地域別 専門家マッチングサイト My-Adviser.jp

九州・沖縄エリア

福岡県 佐賀県 長崎県 熊本県 大分県 宮崎県 鹿児島県 沖縄県 
前ページ TOP 次ページ

◆テーマ   〔結婚〕  

  結婚して最初に住んだ家は今?

060620

私の母は80歳になりますが、新婚時代、長崎県島原市に住んでいました。二十歳で結婚し、夫の両親一家と同居、昔はめずらしいことではなかったようです。いろいろあって、母は乳飲み子だった姉を連れてその家を出ることになったのですが、最近まで、当時のことはほとんど口にしませんでした。

その母が、ある日突然、「島原に行こう」と言い出しました。ちょっと驚きましたが、母も年を経ていろいろなことが思い出に変わり、懐かしい場所訪ねてみたいな〜くらいの気持ちだろうと、旅行気分で出かけました。有明海を渡るフェリーに乗り、島原に着いた後、町を散策していたら、「このお宅よ」と指差します。当然、外から眺めるだけだと思っていたら、ためらいもなく「ごめんください」と声をかけるではありませんか。いきなりの出来事に私は凍りつきました。

今さら訪ねて、冷たくあしらわれでもしたら、母が傷ついてしまうのではないかと気が気ではありませんでした。玄関に現れた男性は、母が若いお嫁さんだった時代、良き話し相手になってくれた小さな男の子−もちろん今は60歳にならんとするそのお宅の当主−でした。そして、一目母を見るなり「お姉さん?!」と思い出して下さり、心から歓待して下さったのです。母の度胸にも驚きましたが、その方(母の当時の義弟)の優しさにも本当に驚きと感謝の気持ちで一杯になりました。

私の姉が結婚して初めて住んだ小さなアパート、私鉄沿線に建っているので、今でも車窓から見えるのですが、すっかり古くなりました。小さい頃遊んでいた公園の遊具が「こんなに小さかったっけ?」とびっくりするように、小学生だった私には何もかも新しくて夢のような「新居」、結婚に憧れたものでしたが、冷静に考えるとただの狭い2DKのアパートでした(笑)。姉夫婦も、その後マイホームを購入し、子ども達も独立しました。ささやかな歴史を感じます。

結婚して最初に住んだ家、新しい人生が始まった場所、どなたにとっても大切な思い出でしょう。たとえ、いろいろ苦労があったとしても。


恵子

このページの先頭へ

◆テーマ   〔結婚〕  

  日本で初めて新婚旅行をした人は

060613

九州は、「新婚旅行」と深い縁のある場所です。宮崎は70年代の人気スポットでした。1960年に昭和天皇の五女・島津貴子さん夫妻が新婚旅行で訪れたことがきっかけとなり、その後、川端康成が宮崎市内の大淀河畔に滞在して書いた小説「たまゆら」がNHKの朝ドラになって人気が高まり、海外旅行が当たり前になるまでの間、人気No1の地位は不動でした。「フェニックス・ハネムーン」という甘〜い!曲があるのですが、皆さん、ご存知でしょうか?(ちなみ私は歌えます)

時代は遡り、慶応2年、坂本竜馬は京都の寺田屋に潜伏していたところを襲われました。九死に一生を得た竜馬は、西郷隆盛らのすすめで、妻お龍とともに、薩摩の地に入ります。傷を癒すため、塩浸温泉(鹿児島県姶良郡牧園町)というところにしばらく滞在しました。霧島にも登ったと言われています。そして、これが日本の新婚旅行の始まりだそうです。同地には、「日本の新婚旅行発祥の地」と書かれた竜馬とお龍の銅像が建っています。

いずれも、仕事でない旅をすることが贅沢だった時代、新婚旅行は愛する二人の一大イベントだったことでしょう。(坂本竜馬は、この薩摩旅行の1年半後に京都近江屋で暗殺されて33年の生涯を閉じることとなりますから、文字通り思い出の旅となりました)

今、旅行そのものはそんなに特別なことではなくなりました。それでも、新婚旅行は一生に何度もないことですから、今も昔も特別ですよね。だからこそ、二人が行きたいところなら、場所はどこでも良いのではないでしょうか?また、お金をどれくらいかけるか、それもやっぱり二人で決められるべきことでしょう。もし、お金を使い過ぎてしまったとしても、そこから必死で頑張れば良いじゃありませんか。愛する二人なのですから。


