地域別 専門家マッチングサイト My-Adviser.jp

信越・北陸エリア

新潟県 長野県 富山県 石川県 福井県 
前ページ TOP 次ページ

◆テーマ   〔ボーナス〕ご当地自慢  

  オーナーになってみませんか?

051122

冬のボーナス有効活用として、ちょっと贅沢なものをご紹介したいと思います。

冬場の特産品として知られているものには「越前がに」が有名ですが、日本海にせり出すように連なる海岸線に咲く花「水仙」も福井県の『冬の風物詩』のひとつです。

福井県越前町「梨子ヶ平」というところでは、日本海を目の前にした棚田「千枚田」に「越前水仙」が一面に栽培されています。ここでは、毎年約100万本の水仙が関西方面に出荷されています。この千枚田を利用して、自分だけの水仙畑を持ちましょう、というオーナー制度が設けられています。年会費は5,000円から10,000円。オーナーになると、5uから10uの棚田が与えられます。一年を通して、夏場の6月と9月の除草作業及び収穫作業に参加でき、収穫は11月から12月。上手くいけば、収穫量はおおよそ100本。作業終了後には海鮮バーベキュー大会や、無農薬の野菜を使った田舎料理、越前がになど海の幸の試食会なども用意されているようです。募集期間は121日から331日までとなっています。

もうひとつおいしい特産品の「梅」のオーナーになることもできます。健康面に配慮しているので、低農薬栽培と言うのも嬉しいですね。こちらは、一本につき7,000円で、募集本数は20本までとなっています。一本の木になった梅のすべてを持ち帰ることができるということです。

また、オーナーにはならなくても水仙だけをほしいという場合には、1,000円から、切花体験と言う制度もあります。梅については「もぎとり体験」も用意されているようです。

こころのゆとりを持つために、ボーナスを有効活用する方法をご紹介しました。わずかの料金で、自然の景色とおいしい料理を味わえるのならばお得かもしれませんね。


宮崎 洋子

このページの先頭へ

◆テーマ   〔ボーナス〕お勧め商品 

  ボーナスの有効活用法は?

051116

今年の暮れのボーナスはどのくらいもらえるかしら?もらった額のうち、いくら位を使って、いくらを貯金して・・・・アレも買いたいしこれもほしいし、と夢は膨らみますね。もらうまでが楽しみのうち、もらってしまうと現実が−なんて方も多いのではないでしょうか?

東証1部上場の企業ですでに労使で妥結した冬のボーナスを集計したところ、平均で707,080円と前年比52%(34,879円)の伸びだそうです。バブル経済崩壊以降、最高の伸び率で、冬のボーナスが70万円台に乗ったのは1998年以来7年ぶりだということです。

さて、景気の回復を物語るボーナス額だとはいっても、現実はなかなか厳しいものがあります。きっちり世代としましては、あらかじめ貯蓄に回す金額はしっかりと確保してから、残ったお金で、ちょっとだけ有効に活用する方法がないかを考えることにしましょう。

この低金利の時代に、年 12%の利回りのものが、お財布代わりに使える「中国ファンド」や「MMF」でしょうか。 1円から、預けることができ、 1ヶ月以上たてば、出し入れ自由という便利さ。また、銀行や郵便局なら金利は低めですが、貯蓄貯金や貯蓄預金を利用するとよいでしょう。外貨預金や外貨建てのMMFもお勧め商品のうちのひとつ。でも、万が一の時のために、あくまでも余裕資金を使うことを忘れないで下さい。

現実は住宅ローンの繰上げ返済や、ボーナス払いで購入したOA機器の支払いにすっかり回しちゃう方も多いことでしょう。もしくは、子どもの教育費に回さなければ、という方もおられるのでは?いずれも賢く運用する方法としては、選択肢のひとつですね。例えば、35年の住宅ローンで、金利 3%、借入金1000万円の場合、 2年目に約 100万円を繰上げ返済すると、利息だけでも、約 150万円のお得です。また、返済期間も元金が減った分 5年あまり短縮できます。さらには、住宅ローンに限らず、車やクレジットのローンのある方は、少しでもまとめて返済して、借入残高を減らすことを目標にして、ボーナスを有効活用してくださいね。


宮崎 洋子

このページの先頭へ

copyright yu-eki-FP-OFFICE all right reserverd. 2006 (国土地理院149号)