」と思われるかもしれません。

もう10年近く前です。

宝くじが当たったという女性からご相談を受けました。

 

みなさんは、「その女性にお金が沢山入り、人生バラ色!」「羨ましい」と思われるかもしれません。

 

ただ、現実はその逆で、今まで親切にしてくれていた友人や縁遠かった親戚からもお金の工面や高額商品の購入を依頼され、私が相談をお受けしたときには、精神的にかなり追い詰められた状況でした。

やっかみなどもあったのだと思います。

とても憔悴していました。

 

最初のお話しで「こんなに辛い思いをするなら、宝くじなんて当たらなければ良かった」と言われたのを憶えています。

 

今回、せっかくの機会ですし、ご本人からの了解も得ているので、このご相談を通じて私自身も感じた、「宝くじの本当の価値」について見ていきたいと思います。

 

ちなみに、このFP相談は、私自身が行っている相談の原点とも言えるモノです。

 

※本コラムは実際の相談案件を相談者の承諾の下、ご本人だと特定できないように、一部、内容を現在の数値などに修正してお伝えしています。

 

 

宝くじに当たって…

 

もう少し具体的にお話ししましょう、

 

今回の相談事例は、1等前後賞合わせて「3億円」のジャンボ宝くじが当たってしまったある地方都市にお住まいの女性(当時30歳)のお話です。

 

共通の知人からの紹介で、私を選んだ理由は、相談者と年齢は近いが、その土地に縁もゆかりもないから…ということでした。

 

さて、ご本人とお会いした第一印象は…宝くじが当たって、とても幸せだとは言えない雰囲気でした。実際に、実年齢よりも老けて見えましたし、その姿に明るい未来を見いだせない状況でした。

 

ホテルの会議室でお話しをお聞きしたのですが、当選後、お伝えしたように状況が一変し、「何をして良いのか?」「誰に相談して良いのか?」分からず、唯一、頼れる共通の知人に思い切って相談し、知人が手に負えないと言うことで、私に連絡をくれたそうです。

 

 

私が切り出した最初の一言で…

 

後日談ですが、この女性は、私の伝えた最初の話に驚き、逆にこの話を聞いて、目の前が明るくなったと言われえていました。

 

私がこのご相談で最初に切り出した一言は・・・

「3億円って・・・そんなに心悩むような大金ですか?」

という質問です。

 

みなさんはどうでしょう?

私のことをデリカシーのないファイナンシャルプランナー(FP)だと思われたかもしれません。

 

ただ、FPという職業は、大きな決断をする際、ライフプランに基づき、時間軸を長短、変化されながら、経済状況を分析し、クライアントと共に物事を考え、サポートしていくお仕事です。

 

今回の3億円の場合、私は以下のように考えました。


 

つまり、この宝くじには1.4万円分/日」の価値しかないのです。

 

3億円だとビビってしまっても、1.4万円ならプチ贅沢をしてしまうと、カンタンに使い切れてしまう金額ではないでしょうか?

 

 

宝くじ(当選金)の本当の価値?とは、何でしょう?

 

この話を聞いた女性は、キョトンとし、その直後に、とても明るい表情に変わったのを、今でもはっきり覚えています。

 

今回のコラムの本題ですが、宝くじ(当選金)の本当の価値?とは、何なのでしょうか? 

 

この女性は、今後、上手にお金を使いさえすれば、この3億円があることで、経済的にはストレスフリーな状態です。つまり、自分自身の好きな人生を送ることができるということです。

 

本来なら嫌なお仕事や人間関係でも働いて稼がなければいけない人生は送らなくてもいい…そういう人生に変化したということなんです。

 

もちろん、お金は天下の回りもの…社会に還元して、本当の意味でのお金持ちになっても良いとは思いますが、この点は個々人の価値観の世界なので、踏み込まないことにします(笑)。

 

 

その後の彼女

 

その後ですが…お会いしたときとは別人のようにとても明るく、前向きな女性に変身してくれました(笑)。

 

この女性もそうですが、それ以後も複数名の(宝くじの)高額等選者の方からFP相談をお受けし、ほぼ同様の対応をさせていただき、みなさん前向きになってくれています。

 

どの当選者の方もそうですが、最初にお話しして感じるのは、みなさん「まじめ」。また、「幸運ではあるけれども、“幸福ではない”」ということです。

事実、宝くじに当たったことで、最終的にとても不幸になってしまった方もいらっしゃるでしょう。

 

では、幸福になった方と不幸になった方の違いは何でしょうか? 

 

先ほどお伝えしたとおり、それは、上手にお金を使う事を知っていたか?いなかったか?の違いでしょう。

 

上手なお金の使い方を知る一番の近道は、ライフプランを作成、実行していくことです。

そのプロが本来の意味の”ファイナンシャルプランナーです。

 

その女性も、まず…

①    今後、自分がどんな生活がしたいのか? →どんなお仕事が向いていて、やりたいのか?

②    そのために何をした方がいいか?

③    いつまでにそれをした方がいいか?

など じっくりと具体的なライフプランを作成し、そのプランに基づき行動をされました。

 

今でも継続的なクライアントとしてサポートさせていただいています。

 

FP資格ホルダーは20万人近くいるので、自分に合ったFPを選ぶのはとても難しいと思いますが、以前、執筆した以下のコラムなどを参考に選ばれてはいかがでしょうか?

 

間違いだらけのFP選び(1) FPの調べ方

間違いだらけのFP選び(2) 怪しいFPの調べ方 

⇒佐藤 益弘のコラム一覧へ

厳選されたFPや専門家達のコラム連載中!!一覧を見る

新着情報

2019.01.15
【講演会のご案内】
登録メンバーの 佐藤益弘氏 が、2月8日(金) に 毎日新聞主催 朝日新聞後援「今考えたい!後悔しない土地活用 賃貸住宅経営のリスクと対策セミナー」にて講演を行います。
2019.01.01
【新年のご挨拶】
2019年・・・あけましておめでとうございます。
今年も宜しくお願い致します。
マイアドバイザーもサイト誕生から14年(現在の体制になり12年目)になりました。
今年は元旦より、運営者である㈱優益FPオフィスの佐藤益弘氏が朝日新聞の誌上にてコメントをの弁させて頂いております。
今年のテーマは「変化」です。出来るだけ早く新たなフィールドに進めるよう精進しますので、ご期待下さい。
今年も変わらぬご愛顧をよろしくお願いいたします。
2018.12.29
【年末のご挨拶】
2018年・・・今年1年、マイアドバイザーをご愛顧いただき、誠にありがとうございました。感謝申し上げます。
今年はマイアドバイザーにとっては、熟考し、正直あまり動く事ができなかった一年でした。
そんな中、総PV(ページビュー)数が「4,000万PV」に達成し、また、閲覧総数(ユニークユーザー数)も700万人に達成することができました。
SEO対策などweb上の誘導施策を行わず、地道に「顧客利益優先」原則に基づき、実務家FPの活動をしてきて、12年。
登録者の入れ替わりが進む中、倫理面が重視される昨今の世の中で、多くのみなさんに支持頂いているようで、感謝の言葉しかありません。
そんなマイアドバイザーですが、来年以降も変わらぬご愛顧をよろしくお願いいたします。 また、来年!
マイアドバイザー運営者 株式会社優益FPオフィス 佐藤益弘

過去のコラム

My Adviserについて

インフォメーション