恵子

このページの先頭へ

◆テーマ   〔結婚〕  

  ロッカー達の二次会

060605

博多には、めんたいロックという伝統(?)があるのをご存知でしょうか?1970年代、博多は日本のリバプールと言われるくらい音楽がさかんでした。

めんたいロックと言うと、全国的に有名なチューリップや甲斐バンド、あるいはもう少し若い方はチェッカーズなどを思い浮かべられるかもしれませんね。でも、実は本当のめんたいロックは、ちょっと、いやかなり違います。どちらかというとビートルズではなく、ラモーンズやローリングストーンズ、なんとも言えない独特の「匂い」を持った音楽です。陣内孝則監督の映画「ロッカーズ」には、その時代の「匂い」が描かれていますので、良かったら是非ご覧になって下さいね。

さて、いろいろな式次第がある披露宴も厳粛でジーンときますが、二次会にはまた違った楽しさがありますよね。私の友達、仕事仲間には、ご主人がかつてめんたいロックのバンドマンだったという人が少なくありません。80年代、その方々の結婚式の二次会は、音楽関係の人がたくさんみえていて、さながらライブコンサートのようでした。

事前に打ち合わせをしたわけでもなく、「じゃあ、次はギターは○○で、ドラムは〜」のように司会がメンバーを指名し、即興で音あわせをして、時々、歌詞を変えたり、また日頃は決して歌わないジャンルの歌をロッカー達が歌ったり、次から次にすてきなセッションが開かれていました。
それぞれのバンドには、どうも譲れない美学のようなものがあるらしく、日頃は「あそことうちは考え方が違う」と反目しあっているのに、今日はお祝いですからと、入り混じって演奏をする姿には、とても暖かいものがありました。

あれから、20年が過ぎました。あのステキな二次会は、夢の中の出来事のように感じます。


恵子

このページの先頭へ

◆テーマ   〔結婚〕  

  渡すときは「気持ち」、時がたつと「思い出」

060529

最近は、ご祝儀は当日持参し、受付の方にお渡しするというのが主流のようですね。
以前は(私が年に何回もおよばれしていた80年代)は事前に贈るほうが多かったように思います。マナー的には事前に贈るほうが正式のようですが、時代とともに変わりますからね。あまりこだわりたくはありません。

去年、久しぶりに出席した披露宴でのことです。私は、お祝いはすでにお送りしていたの
で、「本日はおめでとうございます。」とご挨拶したあと、気まず〜い沈黙が…。内心、「ご
挨拶→ご祝儀袋の受け渡し→芳名帳への記入、と機械的に思い込んでいるのはいかがなも
のか!」とすっかりウルサ型のおばさんと化した私でしたが、スマートに何か一言添えれ
ば良かったと反省しています。

OL時代は「お祝いに何が欲しい?新居に足りないものは?」とざっくばらんに尋ね、それ
を仲間でお金を出し合って購入し、予算の残りをご祝儀に、というのが主流でした。今で
も友人の家に行くと、「みんなからもらったコーヒーカップ♪」でお茶を出してくれたりし
ます。これもなかなか良いものですよ。

FPとして顧問先のお客様からご祝儀の金額について尋ねられることもあります。私は絶対
に気持ちで決めるものだと思うのですが、皆さんはいかがでしょうか。
「そうは言っても世間相場が…」という声も聞こえてきそうですが、この世間の常識やマニュアルみたいなものを一度忘れてしまって、ホントに自分の心に問いかけ、最後は気持ちで決めて何の問題も無い!と力説したいのですが、FPとしては失格かな(笑)。

リタイアメントプランを立てるとき、冠婚葬祭費の計上が驚くほどの金額だった方がいら
っしゃいました。下手したら貯蓄の取り崩しで家計の圧迫にもつながりかねないほどです。
でも、お客様はきっぱり。「私達は親を早く亡くして、兄弟姉妹助け合ってここまでやって
きた。お互いの子どもの祝い事にお金をけちったりしたくないのです。」気持ちですよね。


