ファイナンシャルプランナーなどの専門家ネットーワーク「マイアドバイザー」

コラム

 

相談・スポットコラム 投資コラム 家計コラム 趣味・余暇コラム ライフプラン別コラム ケース別コラム エリア別コラム スポットコラム

コラム一覧

  • テーマ
    2017年 第1回 差し迫る老後~老後資金計画のラストスパートは今!

    2017年のコラムは50代に必要なお金の話です。65歳でリタイアするなら最大15年。この時期はその後の人生のおいて大切な時期です。30代までに子供が誕生していれば、50代のどこかで独立。ここは人生最後の貯め時となるのです。1年間12回にわたりテーマを絞り、後悔しないサラリーマン家族が50代で準備すべきお金周りのことを連載していきます。

    担当
    中村 真佐子
  • テーマ
    1月末公開予定!

    担当
    久保 逸郎
  • テーマ
    2016年 第6回  生前事務委任契約の奮闘記~収支を知ろう~

    相続専門のファイナンシャルプランナー・行政書士の竹原庸起子です。今年のコラムでは相続の実際の現場から新シリーズとして、実際に起こった相続関連のできごとをストーリー形式でお伝えします。 今年度第5回目コラムにて、成年後見制度の実務上でしか知りえない運用や裏話として、「移行型の任意後見契約と金融機関の対応」についてお伝えしましたが、今回は、「移行型の任意後見契約」の中身である「生前事務委任契約」の実務の裏側をご紹介しますね。この移行型の任意後見契約を依頼した高齢者をAさん、その依頼を受けた専門家をBさんとしてこの後の話を進めます。

    担当
    竹原 庸起子
  • テーマ
    2016年 第6回 日田の家「7,000円」の現在価値は?

    映画「海賊とよばれた男」、封切られましたね。皆さんは、もうご覧になりましたか? 私は、早速、観てきましたよ。小説と異なる箇所もありましたが、映画の世界を堪能できました。

    担当
    三次 理加
  • テーマ
    2016年 第12回 柳井正とユニクロ(後編)

    こんにちは。山口県のファイナンシャルプランナー、上津原と申します。今回も、世界トップクラスのアパレル製造小売業、ファーストリテイリングの柳井正氏を取り上げ、上場の低迷期から今日までのお話をしたいと思います。世界の名だたるアパレルショップ「ZARA」「H&M」「ユニクロ」に共通しているのは、発祥の地がそれぞれの国の地方都市にあることです。昔、ファーストリテイリングの本社の最寄り駅のトイレが汲み取り式だったことに衝撃を受けました。 どこにいても、世界へ羽ばたけるということでしょうか。

    担当
    上津原 章
  • テーマ
    2016年 第12回 個人型確定拠出年金(iDeCo)は理解して使おう-後編:お金の流れ編

    2017年1月から個人型確定拠出年金(以下、iDeCo:イデコ)は制度改正により、利用対象者が拡げられることで注目されています。第11回ではiDeCoの制度の内容についてお伝えしました。今回は、iDeCo加入から受け取りまでのなかで、自分で判断しなければならない4つのターニングポイントとその注意点を見ていきます。

    担当
    松原 季恵
  • テーマ
    2016年 第6回 老後に備えて知っておきたい 公的な介護制度

    寿命には「健康寿命」と「平均寿命」の2つの寿命があります。 健康寿命は、厚生労働省「健康日本21(第2次)分析評価事業」の平成25年のデータによりますと、男性が71.19歳、女性が74.21歳です。 平均寿命も厚生労働省「平成25年簡易生命表」のデータによりますと男性80.21歳、女性86.61歳です。平均寿命と健康寿命の差が男性9.02年、女性12.40年あり、介護が必要になる可能性がある年数になります。 今回のコラムでは、公的な介護制度の仕組みとサービスの利用方法についてみていきます。

    担当
    恩田 雅之
  • テーマ
    2016年 第6回 財政的不安の少ない都心で暮らす

    もしも住む場所を選べるならどこに住みたいですか?人が住んでいる場所であればそこに何らかしらの良いポイントがあり、住んでいる人にとっては「住めば都」のはずです。しかし、客観的にみれば、住みやすさには利便性や環境等のいろいろな要因があります。今回のコラムでは「都心に暮らす醍醐味」と称して都心暮らしの良いポイントをお伝えしていきます。

    担当
    松浦 建二
  • テーマ
    2016年 第6回 お金の変化!お札による支払いからキャッシュレス社会へ

    このところ、スマートフォンのアプリを使ったモバイル決済などFintech(フィンテック)関連の話題が増えてきました。使っている人は、まだ、それほど多いとは言えませんが、フィンテックの台頭により「お札」離れが進み、日常生活が変わろうとしています。

    担当
    小松 英二
  • テーマ
    2016年 第6回 ”複雑な仕組みの金融商品” 3- オプションは売ってはいけない

    前回はオプションを取り入れた金融商品の概略を説明しました。オプションの買いはリスクを回避するには非常に有効な手段ですが、オプションの売りは逆にリスクを引受けるものです。買いでも単独の投資として大量に抱えるのは危険ですが、それ以上に危険なのは売りです。それではオプションの売りの危険性を事例で具体的に見てみましょう。原証券は特定企業の株式とします。

    担当
    有田 宏
厳選されたFPや専門家達のコラム連載中!!一覧を見る

新着情報

2018.06.01
【ご報告】 5月30日、マイアドバイザーは、閲覧総数(ユニークユーザー数)600万人を達成することができました。 4月から新体制の下、再スタートさせて頂いていますが、今後もSEO対策などweb上の誘導施策を行わず、地道に「顧客利益優先」原則に基づき、実務家FPの活動をしています。 また、実務家FPとして業務上の倫理違反が無きよう活動して参ります。 今後も、ご指導ご鞭撻をよろしくお願い致します。 マイアドバイザー運営者 株式会社優益FPオフィス 佐藤益弘
2018.04.10
セミナー情報 【実務家FPによる CFP®試験対策講座(金融)】 をUPしました。
詳しくはコチラ
2018.01.01
【新年のご挨拶】
2018年・・・あけましておめでとうございます。
今年も宜しくお願い致します。
マイアドバイザーもサイト誕生から13年(現在の体制になり11年目)になりました。
干支を一周りした2018年は、新たなフィールドに進む段階になりそうです。
ご期待下さい。
今年も変わらぬご愛顧をよろしくお願いいたします。

過去のコラム

My Adviserについて

インフォメーション