恵子

このページの先頭へ

◆テーマ   〔結婚〕  

  お金の話をして愛を深めよう

060523

三菱東京UFJ銀行の調査によると、結納・婚約から新婚旅行までにかかった費用の総額
は、平均で340万円〜400万円。挙式・披露宴だけでも240万円〜309万円。最近は「ジ
ミ婚」傾向なのかな?なんて感じていましたが、以前に比べて派手な演出等が減っただけ
で、かけるお金が安くなったというわけではなさそうです。

どんな結婚式にするかを決めるとき、「そんなことにお金を使うの?」と相手の金銭感覚に
ビックリ!なんてこともあるかもしれませんね。でも、それが大事。この費用はどちらが
負担するか、足りない場合はどうやって乗り切るか、こういうお金の問題の対処方法で相
手の価値観がわかるはずです。率直に話し合って解決していくことできれば、二人の前途
は益々明るいでしょう。

この原稿を書くにあたって、いろいろなHPを見ました。いつ頃から何を準備すれば良い
かという段取り、会場やお店の一覧などなど、本当に便利ですね。あるサイトには、細か
い見積りツールがあり、かなり正確に予算を立てることもできます。私が思わず笑ってし
まったのは、「お金がなくてもまずは会場をおさえよ!」という先輩のアドバイス。「お金
が貯まってから結婚するなんて言っていては、いつまでもできない。そのうち破局になり
かねない。」と。う〜ん、そうなのか〜。「余ったら貯蓄をしようと思っても無理、まずは
給与天引きで積立預金などを始めることが肝要」とは、FPの定説ですが、それに通じる
のかな…。確かに、二人で話し合って貯蓄計画を立てるのであれば、良いことかもしれま
せんね。

自分も年齢を重ね、いろいろな年代の方の結婚式に出席するようになりました。若いカッ
プルにとっては「二人の一生の思い出づくり」が中心、年齢が上がるにしたがって「お世
話になった人達と一緒に楽しみたい。」というものに変わるような気がします。それぞれに
良さがありますね。ちなみに、今までで一番美味しかったのは、長崎での卓袱料理のウェ
ディングでした♪


恵子

このページの先頭へ

◆テーマ   〔結婚〕  

  福岡のイイ女の歴史

060516

歌手でプロデューサーのつんくさんが結婚というニュース、ご覧になった方も多いことで
しょう。お相手は福岡の方で、ローカル番組のグルメレポーターとしても活躍されていた
キレイな女性です。つんくファンの方々は「なんでわざわざ福岡?!」と不思議に思われ
たかもしれませんね。でも…、実は私は「福岡には独身のイイ女が多い」と前々から密か
に感じていました。

これは、ひょっとして独身男性が少ないからなのかな〜と漠然と思っていたのですが、最
近、それを裏付けるデータを発見しました。

平成12年と17年の福岡県の年代別の人口の増減を比較して、増加していれば他県からの
転入超、減少していれば転出超と考えた場合、1524歳は転入超、25歳〜34歳は転出超と
なっています。これを男女別に見てみると、15歳〜24歳の転入超の男・女の内訳は28
ところが25歳〜34歳の転出超では82。つまり、男性は大学卒業後、もしくは就職後、
転勤や転職により県外に転出している、ということが言えそうなのです。やっぱり〜!

福岡市には、古くからの商人の町「博多」と城下町「福岡」という二つの顔があります(福
岡市が誕生した翌年の1890年に、議会で市名を「博多市」に変更する建議が出され、議長
裁定の1票差で否決されたことは有名)。

博多の商家の奥さんのことを「ごりょんさん」と呼ぶのですが、博多の男達が山笠という
お祭りにのぼせている間、淡々と家庭と商売を守る有能な女性達です。また、福岡藩に目
を転じると、幕末、勤皇の志士を庇護し、高杉晋作の「面白きこともなき世を面白く」と
いう上の句に、「すみなすものは心なりけり」という下の句を続けたことで有名な野村望東
尼がいます。福岡にはこういうイイ女のお手本がいるのですね。

最後に、トリビアをひとつ。福岡の結婚式の二次会で、バンド出身の人がいたら、必ずシ
ーナアンドロケッツの「I LOVE YOU」が歌われま〜す。(へえ〜)
(データ出所:福岡県人口年齢別男女別動態調査、福岡銀行地域経済調査)


恵子

このページの先頭へ

copyright yu-eki-FP-OFFICE all right reserverd. 2006 (国土地理院149号)